2013年11月18日

(夢の証し)なかなか感謝できないときに?! お父様に出会える道は、「感謝・希望・喜び」!!  


408425_657959687564475_446376080_n.jpg


私の人生の目的はただ一つです。
それは、いかにしたら
昨日よりも、もっと感謝の念で
今日を生きられるかということです。


真のお母様のみ言




今日は、私自身のお父様の夢の証しをしたいと思います。
つい、昨日見た、ホットな夢です。

お母様の信条は、「感謝」だということですが…。

どんな時にも
感謝すること。
真のお母様は常日頃、
「感謝する生活が大事である」
そのように語られています。

しかし、お母様の路程は、
普通で考えたら、到底
感謝する事ができないような
そのような道でした。

だから、常に感謝すること、
これは本当に簡単ではないと思います。

さて、私個人的にも、先週のある日などは
一日中、とにかく忙しくて、
本当に感謝することが出来ないようなことがありました。

その後もずっと いろいろ感謝できないこと続きでしたが、
昨日、こういう時こそ、
「本当に感謝しないといけないなぁ」
そんなことを思っていた時に読んだ証しです。

「感謝」とはテーマが違うのですが、
この証しを読んで寝たら、お父様の夢を見ましたので、
感謝して掲載したいと思います。

週刊ニュースレターでは、古い先輩方の
お父様との出会いが掲載されていますが、
第17号に載っていた
福井智也子さんの証しです。


私は、まだ小学校に入る前に
人間は誰しも「死」を迎えること、
それは永遠の別れであると知って
母と別れるときが来るのではないか
ということが最大の不安と悩みとなりました。

以来、無常観を感じながら法華経に慣れ親しみ
過ごしてきました。
その中で霊通するおばあさんから
私の前世は尼さんであり、
背後に宗教人がたくさんいると言われたことがありました。

高校生の時には聖書に没頭しましたが、
1966年、大学3年の終わりに原理に出合いました。
幼い頃からの人生の悩みが一遍に解決された嬉しさは
天にも昇る気持ちでした。
死がすべてを分かつのでは
なくそれは永遠の人生の出発であるのですから、
地上生活の意味が明確になったのです。

原理に触れて、当然のように献身するのですが、
その頃の我が家の経済事情は極貧状態でしたので、
学生の私でも自分の学費くらいは働くというのが当然の状況でした。

しかし学業ももはや色褪せ、一途に走りたいのです。
当然家族の驚きと反対は強烈でした。
ちょうど1967年お父様ご来日の時に合わせるかのように
「反対父母の会」が立ち上げられ、
何と私の父がその副会長になりました。

当時、名古屋で歩んでおりましたが急遽本部に呼び出され、
お父様より父親を説得して来なさい、と言われ家に行きました。
しかし、それでも父とは決裂の状態でした。
お父様は私の報告を聞いて下さり
「そうか、これからは闘いなさい」とのお話でした。
それは「いかなる迫害も越えなさい!」
との激励のように聞こえました。

それ以後、お父様は私の存在を心に刻んでくださったのでしょうか。
1970年の祝福の時にもお部屋に伺った時に
「親父は元気か?」と声をかけて下さったり、
1982年、2075双の祝福のお手伝いに渡米した時、
イーストガーデンにスタッフを呼んで下さり、
記念として一人ひとりプログラムにお父様のサインをくださいました。
私の名前は説明してもなかなか書けない人が多いのですが、
お父様は私の顔を見るなり「智也子」と書いてくださったのです。

み言の深いところもわからないのに、ひたすらに神を求め、
父母を慕う幼い娘を愛おしく思ってくださったのではないかと
父の愛情を今も忘れることができません。
また、私の背後の先祖たちも主をお迎えするのに
こぞって私を押し出したのだと思えてなりません。
きっとお父様は霊界の動きも合わせて
ご覧になっていらっしゃるのだとなぜか強く思うのです。



昔、お父様と出会われ、
直接交流した方は、
まさに生き証人であると思います。

この証しを読みながら、
『お父様とは、霊界でしかお会いできないなぁ』
そんな思いを持って、懐かしむ心情で休んだら、
お父様が夢に出てこられたのです。

そして、お父様に出会える道を、
その夢で教えてくださいました。

それは、
『感謝・希望・喜び』
この三つであるということです。

直接、お父様から言われたのか、
神様から教えられたのか、
朝起きたときには、覚えていない状態でしたが、
一度、『お父様の夢を見た!』
と思って、夜中にメモ書きしたので、
この三つは夢で教えられたのです。

お母様の信条でもあるし、
夢も見たことだし
「感謝」と、また「希望」「喜び」
これを肝に銘じて
生活していきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

アメリカでは、二世の牧会者が活躍!今は、一世と二世がともに、天一国に入る時!?


アメリカ、マイケル・バルコム会長の
週刊メッセージです。

バルコム米国会長*週刊ビデオメッセージ 11/15/2013
http://www.familyforum.jp/2013111725592

インタビューなど一部省略しています。



皆さんこんにちは。
週末、テキサスで開かれたセミナーに行ってきました。
80名の熱意とやる気に満ちた若者、青年牧会者、青年指導者が集まって
エキサイト・プログラムという会議を開催しました。

そこでは特に指導力について学びました。
このプログラムはジャガ・ギャビン、デビッド・ハンター、
ケリー・ホフマンなどを中心に企画されました。
若者が指導力をつけるために何が必要かと考えて企画してくれた皆さんに感謝します。

皆さんご承知のように、真のお母様は若者を指導者にすることに
特に関心を持っておられます。 
「青年が指導者になるのはまだ早い。
あと2,3年訓練が必要で、今はまだ早すぎる。」
という声もあります。

しかし、私はそう思いません。
私たちの問題は、青年の指導者を受け入れる準備が
できていないという事です。
実際にインディアナポリスには二世の牧会者もいます。
オハイオ州コロンバスでは初の二世地区教会長が誕生しました。
私は、青年たちは十分に準備できていると思っています。
このセミナーでも参加した80人の内、30代は2人で後はすべて20代でした。

振り返れば、私が入教したのは1976年、19歳の時でした。
皆、20代前半の若者であり自信と希望に満ちていました。
世界を変え、良くすることができると確信していました。

今の若者たちも、われわれと同じように信仰の問題に悩み、
闘っていることは隠せません。
今回、印象に残ったのは、彼らが厚紙にそれぞれ自分の抱えている
一番の問題点を書き出し、その後に3つの解決策をあげるという実習でした。

そこで約半数の若者は
「自分はまだ十分でない、値しない、まだ準備ができていない」
と感じていてそれが一番の課題でした。

そこで私は新天聖経からみ言の内容を彼らに紹介しました。
新天聖経は神様の解放について多くの事を述べています。
第4編には、神様は人間の堕落以来、神様ご自身、喜びを感じられた日が無い。
神様ご自身が天の父母として不十分だと感じてこられたとあります。

また今回のセミナーについて詳しく紹介する機会があるでしょが、
どうか、希望を持って下さい。
彼らの準備はできています。
輝く未来が待っています。

もう1つの今週の大きな出来事は、
真のお母様の特使として金榮輝会長がアメリカに来られた事です。

金会長は現在アメリカにおられます。
ロサンジェルス、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、ワシントンで
お母様の貴重なみ言を語って下さいます。 

第一に天聖経について、真のお父様の教えが
どれほど精誠を尽くして編纂されたかを説明されました。

お母様は韓国の食口に、神の日までに天聖経を
すべて読み終えなさいと指示されました。

私も早く読み終えたいと思っています。
英語版の完成は基元節までかかりますが、
皆さんが家庭で学べるようにその一部分の公開を計画しています。

また金会長は霊界とつながること、
神様と出会う事の重要性についてお話しされました。

―――

最後に、皆さんもフィリピンでの台風被害の様子に胸を痛められた事と思います。
多くの都市が大変な被害を受けました。
われわれも世界平和女性連合と共にフィリピンに救援・支援活動を行っていきます。
義援金を集めてフィリピン赤十字に送る計画です。
ウェブサイトからと、また今週末、教会で義援金を集めます。
皆さんのご協力をお願いします。
皆さんの支援と祈りに感謝します。

若き指導者が先頭に立って、私たちが考えられなかったような
素晴らしい神の国ができるという希望を持って終わりたいと思います。
神様の祝福がありますように。



アメリカの情報をこのような形で
共有できるのは、本当にありがたいです。

韓国では、二世の方が会長になりましたが、
アメリカでも二世が活躍しているといいます。

日本でも、教区長、教会長に二世の方がおられます。
世界摂理を進めていくという観点において、
日本は、特別な使命を持った立場だと思いますが、
今後も二世が中心になるに違いありません。

この前、本部でスタッフをしているある二世に、
「これからは、皆さんの時代ですね〜」
そんな話をしたら、
「とんでもないです。
苦労をした、一世の皆さんと
一緒に手を取って、天一国に入っていくんです!!」
と返されました。
本当にありがたいことです。

手を取り合って、
天一国に入ることができるように、
最前線で頑張らないといけないと思いました。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


2013年11月16日

(証し)「私はあなたの父だよ」夢で愛してくださったお父様! ご命日に伝道された人の証し


1460943_556724567744883_1623186086_n.jpg


皆さんが教育的な面でまた、経験的な面でも不足していても
信仰の子女をたくさん持つことになれば
不足した部分も成長することができます。
運がない人でも熱心に伝道すると幸運な人々に会い、
その運を分かち持つことになるでしょう。




このみ言は
昨日の訓読会で語られた
真のお母様のみ言です。
ファミリーフォーラムに紹介されています。



全国で伝道の渦が巻き起こっています。
日本統一運動ウイークリーニュース「VISION2020 第19号」
に伝道の証が掲載されていました。


9 月3 日、雨が降り熱もあって体調が悪い中、
神様に「熱もあり、声も出ないので1 件目に出会わせて下さい。
神様が会いたい人、救いたい人の所へ連れて行って下さい」
と切実に祈り出発しました。
神様は私のわがままな祈りを聞き入れて下さり、
1 件目にすばらしい方と出会いました。
民団の方で在日3 世、48 歳の既婚男性で、
真のお母様と同じ「韓さん」という方でした。

真のお父様の自叙伝を紹介しましたら、
「文先生のことなら18 歳の時から知っています。
民団の先輩から、すばらしいお方と伺っております。
このお方は、世界平和のために、
また南北統一のために生涯を捧げられたすばらしい方ですよね。
でも、昨年、亡くなられましたね。
残念です」と言われました。
そして「私は、文先生の奥さまと同じ名前なんですよ」
と語られ、自らが在日3 世であることをお話しして下さいました。

そこで、お仕事の件で悩んでおられた「韓さん」のために、
書写をお勧めしました。
その後、書写堂で書写体験、感動された「韓さん」は、
書写カフェで様々なお話を聞かせて下さいました。
また、教育センターの案内をすると、
教育センターでの勉強をしたいということで、受講が決定しました。
「韓さん」は、学びはじめてすぐに、夢を見られたそうです。

ローマ法王のような姿で、夢に真のお父様が現れました。
お父様は韓国語で「〇〇よ!」と韓さんの下の名前を親しく呼ばれ、
「私はお前の本当のお父さんだよ。
心配ないよ。
食口に全部話しなさい」と優しく語られたそうです。

本人は、食口という言葉の意味がわからず、
人の名前かと思われたそうです。
食口という言葉は、韓国語で家族という意味で、
私たちは「神様のもとの一家族」なので、
「教会員は皆、食口(家族)なんです」と説明すると、
仕事で行き詰まっていることをお話しして下さいました。
さらに「韓さん」は、「出会った9 月3 日が、
昨年、文先生が亡くなった日でしょう。
何かとてもご縁を感じます」と言われました。
間違いなく、神様、天地人真の父母様が
準備された方だと感じざるを得ません。

「韓さん」が一日も早く祝福を受けることができるように、
更に精誠を尽くします。
ありがとうございました。


私たちは1周年を天暦で捧げましたが、
陽暦9月3日というのは、
忘れられない日です。
天も覚えられているからこそ、
最も準備された人に、出会わせてくださったのでしょう。

本当に素晴らしい出会いです。
また、出会いの動機も素晴らしいと思います。
体調が悪いにもかかわらず、
伝道活動に出発しようと決意し、
切実な祈りを捧げていかれました。

そこに天の役事、貴い出会いがあったのではないかと思います。

教会長は、
「常に準備し、計画するように」
と言われています。

この人を導くのにどうしたらいいか、
また、時の人に出会ったときに、
何を渡せばいいか、
予め準備をしておく必要があるのだと語られます。

本当に四六時中伝道の意識を持っていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする