2013年11月24日

伝道とは、天が待ちわび、人類が願って来た、真の父母を証すこと! 《真のお母様のみ言》


1460943_556724567744883_1623186086_n.jpg


皆さんが、運が無い人だとしても伝道するようになれば
運のある人と出会うようになっています。


真のお母様



天正宮の訓読会の様子が
YouTubeに紹介されていました。





祝福家庭が生じれば父母がいるという事です。
真の父母。
これがどれだけ天が待ちわびて、
人類が願って来た、真の父母、
真の父母だけがサタン世界に勝つことが出来ます。
そのため皆さんが口癖のように覚えている事がありますね。

真の父母の前には絶対服従です。
その次に絶対信仰・絶対愛で皆さんが兄弟を
隣人を愛さなければなりません。

愛するというのは真の父母様を知らせる事です。

皆さん個人を置いて、少し不足で教育的な面でも、
また経験があったり不足であったとしても、
皆さんが信仰の子女をたくさん作れば、
皆さんの不足なものを補うことが出来ます。
皆さんが、運が無い人だとしても伝道するようになれば
運のある人と出会うようになっています。
そうなれば皆さんもその運を分けて持つようになります。
何の話か分かりますか。
私たちが統一教会祝福家庭になることができたのは
真の父母様の運を皆さんが受けたからです。

しかし責任を果たせなくてどうするのですか。
真の父母であるお父様とお母様が生きている時に
皆さんが子女であれば責任を果たさなくてはなりません。

お父様の聖和以降、私が多くの事をしました。
ところでどのようになっていますか?
あなたが自身の不足さを知って学びなさい。
努力しなさい。
精誠を尽くしなさい。
ですからこの人類歴史上これが
どのように言い表す事のできない私たちは
とてつもない時代に生きているのです。
祝福を受けた時代に生きているのです。
恐れ多くも天の前に立つことのできない罪人たちでした。
誰のおかげで、真の父母様のおかげで
天の前に出て行くことができるようになったのに、
ここで父母様を通じてある仕事を請け持ったなら
忠実でなければなりません。
知らなければ学んででもどのようにしても
その崇高なみ旨の前に失敗する者になってはいけません。
私たちに残る道は成功だけなのです。

私たちは多くの貴いみ言を聞きましたが、
聞いたみ言を片方の耳から流す行動をしています。
地上生活は私たちとしては
貴い責任を果たさなければならない立場です。
真の父母を知らないでいる70億人類がいるために
何の意味も無く生きている世の中の人たちは
この肉身をまとった生活がそのまま過ぎて行くものと思うでしょう。
けれども私たちにおいては永遠な世界において
いかに多くの祝福が
と私の家庭と周辺に存在するようになるという事を
皆さんが実感してくれたらうれしいです。

本当に死生決断をする心情で働かなければならないのに。
一つの生命でも多く救わなければならないというのです。
夜眠る事も忘れてでもそのように努力して
誠意を見せる皆さんにならなければならないし、
その仕事のためにトップガンを私が教育しました。
歴史的な人物にならなければなりません。
永遠に残る統一家だけでなく、
世界の前に誇る事の出来る人物として
みな成長してくれたらありがたいです。
来年には若い人たちをまた教育するのが、
特別教育をするようになるでしょう。
皆さんは良い後輩になる事の出来る人たちを
たくさん育ててくれるようお願いします。




実際には、もっとあるのですが、
伝道を中心としたみ言を主に記載しました。

この訓読会に参加しているのは、
責任者の方が多いと思うので、
もっと責任者向けの厳しいみ言もありましたので、
時間のある方は、映像をごらんになってください。

教育部長さんのブログにもありましたが、
 「富者になりなさい」
お母様は常に伝道に関してのみ言を語られます。

「愛するというのは真の父母様を知らせる事です。」
「皆さんが、運が無い人だとしても伝道するようになれば
運のある人と出会うようになっています。」
常に意識していきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする