2013年08月04日

真の父母様が成そうとされたその夢を果たす私たち!! 《真のお母様のみ言》映像追加


timthumb.jpg


ファミリーフォーラムに
日本南北統一担当者晩餐会
において真のお母様が語られたみ言が掲載されています。

真のお母様のみ言 (陽7月27日) 日本南北統一担当者晩餐会にて



同じ映像を上に貼りました。↑
み言を起こします。



これまでたくさん苦労してきたことと思います。
しかし、私たちに与えられた時間は多くありません。
私たちの夢が天の父母様と
真の父母様の夢にならないといけません。
その夢を成して差し上げる私個人、私の家庭、
私の隣人と氏族と民族、国にならないといけないのに、
心は急いでいるのに、
私たちが築かなければならない環境はとても多いのです。
とても広いのです。
とても大きいのです。
真の父母様が成そうとされたその夢。
天の父母様と私たち人類が一家族として理想とされた
真の愛で成して行くその国、その世界。

その夢を実現するために真の父母様は
60年の生涯を摂理の一線で
昼夜を問わず開拓してこられました。
神様の摂理歴史は6千年以上になります。
その摂理歴史は一時のアダム・エバの失敗により
6千年かかりました。
摂理歴史を進めてこられる天の父母様の
寂しく悲痛なご事情は 6千年が過ぎて
再臨メシヤを迎えることができる環境を
天の父母様は築いてこられました。
天の父母様は慰められたことも事実です。
停戦60周年を考えてみれば
本当にどれだけ天は気をもまれながら
この一時を一分一秒も気の休まらない心、
ややもすれば責任を持った人物が
挫折してしまうのではないかという
私たちが想像すらできない悲しみと苦痛の時間を
歩んでこられた天の父母様、真の父母様。

真の父母様の生前にここに座った皆さんは
祝福家庭としてそれも20年以上、30年、
40年になった祝福家庭だと考えるとき、
天から真の父母様から受けた愛と祝福の前に
私たちはあまりにも小さな存在であったし、
あまりにも不足でした。
それを認めますか?
今日2つのビデオを見ながら皆さん何を感じましたか?

私は皆さんたちを日本の民団、朝総連が
本当に平和軍、平和警察としての
この韓半島、大韓民国が神様の祖国、統一された祖国として
高くそびえ立つことができるよう
第一線で皆さんが
100%、120%、200%以上
皆さんの誠意と忠誠と愛が
2020年にこの国が皆さんによって
神様の祖国として世の中の前に、
世界の前に高くそびえ立つことのできる
そのような天の父母様と人類の願いである
神様の祖国として立つことができるよう
最善を尽くしてくれる皆さんになりますか?
そのように約束しますか?
信じます。
誇り高い隊列に同参する皆さんになることを願いながら、
皆さんによってより大きく環境創造が成され、
世界70億人類が真の父母様に侍り
天の父母様に栄光を捧げながら侍る
大韓民国になることができるよう
皆さん最善を尽くしてくれるようお願いします。



知人もその場に参加したそうですが、
「お母様の切実な思いが伝わってきた」
と言っていました。

先日、梁昌植会長の礼拝で、
平和統一聨合9周年記念大会に参加したときの
証しをしておられました。

民団の代表者がメッセージにおいて
「2017年までに南北が統一される」
そのように予言めいた決意をしていた
と言っていました。

南北が一つになるということは、
真のお父様の悲願であるに違いありません。
また、韓民族は二つに別れている痛みをまだ持っています。

かつてドイツが統一したとき以上に
現実的な面を克服するのは相当に大変だと思いますが、
まずは、私たち家庭で言えば夫婦一体化をなし、
氏族や周辺の人の心を真の愛で掴む霊的精神を養う生活
また、統一に向かうための
心と体の訓練をしていくときだと思います。

余談ですが、平和統一聯合主催、南北統一局後援の
「平和統一祈願!自転車国土縦走企画2013」が、
昨日8月3日、北海道の稚内から始まったそうです。
http://kimiji0830.wix.com/peace-bike
上記のコースで縦走するとのことです。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする