2013年12月25日

(夢の証し)切実な母の心情に相対するのは誰か?! +《真のお母様のみ言・後編》


544060_482267545157989_1617175470_n.jpg


今日は、最近のお母様の深刻なみ言と、
教会長が見られた夢の証しを紹介します。



私たちは考えを変えなければなりません。
皆さんが生きて行く人生は短いです。
生きて来た人生より残る人生が短いと言う話です。
この短い生涯にいかにすれば父母様と
一心・一体・一念になることができるでしょうか?
これをいつも考えながら実践する人生を生きる事によって
皆さんだけにとどまらず
皆さんの後孫が福を受けるようになるのです。

これができずに愛する子女、後孫たちに
自分が70%しかできなかったのなら、
清算しなければならない残30%の蕩減を
愛する子女たちに残すことを願う父母はいないでしょう。
何の話か分かりますか?
より前にそうではないですか?
だんだん世界は一つになるしかありません。

その渦中に今東北アジアに陣痛があるではないですか?
これを教育すべき人たちは我々をおいて他にはいません。
お父様が立てて下さった平和大使、お父様が
平和軍と平和警察に関するみ言を下さいましたね?
この整理されず混沌としている世界を整理してあげ、
教育する人たちが平和軍であり、平和警察です。
武器を持って戦うというのではなく、み言をもってです。
分かりますか?

私が15日にこのような内容で話をするでしょう。
皆さんも祈祷精誠をたくさん捧げて下さい。
天のみ言が真の父母様のみ言が地に落ちることなく
実を結ぶことができるよう皆さん祝福家庭たちと
お父様が作られた全ての摂理機関が一つになって
なして差し上げなければなりません。
その道だけが
「今日を生きている皆さんの責任です。」という話をします。




後半部分を紹介しました。
15日に行われた指導者前進大会のお話もされていました。

お母様のみ言はやはり深刻です。

先日、教会長が夢を見られた証しをしてくださいました。


ある日曜日、教会に早くきて礼拝の準備をしていました。
すると、すでに霊界におられる、ある首相が突然、教会に訪ねてきました。
教会長に話しかけました。
「今日は大事なことがあると聞いてきたのですが。。。
一体何があるのでしょうか?」
もちろん、礼拝に参加することが重要なことなので、
そのことを伝えたら、しっかりと備えていたそうです。
しかし、その時、教会にはその首相だけしか来ていなくて、
食口は誰もいなかったそうです。

「真のお母様の深刻な心情の相対圏に立つ人が
どれくらいいるのでしょうか。
私たち食口が、今の時というものを
どれだけ理解して、悟り、行動しているのでしょうか。」
教会長は切実に私たちに訴えておられました。



理解して、本心に響いたことがあるとするなら、
その如くに行動する時であると思います。
今は、中途半端な時ではなく、
すぐに行動することが大事だといいます。
そして、動けば必ず導かれるのです。

霊的アンテナを天に向けることが重要であり、
アンテナが反応したら、
その如くに動くことを心がけたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 

posted by ten1ko2 at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

去る人、留まる人?! 「ここは信仰を守る最前線!」 私自身が愛の溢れる教会に!!


9yss.jpg


私は決心し、「私が生きている限り、
神様は勝利の神様になられる」と信じました。


真のお母様、上信越大会のみ言



昨日は、今年最後の拉致監禁撲滅プロジェクト会議がありました。

今年は、2名の婦人が拉致被害に遭いました。
2名とも正月の帰省のときに起こったということで、
年末年始の帰省に対して、青年だけでなく、
婦人も注意して欲しいと報告がありました。

特に、氏族が急にアベル的になる、
突然、スケジュールが変更になる、
この2点は注意して欲しいということでした。

こちら側を安心させておいて、
実は拉致の計画を立てていた・・・
これは向こう側の常套手段です。

本当は信じたいところなのですが、
向こうはどんな手を使ってくるかわからない、
そのような危険性があるので、用心に越したことはないと思います。

2名のうち、1名は脱会されました。
10数年の信仰を持っていたのですが、
わずか、数日の説得で脱会してしまいました。
本当に残念なことです。。。


一人の命は本当に貴いものです。
昔から考えると対策の効果などもあって、
ものすごく少なくなりましたが、
それでも、まだ拉致監禁の被害は続いています。

國進様が日本の責任をもたれていたとき、
「自分の兄弟が犠牲になっているんだ。
このまま放っておくことは出来ない・・・」
以前、浦安の研修院で集会があったとき、
そのように語られたみ言を忘れることができません。

「食口を大切にする文化」
と言われますが、きっとみんながそう思っておられるのでしょうが、
時に疑問を感じてしまうこともあります。

詳細にはお伝えできませんが、
昨日の報告を通して、
牧会者の方の中でも温度差があることを感じました。
残念なことですが、私たち体験者が
更に切実に訴えていかなければならないでしょう。

國進様や真のご父母様も意識してくださり、
日本の会長・総会長以下が折に触れ
話して下さっていますから、
私たちも同じ心情をもって、
あきらめないで、愛と真理、信仰を立てていきたいと思うのです。

不幸にも拉致監禁が起こってしまうのは、
そして、強制改宗までされてしまうのは、
私たちの信仰と愛の基台が足りなかったのかもしれません。
家族も取り戻そうと必死なのですから。

家族が家族を守るか、
教会が食口を守るか、
本当に真のお母様が語られる
「神霊と真理に溢れた教会」
これを実践できるか否か、
これは一人ひとりに課せられたものなのではないでしょうか。

参加したある方が、
「ここは、信仰を守る最前線だと思う」
そのように話していました。

統一教会に対する日本社会の認識が変わるまで、
私たちの戦いは終わらないと思います。
なぜならば、私たちの戦いは、
基本的人権を守る戦いであるとともに、
信教の自由を守る戦いだからなのです。
今後とも、応援よろしくお願いいたします。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

希望をなすには
何をなさなければならないのでしょうか?
再創造しなければなりません。
再創造するには
何十倍 何百倍
何千倍失敗してもやる!という決意が必要です。
だから一度決めた以上は
続けなければならないのが神様の立場です。
神様はいく度も
そういう立場に追い込まれて
苦労されてきたに違いありません。


ひかりの中へ
Rev.S.ムーンの至言集




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 

posted by ten1ko2 at 14:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

真の父母様の素晴らしさは、何を見たら分かる?! 《真のお母様のみ言》 


564304_509390569098470_1103858579_n.jpg


お父様の最後のみ言。
絶対信仰・絶対愛・絶対服従で一片丹心、実践躬行。
そのような姿を覚えています。




昨日は、天聖経の証しをしましたが、
すでに平和経も編纂されました。
そして第3弾、真の父母経が編纂されています。

先日、真の父母経の編纂委員たちの特別晩餐会がありました。
そこで語られた真のお母様のみ言を紹介します。



今まで皆さんたちの苦労と精誠に
まず私が感謝の心を送ります。
お父様の聖和後に一番初めにこの経典を奉呈して
差し上げなければならないという決心をするようになりました。

皆さんが信仰して真の父母様に侍ったといいますが、
真の父母様が願う期待の前には及ばない
人間的で自己中心的な考え、自分の心配…。

お父様の最後のみ言。
絶対信仰・絶対愛・絶対服従で一片丹心、実践躬行。
そのような姿を覚えています。

ですから私たち堕落した人類の中でそれでも
真の父母様によって祝福家庭として選択された
皆さんたちでしょう?そうでしょう?
皆、祝福家庭でしょう?

願われる期待の前にはとても不足ですが、
皆さんは幸せにもこのみ言を整理するそのような
作業をすることに、みなさんが同参したということは
言い表すことのできない栄光であり、
祝福であることを知っているでしょう?(はい)

ですからこれ以上お父様が心配することなくしっかり終えて
後代を真の父母様が願う基準で教育し続けることができる
これが永久的な一度しかない
最初で最後の教材教本になるでしょう。
そのように覚悟してより一層
最善を尽くしてくださるようお願いします。
ありがとうございます。

そして最善を尽くして
誰かが経典について文句を言う事が出来ないように、
真の父母様の位相を高めて差し上げる最小、最高であり、
歴史的なみ言を編纂することに皆さんが一つとなり、
この業を完成するという立場で
皆さんが一緒に感謝の思いでよく締めくくってください。




真のお母様 特別晩餐でのみ言 2013年 天暦10月28日・30日


涙を溜めながらのお母様の姿でした。
お父様の願いと思いに応えていきたい、
そのような一念を持って、真の父母経を出版しようとする
真のお母様の熱い心情が伝わってきます。

真のお母様は、
「私たち堕落した人類の中でそれでも真の父母様によって
祝福家庭として選択された皆さんたちでしょう?」
そう語られました。

イエス様の素晴らしさは、
真のお父様を見ればわかるといいます。

そして、真のお父様の素晴らしさは、
真のお母様を見ればわかるのではないでしょうか。

そう思うと、
真の父母様の素晴らしさは、
私たち祝福家庭を見ればわかる、
そのようになっていかないといけないのだと感じます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 

posted by ten1ko2 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする