2014年04月30日

情けは人のためならず、父の精神は「与えて忘れなさい」?! 《浅川先生の講話》


securedownloadhitach.jpg


為に生きる



先日、真のお父様の自叙伝書写奉納伝授式を行いました。
そのときのみ言が
「お互いを認め合い助け合って生きる」です。

浅川先生の映像を通しての講話でしたが、
少し紹介します。


真のお父様は自叙伝の中に
見ず知らずの病人に対して、
助けてあげ、病院に連れて行き、
治療費を払ってあげた、というエピソードがあります。

宇宙の原理原則は、愛を持って捧げたら
必ず報いが来るというものです。

お父様は、病人のために
自分のありったけのお金をはたいたのでした。
そのため、自分の授業料を払うことができません。

すると学生の仲間たちが相談して、
授業料のためにお金を集めてくれました。
その仲間たちは、困ったときにお父様に助けてもらったことがあり、
お父様のために何かをしてあげたいと
いつも思っていた人たちでした。


ある実話ですが、
事業に成功した一人の男性がいました。
何もかも順調でしたが、
一日で全てを失いました。
信頼していた経理が
会社のお金を全て横領していたのでした。

その男性はものすごく落ち込みました。
経理は逮捕されるのですが、
警察のいる前で首を絞めようとするほどに
気持ちがすさんでしまいました。

「こいつのせいで俺の人生は滅茶苦茶になった・・・」
酒を浴びるほどに飲みました。
「このままでは生きていけない」
死のうとして、線路に寝そべって電車に轢かれようとしましたが、
間一髪のところで我に返り、助かりました。

突然、後ろから肩を叩かれました。
見ると高校の同級生でした。
彼は言いました。
「自殺しようとするなんて卑怯だ。
奥さんと子供に申し訳ないと思わないのか。
やり直す気持ちがあるなら、俺の会社に来ないか」

その同級生の暖かい心に本当に感謝しました。
「申し訳ない、もう二度と酒を飲まない」
男性は一生懸命働きました。
そして、自立することができるようになり、
妻と子供たちと普通の生活に戻ることができました。

男性は、「何で俺のためにここまでしてくれたのだろう」
率直に、助けてくれた同級生に聞いてみました。
すると、昔、成人式の時、
同級生が貧乏の絶頂でボロボロの服を着ている姿を見て、
背広を着せてくれた恩義のことを話してくれました。
「あの恩を忘れた時がなかった。
だから、いつか恩を返したいと思っていたんだ」



「与えて忘れなさい」
そのようなお父様の精神を思い出させるような講話でした。

伝道の精神がまさにこれだと思います。
足りないながらも爆発的伝道を目指して
これからも頑張っていきたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2014年04月29日

沈没船、高校犠牲者339人の聖和式?! 事故の真の原因は、そして犠牲に報いるためには…!


securedownloadsakura.jpg


ファミリーフォーラムに
韓国旅客船沈没事故で犠牲になられた
金ヨンウンさんの聖和式の様子が紹介されていました。



セウォル号が沈没して12日目となる27日(日)。
沈没惨事で犠牲になった祝福家庭ニ世キム・ヨンウンさん
(17歳、ダンウォン高校2年)の聖和式が執り行われました。
一緒に犠牲になったダンウォン高校の339人全員の聖和式でした。

チョ・キュジョ教区長は
「このようにヨンウンさんをはじめ、一緒に犠牲になった
ダンウォン高校生の合同の聖和式とします。
再臨復活して、青少年が創造本然の道を行くよう導いて下さい」
と代表祈祷をしました。

イ・ギソン副会長は、ユ・ギョンソク会長の心境を伝えて
「去る16日沈没以来、全国民が一つの心、1つの思いで祈りました。
しかし、ただ一人の生還者も見つけられませんでした。
皆が、そして私もまたヨンウンさんを送る私たち皆、
申し訳ない心を持たなければなりません。
そして死の力に勝たなければなりません。
集団的トラウマに勝たなければなりません。
聖和の恩賜によって悲しみから抜け出さなければなりません。
また、天一国国民に生まれ変わらなければなりません」
としながら、天から与えられたこの期間を経て、
天国生活をしなければならない実践課題を提示して
「神聖に輝く霊となって天上天国に入城することでしょう」
と語り、涙のうちに聖和式が進行しました。

チョ・ヨンジュさんは
「こんなに早く別れると思わなかった。
永遠に忘れない。
愛しています!
真の父母様、共にいて下さい!」
と涙を流しながら送る言葉を読みました。

パク・ポヒ総裁は
「キム・ヨンウンさんの思いに沿って今実践する必要があります。
真の父母様がすべてのことをなさることができるように
私たちに代わって祭物として行かれました」
「キム・ヨンウンさん。
真の父母様の傍で永生を享受してください!
地上でも真の父母様、天でも真の父母様が一緒におられます。」
と語られました。

式はチン・ジャンチン安山教会長の司会で進められ、
安山聖歌隊の歌は、この日参加した約350人の心に感動を与えました。
ヨンウンさんの無事を願って3時間単位で進行された祈祷会をはじめ、
二日間で、約2000人の祝福家庭が精誠を尽くしたことがわかっています。

去る16日セウォル号沈没でダンウォン高では
済州島(チェジュド)へ修学旅行にいった2年生と教師、
339人の内、4月27日現在160人(教師4人)が犠牲になり
104人(教師10人)が行方不明のままです。



金ヨンウンさんだけでなく、
ともに犠牲になった同級生全員の聖和式だということです。

韓国教会所属の日韓家庭の食口が話されていました。

「私の長女は高校2年生です。
実は、事故の1週間前、全く同じ航路で
修学旅行に行ったのです。
ソウル近郊の高校修学旅行の行き先が
済州島であるところが多く、
仁川と済州島の航路は
今回、事故を起こした船会社が
独占しているような状況です。
そういう意味では人ごとだと
決して思うことが出来ません。
外的な問題は当然あれども
私たち一人ひとりが
本当に悔い改めないといけないと思います」

韓国と日本が一つになることが
天の願いであることを
一番知っているのは、真の父母様を愛する
祝福家庭である私たちであります。

そうなっていない状況に対して、
私たちが悔い改める心を持ち、
一人でも多くの人にみ言を伝え、
韓国と日本の使命を知って頂く
必要があると切実に感じます。

先日紹介した「千の風になって」
韓国バージョンが頭の中を駆け巡っています。。。



천 개의 바람이 되어 song by.임형주
(千の風になって/イム・ヒョンジュ)


securedownload.jpg



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

世界の聖地の半数が米国に?! お父様の愛されたアメリカを愛する、聖地巡礼復興ツアー!!


1653691_597746046978604_373985531_n.jpg


心情は生命の源泉である。
そのまま霊界に直結される。





ファミリーフォーラムに
アメリカ・バルコム会長の
ビデオレターが紹介されていました。
以下は、その中にあったツアーの紹介映像のメッセージです。


1965年2月12日、
真のお父様が初めてアメリカの地に来られました。

韓国から送られた宣教師によって伝道された
アメリカ初期のメンバーにとって、
初めてお父様に接する特別な時でした。
真のお父様は韓国での基台を
アメリカに連結させるために来られました。

そして、その目的を果たすために
アメリカ48州に聖地を設定する条件を立てられました。
お父様の一行は車でアメリカを巡回されました。
アリゾナ砂漠、オクラホマの大平原、深南部、南端のフロリダ、
そこから東海岸をメイン州まで北上し、
そこから西進して五大湖、コロラド急流、
オレゴン州ユージーンに至ります。

それぞれの場所に韓国から持ってこられた石を埋められました。
そして、この条件によって神様の摂理が
アメリカに根を張るようにと深い祈祷を捧げられました。
このようにして55の聖地が僅か43日で決定されました。
その後は皆さん御存じのとおりです。

御父母様のアメリカ摂理50周年を記念して、
今年の夏に聖地巡礼復興ツアーが行われます。
このツアーは真のお父様のアメリカにおける
最初の足跡をたどる貴重な機会です。
7月22日、サンフランシスコ、ツインピークスの聖地で出発式を行った後、
55か所全ての聖地を訪ねる旅が始まります。

50年前の真のお父様と同じコース、
同じ道を通って、同じスケジュールで旅をします。
お父様の目に映った美しい自然を見ながら、
お父様の遺業に思いを馳せます。
神様が創造された雄大で素晴らしい自然を満喫できる旅になるでしょう。

真のお父様は、アメリカで神様の御旨成就のために
集まって祈る聖地を全ての州に作られました。
世界の聖地の半数がこの国にあることは、
お父様のアメリカに対する愛と希望の大きさを物語っています。

55か所をすべて廻ったあとラスベガスで閉会式を行い、
ツアーの完遂をアメリカでの御旨勝利の条件として捧げます。


アメリカには55も聖地があると初めて知りました。
世界でも半分以上がアメリカにあるということで、
世界の縮図ともいえるアメリカを
特別な摂理国家としてお父様が意識され
投入されていかれたと改めて実感します。

今回のツアーはお父様の足跡を辿るということで
企画されたようですが、
こんな素晴らしいツアーに対して、
霊界におられる真のお父様が喜ばないはずがありません。

先日、こんな記事を目にしました。

『人は、何かを感じることでしか動かない。
何かをただ知ったり、理屈が分かったりすることで、動くことはない。
それは、感じて動く「感動」という言葉はあるが、
理屈で動く「理動」という言葉がないことでも分かる』

人は感動すると動くのです。
それは、霊界にいる人たちにおいても全く同じです。
ですから、霊界が働く歩み、というのは、
霊界にいる人たちに感動を与える歩みであると思います。

私たちも足りないながら、
毎週の伝道活動をしつつ、
もっと霊界に感動を与え、
協助を受ける歩みをしていきたいと
改めて、思わされます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

常に神様の前に
感動でのどが詰まるときが
多くなければならない


「御旨の道」心情 より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)