2013年09月21日

拉致監禁がトラウマに!! 7割がPTSD(心的外傷後ストレス障害)、現在も1割超!! 米心理学会で発表


555397_473863932663516_1851037173_n.jpg


全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会のHPに
権威あるアメリカ心理学会で、日本の拉致監禁に関する調査研究が
発表されたことを紹介しています。
これは、私も含む、拉致監禁を受けた食口たち400人が
調査対象になっています。



一部抜粋し、編集して紹介します。


去る7月31日-8月4日、ハワイ・コンベンションセンターにて開催された
米国心理学会(APA)の第121回年次総会で、
拉致監禁・強制棄教の被害にあった
統一教会信者のPTSD(心的外傷後ストレス障害)発症の実態に関する
調査研究が初めて発表されました。

記事の中で、APAは「心理学の分野では、世界でも最も権威あると言われ」、
「年次総会は、心理学の専門家や学生などが1万1千人以上集う、
この分野では世界最大のイベント」と紹介しています。
さらに、「強制棄教事件が今なお後を絶たない日本の異常な状況を
世界に向けて告発するという意味でも、非常に意義が大きいと言える」
と評価しています。

また、「神戸学院大学の石崎教授は2011年から12年にかけ、
他の臨床心理士などの協力を得ながら、
日本全国の拉致監禁被害者400人を対象に
アンケートによる心理調査を行った」
と一連の調査の経緯を説明。

「調査の結果、PTSDである可能性が高い人の割合は、
被害にあった直後には71.9%に達し、
現在でも12.5%に上ることが分かった」ことを明らかにしています。

石崎教授は発表の中で、
「これらの結果が示唆していることは、
棄教目的の強制的説得は、大きな精神的衝撃をもたらすものであり、
深刻な精神的危害をもたらす結果になる可能性があるということだ。
このような有害な介入はやめなければならない。
そして、強制的説得を経験した特定の対象者のための
新たな心理的ケアの手法が開発される必要がある」
と結論づけています。

記事では最後に、1980年代には強制棄教が撲滅された
米国の一般の心理学者の間では、
「ディプログラミング(強制的説得)」という言葉自体が
「“死語”になっている」ことに言及。
「強制棄教事件が今も後を絶たない日本の状況が
いかに異常であるかを再認識させられるエピソードだと言える」と述べ、
項を括っています。



心理学においては、世界で最も権威があり、
世界最大のイベントで拉致監禁の問題が取り上げられた、
それだけでビッグニュースだと思います。

ちなみに、石崎教授が調査したアンケートについては。
以前記事にも取り上げています。


調査結果にもあるように、
私自身も「PTSDである可能性が高い人の割合は、
被害にあった直後には71.9%に達し」
と言われる、この71.9%に該当していたと思います。

後藤徹さんの裁判は、
9月24日(火)11時半からいよいよ
最終弁論が行われます。

アメリカでは死語になっている
ディプログラミング(強制的説得)。

日本においても拉致監禁・強制改宗という言葉が、
「死語」になるように、
結着をつける踏み台になることを
心から、祈っていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拉致監禁から生還した食口たちの心理調査、衝撃の結果は?! 〜後藤さん裁判を応援しましょう!〜


先日、地区主催の
拉致監禁強制改宗撲滅プロジェクト会議
がありました。

その中で、昨年行われた
「心理調査の結果について」
というものが手渡されました。

全国に私と同じような
拉致監禁を受けて
教会に戻ってきた人は
たくさんいるのですが、
その人たちにアンケート調査をしました。

細かい項目で設問があったように
記憶していますが、
調査結果の内容が
衝撃的なものでしたので、
一部紹介したいと思います。

今回は、心理状態の評価として
@ PTSD(外傷後ストレス障害)的症状の状態
(事件後の最悪の時点と最近の2時点)
A 不安状態
B 抑うつ状態
この3つの問題を調べていますが、
私に対する回答をそのまま掲載します。

@ PTSD的症状
1) 最悪のころ:全般的にかなり強トラウマ反応があり、
 少なくとも一時期は、PTSD的状態
 であったろうと思われます。
2) 調査時点:トラウマ反応は、ほぼない、というように
 回答しておられますが、おそらくうまく自己評価
 できなかったのではないかと思われます。
 もちろん、実際、この間にかなり改善も
 しておられるとは思いますが。

A 不安状態:特に問題ない状態です。

B 抑うつ状態:特に問題ない状態です。

これはプロの心理カウンセラーの方が
実際に診断されて送ってきたものです。

私自身も思っていたことですが、
やはり監禁の縄を解かれて
教会に戻ってきた時に
『強トラウマ反応があり、
一時的にPTSD状態にあった』
ということでした。

夫婦で監禁経験のある知人の食口も
私と同じような回答だったそうです。

私も彼らも今はとても元気ですが、
かつて拉致監禁の被害を受けたとき
同じようにPTSD状態だった、
これは詳しいことは分かりませんが、
多くの方がこのような回答だったのではないか
そう思わされます。

やはり心理学的に見ると
『拉致監禁は精神障害を起こす
原因となる犯罪である』
このように結論づけても
おかしくはないと思います。

そう考えると、
12年5ヶ月もの間
拉致監禁を受けた後藤徹さんは
脱出当時は大変だったにしろ、
今は元気になり、
しかも裁判で闘っているというのは、
本当に考えられない
立場であると思います。

来週、いよいよ証言台に立つ後藤さん。

真のお父様を始め
天使天軍の守りの中で、
うまく導かれることを
心から祈っています。

↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

富士山を間近に見てみると…! 日本食口は内村鑑三より素晴らしい?! 《総会長夫人のみ言》


396641_562961973730914_1337730698_n.jpg


総会長の奥様・李海玉(イ ヘオク)サモニムが
語られたみ言の一部を紹介します。
日本をこよなく愛してくださるご夫妻は
先日、富士登山をされたそうです。
そのあと、サモニムは温泉に入りながら、
内村鑑三に思いを馳せたといいます。


ところで、心深く思い浮かべたのが内村鑑三というかたです。
私はこのかたのことを思いながら、
「なぜお父様は21歳のときに日本に留学されたのか」
そして、
「なぜ留学先として日本を選ばれたのだろうか」
ということをじっくり考えてみました。

そこには様々な理由があったでしょうが、私は、
「ここ日本に、洗礼ヨハネがいたからだ」と感じました。
もちろん、真のお父様が日本に留学に来られた当時、
内村鑑三は既に世を去っていました。
しかし、天の父母様が洗礼ヨハネの生まれるときから奇跡を見せてくださり、
当時の全ての人々の注目を浴びる素晴らしい指導者として
彼を育てられた背後には、
正に来られる主のための基盤を造成させるという目的があったということを、
私たちはよく知っています。

皆様はどのように思うか分かりませんが、
キリスト教神学界における神学者の中で、
優秀な神学者と言えば、普通、ドイツ人であると考えます。
ドイツからは素晴らしい神学者がたくさん出ています。

ところで皆様は、ドイツ以外で、世界的に優秀なキリスト教神学者と
クリスチャンを輩出した国は、どこだと思いますか?
多くの人が意外に思うかも知れませんが、
それが正に、日本なのです。

聖書のみ言を最も深く、真摯に研究し、
熾烈な信仰を持った人々が多い国が、
この日本なのです。
これは、西欧から見た観点です。

ですから、日本の神学者が神学関連の研究書を発表すれば、
世界のキリスト教会の神学者から注目を集めました。
日本の神学は、決して大衆化はされてはいませんが、
それほど秀でていたのです。

その中でも、内村鑑三のような何人かの神学者は、
単純に学問的な次元の神学だけではなく、
霊的にも準備された人物でした。

当時の日本においてキリスト教の基盤がしっかりと構築され、
キリスト教に対する国民の反感が強くなければ、
内村鑑三のような神学者たちが
お父様のみ言と思想に出会った瞬間、
彼らは洗礼ヨハネとしての役割を
十分に果たすようになっていたことでしょう。

しかし、今もそうですが、
当時においても日本内におけるキリスト教に対する反感が強く、
天が準備した優秀な人たちは、
来られるメシヤに対する証しや、
メシヤのための基盤を完全に造ってさしあげることができなかったのです。
それでも、真のお父様がこの国を訪ねてこられたのは、
天が準備した洗礼ヨハネのような人物が、
ここ日本にいたからであると、私は思います。

私は、皆様一人一人が、内村鑑三よりもさらに偉大で、
重要な人物だと思います。
実際に、そうではないでしょうか。
そして、聖書の中のいかなる人物、
例えばルカのような人よりも、
皆様はもっと貴く、偉大なかたがたです。

互いに対するときも、そのような貴い人として対してくださり、
また、食口一人一人を見詰め、対するときも、
どうか天の父母様の心情と目線で
見詰めてくださるようにお願いします。

食口の中には、責任を果たす食口も
果たせない食口もいることでしょう。
また、祝福家庭の二世の中には、
教会に来ない食口もいることでしょう。

さまざまな類型の食口に対する評価は
客観的で冷静にしなければなりませんが、
その評価の目的は裁きではなく、
関心と愛、成長と養育になければなりません。

そして、私たちが食口を見つめる観点は、
いつでも天の父母様の愛の心情が
中心にならなければならないということを忘れてはなりません。


日本のキリスト教神学者が優秀だというのは、初めて聞きました。
李海玉サモニムは、神学校を出ていることもあるでしょうが、
知識もさることながら、
ものごとに対する捉え方が本当に深いと感じます。

日本食口が内村鑑三より偉大で重要だというのは、
もちろんご父母様に侍る立場であるからでしょう。
ご父母様が投入してくださり、
天の父母様が愛してくださる日本だからこそ、
代身である総会長ご夫妻も、同様に貴重に考えてくださるのでしょう。

富士登山に対しても、サモニムは
以下のように言及しておられます。


過去において、はるか遠くから眺めた富士山、
それは単なる憧れの対象に過ぎませんでした。
しかし、直接自分の足で一歩一歩愛情を込めて登ってみた富士山は、
また違った存在として、私に迫ってきました。
それは、私と渾然一体となった富士山でした。
そのため、富士山はさらに美しく、
神秘的な姿で私の目に映り始めたのです。

私が直接、愛情を注ぎながら自らの足で登った富士山は、
その前と後では、私にとって全く違う存在になりました。
ここに赴任する前は、ただ遠くから眺めていた日本でしたが、
この7か月間、足りないながらも宋龍天総会長と一つになって
愛情を投入した今のこの日本は、
私にとって特別な存在になりました。



私自身も富士登山をしたことがありますが、
こんな心情で登ったかなぁ、と反省しきりです。

心の底から日本を
そして日本食口を愛してくださっている
李海玉サモニムであると感じます。

真の父母様が基元節を期して、
宋龍天宋会長ご夫妻を日本に送ってくださったことが、
本当に感謝であると思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする