2013年08月16日

悪霊が絶対善霊になるためには?! 大母様のメッセージより


59371_10152321149835416_1420622242_n.jpg


以前、知人からいただいた
清平修練会で語られた
金孝南訓母様のみ言を紹介します。


大母様が地獄に行かれ、悪霊たちに、
「地上で生活していたとき、霊界や、地獄があるのを知ってた人は手を上げなさい。」
と聞いたら、知らない人だらけでした。

その時、お父様が来られて、「お前たちは、なんで地獄にきたのか分かっているのか?」
と悪霊達に聞かれました。
(大母様は)皆、「はい!」と答えると思ったのに、
ほとんどの霊人は悪かったとは言わず、誰々のせいでここに来たと、
あいつのせいだと恩讐をはらそうと子孫に乗り移ったりしている、
怨の多い怨みの霊人たちでした。

そのとき、お父様は、地獄の霊に天国に行ける方法を教えてくださいました。
そのために自分の霊人体を見ないといけないと言われました。
そして、最後に「善なる霊人体になれば、天国に行ける。」とお父様は言われました。
霊人たちはようやく、「それだったら、自分の霊人体の悪いところを見せてください。」
と言いました。

お父様は、一人ひとり、霊人たちに、正確に、
霊人体の間違った記録を見せてくれました。
霊人体には、テープレコーダーのように全ての記録が残っています。

愛を中心に生活してきた記録でなくて、悪を中心に生活した記録を見せてくれました。
ここにいる霊人たちは、自分の罪を悔い改めれば本然の世界に帰れます。
そのために、身震いしなければなりません。

そのとき、お父様が、4600億の善霊を地獄に呼ばれました。
「この絶対善霊は、後孫とともに絶対善霊になった」と紹介されました。
地獄の悪霊に、「お前達が、美しいのか、この善霊達が美しいのか?」と聞きました。
その中に、「我がもっと美しい」と自尊心と傲慢の霊がいました。
絶対善霊は美しく光っていて、悪霊たちは真っ黒なのに、そう答えました。
「皆さんは、 絶対善霊にならなければ、天国にいけない。
しかし、皆さんも 絶対善霊になれます」と答えられました。
「そのために、原理の勉強をしなければなりません。
そして自分だけのために生きていてはだめで、
為に生きる生活をしなければなりません」 とおっしゃいました。

それから、お父様と二人で、地獄から出てきたとき、お父様に、お聞きしました。
「一回で地獄の霊を解怨して、絶対善霊にしたらいけませんか?」とお聞きました。
そうすれば簡単に、地獄がなくなるからです。
しかし、「条件が必要だ、霊人達が愛で少しづつ変わる姿を見せるないといけない」
「5%変わることができる方法を作ってみなさい」とおっしゃいました。
しかし、それは本当に難しい方法です。

チョンピョンの役事が20年になりました。
私たちは、原理も霊界も善が何かも分かっています。
堕落性も正確に分かっています。
御父母様に侍っています。
しかし、変わったようでいて、まったく、変わっていませんでした。
何よりも、人格が変わらないといけません。
善人は善霊が共にあり、悪人は悪霊が共にあります。
24時間、善を中心に生活しているのか毎日確認しないといけません。
しかし、私たちは、ただ無条件に生きています。それが、問題です。

訓読会は自分を正しくするため、神と、天地人真のご父母様と一心一体になるためです。
自分が自分の教育と生活化しなければなりません。
朝、訓読内容を中心に生活したら、悪いことができません

ある2世がいろいろ告白したのですが、
最近は、毎日訓読することで信仰が少しづつよくなりました。
自分が変化するのに、役立ちました。
悪いことができません。
訓読すれば、社会、仕事場で自動的に、聖別されます。

霊界に行くとき、天国に行けず、地獄に行ったら先祖が天国にいるのに、
自分は地獄だったらどうしますか?
アダムとエバが堕落していなかったら、
自分で自分の霊人体を見ることができます。
自分の服を脱ぐように見ることができました。
私たちは、自分の霊人体を見れたり、分からないといけません。

お父様が昇華されて、はじめて霊界にいる祝福家庭を呼ばれました。
食口も、死ぬと修練会に参加しなければなりません。
絶対善霊になっていました。

敬礼後、「絶対善霊になる前に、神と父母様と共に生きた、実績は何パーセントか?」
と聞かれました。
ある人は自分の霊人体を見て、大学時代に原理を知り
霊界に行く前まで公的生活をしていたのにもかかわらず、
ほとんど実績がなかったのに驚いていました。
「全てに肯定的だったか、命令されてしたのか、自主的にしたのか、信仰でしたのか?
不平不満でしたのか?」それを聞かれました。
私たちは、もう一度虫メガネを使って原理を勉強し、陰のない生活をしないといけません。
簡単ではありません。
統一教会の食口の霊人たちは、自分の霊人体を見て、
これほど実績がないのに驚いていました。
霊人食口たちは、「そうだと言って、後悔しました。」

私達もいずれ、霊界に行きます。 どこに行くでしょうか?
95%の責任を果たして、天のご父母様と真のご父母様の前に行かなければいけません。
そのためには、一気にはできませんが、一日一日実績を積んでいきます。
人格完成して、天国人になりましょう。
変わらないといけません。
私たちの美しい霊人体を育て、平和な世界を作らなければいけません。
私たちは、笑顔で幸せだと鼻歌を歌って生活しないといけません。
全ての人類も、そうなるように願います。


地上の人生は瞬きをするほど、
ほんの一瞬に過ぎないといわれています。

私たちは永世の人生があると知っていながら、
永遠のために一瞬の生活に価値をおいているでしょうか。

永遠のために今の生活がどれほど貴いかというのです。
毎日、悔い改めながら、
永遠のために今があることを思いつつ、
貴重な生活を送らないといけないと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする