2014年03月08日

大学では教えてくれない、幸せになる方法?! 〜宗教迫害している場合ではない!〜 (証し)祝福結婚で、この人と出逢いました! 


img_a0ba053203a9993471ae7a0518b84972154005.jpg


統一教会HPに先日の祝福式に参加した
青年男女の感想がアップされていました。

祝福式(合同結婚式)に参加したばかりの青年男女の感想
(パートナーが日本人)
(パートナーが韓国人)
(パートナーが外国人)


いずれの青年も、祝福式に参加できたことを感謝していて、
また出会った相手の方にも縁を感じています。

祝福を受けて、家庭を出発するまでが
お互いの成長をする意味でも重要だと思います。

是非、幸せになっていただきたいです。



本部からも青年伝道が願われていると聞きました。
私自身は、青年で導かれ、青年支部の教会に長くいましたが、
今は一般教会のスタッフであり、青年に直接携わっているわけではありません。

それでも、路傍伝道を通して、
多くの青年に出会っていますので、
感じることを少し書きたいと思います。

青年たちは、みんなネット世代です。
「統一教会」と聞いて、ほとんどの人が知りません。
しかし、ネットを検索すると、悪い情報が垂れ流しです。
それで約束を取っても、急に連絡が取れなくなることがほとんどです。

極めつけが大学生です。
私たちが活動している駅近くに短大があり、
多くの女子大生が通りますが、
ほとんど声をかけても止まりません。
大学で「宗教の勧誘に注意!」と触れ込まれているのです。

以前、千葉大のことも取り上げましたが、
「千葉大学は宗教を隠した勧誘を認めない」
と校門の目の前に堂々とボードが置かれているし、
掲示板には、同じような啓示物がたくさん張り出されています。
統一教会の信仰を持つことがわかると
徹底的に信仰をやめさせるように指導されます。

信教の自由が認められているのに
宗教迫害が行なわれていることに到底納得がいきません。



しかし、私が思うのは、
宗教にはとても敏感な大学なのにも関わらず、
男女問題に対してはどうでしょうか。

「援助交際禁止!」と掲示されている大学は
果たして日本にいくつあるでしょうか?
おそらく皆無なのではないかと思います。

エイズに感染しないためにコンドームを使えばいい、
そういう問題ではなくて、純潔を守ることが重要である、
そのことを教える学校がどこにあるのでしょうか。

愛が貴いがゆえに、性も貴いのですが、
そういう教育がなされていません。
結局は、政治家や学者、また教育関係の当事者が
見て見ぬふりをしているのは、
ご本人たちが純潔ではなかったからなのではないでしょうか。

青少年の時期において、一番教育をしないといけないのが
純潔教育なのですが、それを一切できない状況になっています。

だからこそ、私たちが社会の意識を変え、
青年の意識を変える意味でも
統一教会の本来の姿、本当の姿を訴えるべきなのです。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

真のお父様のみ言

家庭生活において最も大変なのが
息子・娘をきちんと育てることです。
親は愛で子供を生み育てますが、
子供は父母の思い通りには生きてくれません。
加えて、現代の物質文明は青少年の純粋な心を破壊しています。
美しく育つべき青少年が麻薬に溺れ、
幻覚を見ながら生きています。
幻覚は生気を失わせ、生気を失った子供たちは、
結局、犯罪と堕落の沼地にはまってしまいます。

思春期になると、心と体の細胞はすべての門を開こうとし、
愛を喜んで迎え入れたくなります。
愛には幸福感が伴いますが、
だからといって、「しめた!」とばかりに
無条件にその門に駆け込むと、
大変なことになってしまいます。
まだ門を開いてはならないのです。
門を開くには時を待たなければなりません。
時が来て初めて愛の門を開くことができます。
時を知り、愛と性を正しく用いることを知るべきです。
父母は、思春期の子供たちにこのようなことを
正確におしえなければなりません。
愛は神に似ていく過程であって、
世の中で蔓延しているような自分勝手に楽しむものではありません。。


【平和を愛する世界人として】
より抜粋
 


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする