2013年08月21日

(証し)涙が止まらない! お父様はお母様と共におられる!!


13580_709060179121092_1102640851_n.jpg


アメリカ在住の知人が
神明先生の証しを紹介してくださいました。
内容は「お母様とともにおられるお父様」です。
ほんの一部、割愛しています。


今回、韓国で天一国憲法の国際公聴会が開かれ、
私もアメリカ代表の一人として招待され、
それに参加するために訪韓して来ました。
その期間中に、天正宮でお母様と共に会食をする恵みに与りましたが、
その時、お父様が霊的にお母様と共にいらっしゃるのを
はっきり目撃しましたので、ここに報告したいと思います。

現在、教会内では様々な論争が生じています。
食口の間で激しい論争がなされ、教会が混乱し、分裂の兆候さえ見られます。
それ故に私も心を痛めておりましたが、
このような時には人の意見ではなく天の意見を知らねばならないと思い、
ここ一ヶ月は祈ってばかりいました。
今回は、無知なる者が真実に飢え渇き、
天に切に祈り求めるような思いで韓国に行って来ました。

お父様が生前に毎朝の訓読会に使っておられた天正宮の部屋に、
食卓が並べられていました。
国際公聴会参加者である私達一同は、
お母様がそこに入って来られるのをお待ちしていました。
いよいよお母様が訓読士のウォンジュさんと
警護官の男性の方と共に三人で部屋の入り口から入って来られた瞬間、
入り口のすぐそばのテーブルの席にいた私は、
お父様も共に入って来られたことを示すお父様独得の霊的波動の衝撃を受け、
それが余りにも強烈だったので、泣いてしまいました。
お父様独得の咳払いすらも感じました。
恥も外聞もなく大声で号泣するところでしたが、
場所が場所なので、やっとのこと声を殺しながらしばらく咽び泣きました。

食事中に、同じテーブルに座ったウォンジュさんに、
私のこの体験を話しましたら、彼女も急に泣き出し、涙で目が真っ赤になりました。
泣くのを堪え切れなくなって、彼女は席をはずして出てしまいました。

私はお母様の一部始終を観察しました。
食事をされる仕草、報告を聴かれるご様子、
み言を語られる時のお顔などを拝見させて頂きましたが、
正直いって、お父様を霊界に送られたお母様には
一種の弱々しさのようなものを感じました。
決してご自分なりに快活ではあられないようなご様子でした。
しかし、だからこそ、そこにはお母様ご自身の力ではなく、
神様と真のお父様の協助の力が無限に働くようになっているのだと私は直感しました。
その時にお母様は私達にみ言を語って下さいましたが、
お母様の一見して弱々しそうな物腰からは、
お父様からしか来ないような強い確信の波動を逆に感じました。
なので、お母様もお父様と同じような強い確信を持っていらっしゃるのです。

これが今回の訪韓で頂いた最大の収穫でした。
不足なこの身の祈りにも神様は答えて下さったのだと思います。
公聴会では様々な専門的な議論も出ましたが、それ以上に重要なのが、
お父様とお母様は一体となっていらっしゃる、という本質的な点だと思います。
今でもお父様がお母様を通して全てを取り仕切っていらっしゃるのです。
これさえしっかりと分かれば、統一教会を混乱させ
分裂させるような全ての問題は氷解すると思います。
自信を持って進もうではありませんか。



素晴らしい証しですね。
誰もがお母様とともにいるお父様を感じられれば、
何の問題もないのだと思いますが、
こういう方の証しを通して
私たちも恩恵を受けていると感じます。
霊的には見えなかったとしても、
証しに感動するのは、不思議なことです。

あさって行なわれるお父様の1周年記念式典。
間違いなく、お母様とともにおられるお父様だと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

真のお父様のみ言

神様は正に不可能なことをせよと命じられたのです。
それをしなければならないのが
メシヤの役割というのです。
あなた方の中で
メシヤになりたいと思う人がいるでしょうか。
メシヤたる者は神の命令によって
普通の人の目には気違いのように見えることさえも
しなければならないのです。
決して生易しい仕事ではありません。
それをなし得るのは愛の力だけです。
真の愛は時間、空間、そして歴史を超越するからです。
神様は愛を最高のものとして創造されましたから
真の愛は何者にも支配されないのです。


愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする