2013年08月19日

日仏の拉致監禁問題、ここまで違う警察・司法の対応! 「国境なき人権」が全世界に発信!


1184810_714100228617087_643377268_n.jpg


全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会のHPに
「国境なき人権」が拉致監禁問題に関する
ニュースレターを発行したと紹介されていました。



「国境なき人権」は、ベルギーに本拠地を置き
国連人権理事会にも強い影響力をもつ、欧州の世界的人権NGOです。

このニュースレターは
2011年にフランスで実際に起きた事件と
日本で起きているいくつかの事例とを比較研究した
興味深いものとなっています。
いかに統一教会で過去起こった
拉致監禁事件が、欧米の常識から逸脱しているか
ということが分かる内容かと思います。

一部だけ紹介します。


『あらゆる宗教または信仰の自由』
日本においては、警察権力は統一教会ならびに
エホバの証人の信者の権利を擁護することに対しては、
これらの新宗教運動に対する偏見のゆえに、意図的にこれを怠ってきた。
彼らは両親の懸念に共感し、ときには拉致を手助けすることもあった。
検察は犯人を起訴することを拒否してきたし、
法廷はこうした行為を抑止するような判決を下してこなかった。
よって、違法行為が何十年にもわたって継続されてきたのである。

『結婚の権利』
日本においては、統一教会に所属する成人した子供が
他の統一教会信者と婚約あるいは結婚しようとするときに、
多くの拉致が発生した。
いくつかのケースでは、彼らは婚姻の破棄を強要されたり、
実際に破棄したりした。
後藤徹は統一教会の女性信者と婚約した後で拉致され、
12年間以上監禁された。
こうした結婚の権利に対する侵害は、
いまだに処罰されていない。



最後に興味深い記述がありました。
『欧州人権裁判所は宗教の自由に対する権利は、
個人の宗教的選択に対して親族からいかなる敵意が表明されたとしても、
それに関わらず保護されなければならない、と判決している。』

もちろん、統一教会に対する、拉致監禁・強制改宗は、
日本の問題であり、ヨーロッパの問題ではありません。

しかし、「国境なき人権」は、このニュースレターを
全世界に発信しています。
この日本の問題が解決するまで、
発信しつづけるに違いありません。

世界の常識が日本の非常識にならないよう、
日本も方向転換しなければならないと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

一人の男がこんなにも弱くなり得るものか
そう思ったこともありました。
ある意味では
同じ弱き一人の人間に変わりないのです。
しかし
自分をそんなにも頼りにしている
神様であることを知っていますから
そういう神様の心情を思うと
いても立ってもいられなくなり
神様の願いを果たして
神様を慰めたいという思いに駆られます。


愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

統一原理は間違っているのか?! 反対派の教義批判を解くQ&A!! 〜全国拉致監禁・強制改宗被害者の会HPより


1004502_699827600044350_1538781021_n.jpg


全国拉致監禁・強制改宗被害者の会が
「統一教会Q&A 統一教会教義への疑問に答える」
というHPを立ち上げました。

代表の後藤徹さんが、「はじめての方へ」
ということで、挨拶をしています。


本サイトは、主に統一教会の教理に対する疑問、
批判に対する回答、反論をQ&A方式で掲載しています。
以下、このサイトを作成した背景と目的を記します。

1966年以来今日に至るまで、世界基督教統一神霊協会(以下、統一教会)の信者は、
反対派と共謀した親族らの手によって拉致され、
その信仰を破壊して脱会させる目的で強制的説得を受けてきました。
その数は4300人以上にもなります。
拉致監禁された信者は、マンションの一室等に作られた“監禁部屋”に閉じ込められると、
脱会するまでは一切外出を許されないという身体の自由を奪われた上で、
孤独な信仰の闘いを強いられます。
→全国拉致監禁・強制改宗被害者の会HP 参照

信仰のためには命がけの信念を持つのが宗教者の共通の思いですが、
そのような統一教会信者を脱会させるために“監禁部屋”に必ず登場するのが
自称「脱会カウンセラー」と呼ばれる脱会説得の専門家であり、
その多くは「反対牧師」と呼ばれるキリスト教の牧師です。

ここで、反対牧師が信者の信仰を崩す“切り札”として持ち出すのが
キリスト教の教典である『聖書』です。
反対牧師は、統一教会の教理(特に『原理講 論』)は聖書を間違って
引用、解釈、あるいは改ざんしており、
そのことを信者に理解させれば信仰を崩すこと事ができると考え、
今日まで実践してきました。

そして、残念なことに多くの統一教会の信者は、
教育不足、あるいは監禁下による特殊な環境など、
さまざまな要因があってのことでしょうが、
反対牧師のいいように説得されて脱会へと追い込まれてきました。

もちろん、統一教会信者は、今までこれらの反対牧師による批判を
無視してきたわけではありません。
これら批判に対する反論、回答に関する書籍が多く発行されてきました。
しかし、現在それらが手に入りにくい状況であることを鑑みて、
それらの書籍から監禁現場で特に用いられる頻度の高い批判を中心に抜粋し、
本サイトにQ&A形式でまとめました。
それに加えて教理以外の批判についても反論、回答を試みてみました。

本サイトを熟読して頂ければ、反対牧師の批判は、
統一教会の教理の真理体系をいささかも損なう事のない
“陳腐”かつ他愛もない“詭弁”であることがはっきり分かると思います。
それだけでなく、統一教会の教理の真理性を再確認して頂けると自負しています。

本サイトを読むことをきっかけに、より深く研究することで、
統一教会の信者の皆さんが監禁下での反対牧師の詭弁に惑わされることなく、
統一教会の教 理に対する自信を一層深めて下さり、
あわせて、不当な監禁下での説得により信仰を失ってしまった元信者の皆さんが
再び統一教会の教理を学ぶ機会となれば幸いです。

拉致監禁・強制改宗被害者の会 代表 後藤徹



「統一原理のQ&A」や
「神明忠昭博士がキリスト教牧師による主要批判12項目に答える」
また、「統一原理における聖書観」など
とても興味深い内容が網羅されています。

反対派の牧師の論点と
それに対する反論・説明が掲載されていますので、
拉致監禁対策関係者、青年たちは、
熟読する必要があると思います。

最近、このようなものが現れないかと思っていましたが、
とても興味深い内容に仕上がっています。

さらに、お問い合わせも出来ますし、
また、直接メールもできるそうです。

個人的に率直に申し上げますと、
私のような者以上に専門的に研究している人が
的確に回答してくださると思うので、
期待大です。

是非、皆さんもお読みくださればと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

「皆さんには責任があります」 お母様の愛を感じる訓読会のメッセージ!


735200_540831239300792_715375360_n.jpg


ファミリーフォーラムに
訓読会の様子が紹介されています。

(陽)8月15日 天正宮訓読会
真のお母様のみ言が掲載されています。


『皆さんには責任がありますよ。
分かりますね?
お父様の切実な祈祷を、
もう一度聞いて心の中に去来するものがありましたか? 
あなたの残りの人生に、後代に、
負債を残してはいけません。
皆さんがどのような責任を負っている場合でも
皆さんの代で全部収めて整理して、
み旨を成し遂げたという立場に立つ必要があります。
私がそうでした。
私は1960年には若い年齢でしたが、
私はそうしました。
蕩減復帰摂理歴史は、私が終了させました。

今お父様の聖和一周年まで
何日も残っていません。 
基元節を宣言し、
天一国を出発して6ヶ月目になりますが、
皆さんはどのような覚悟と決意で天の前に誓いましたか?
皆さん自身、
お父様のみ言をたくさん受けました。
祝福家庭がどのように進むべきか、
み言を聞きました。
いま残されたことは、
皆さんが責任をどのように果たすかです。
それによって皆さんの氏族と後の世代が
自由で幸せな世界に
住むことができるようになるかどうかが
決まるということは間違いありません。
これから皆さんの残りの人生における環境は
非常に整っています。 
皆さん自身はさておき、
周囲をどのように環境造成するかによって
国家復帰、世界復帰を
早めることができるでしょう。 
今、み言だけを見て躊躇せずに実践躬行する
新しい時代が開かれました。

今日は6時に、集まりなさいと(言いました)。
もう少し時間を科学的、効率的に
私たちの体のリズムに合わせて、
100%、120%天の前に報いることができる、
そのような方面に前進していくことができる
活力を与えるだろうと思って
1時間遅くしました、6時に集まるようにしました。
よくなりましたか?
(はい) 
感謝ですか?
(はい) 
一部の人は、お父様は5時だとされたのに、
お母様が変えたと言うかもしれませんが、
皆さんはわかりますね? 
皆さんのためです。 
皆で共に行けるようにするためです。
それは父母様の真の愛です。 
わかりますね?』
真のお母様は
「どんなことがあっても
お父様の願い・み旨を完遂したい」
そのような覚悟を持って歩んでおられます。

そのように、お父様に対する
動機、心情はまったく変わりませんが、
縦的なお父様に対して、
横的に展開されるお母様なので、
多少変更される部分があるのかも知れません。

実際、万民が来ることを考えると、
横的展開も時に適っているのかなとも思わされます。

聖和1周年以降、
驚くべき霊的役事が起こる、
そのように語られている方もおられます。

お母様のみ言を噛み締めながら、
相対圏に立つことを願われていると思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする