2014年04月12日

真の親孝行とは?! お父様が心待ちにされた被災地食口たち! 〜3年前の御聖誕日秘話〜


1622161_598270003592875_328192085_n.jpg


昨日は、4月11日。
東日本大震災から3年と1ヶ月が経過しました。
震災からわずかの期間で、
様々な事情を乗り越えて、
ラスベガスのお父様の元に行かれた
岩手教区の証しを教会長から聞きましたので、
紹介したいと思います。


岩手教区は、震災が起きて一週間もしないうちに
ラスベガスに行くことを決意しました。
当時の状況を考えれば、ラスベガスに行くなどということは、
想像もできない事でした。

しかし教区長は、とてつもない被害を受けた
自分たちの事情を考えるのではなく、
悲惨な状態になった日本と日本の食口を心配され
心を痛めておられる真の御父母様に、
一日でも早く無事な姿をお見せするのが子の道理であると考え、
ラスベガス行きを決意されました。

2011年4月17日、岩手教区の食口は
ラスベガス天和宮にて真の御父母様をお迎えしました。
その時ラスベガスに行った食口の数が55名でした。

真の御父母様は3日前から毎日
「いつ来るのか」と補佐官に尋ねるほど、
岩手の食口が来るのを、首を長くして待っておられました。
集会は真の御父母様の暖かい愛で食口を抱く、
慰労の時間となりました。

55名の中には夫を津波で亡くした食口がいました。
また、家を失った食口もいました。
集会中、教区長が10分間真の御父母様に
報告をする時間がありました。

真の御父母様は、あなたたちは真の御父母様に慰労されに来たのか、
それとも真のご父母様を慰労しに来たのかと尋ねられました。
教区長は「真の御父母様を慰労するために来ました」と答えました。

真の御父母様は終始ニコニコと笑みを浮かべながら、
報告を聞いておられました。
その後、真のご父母様は一時お部屋を出られ、
正装に着替えられて再びお部屋に戻られました。
そして日本の食口が55名来たことを再度確認されて、
突如、後天時代宣布をされました。

そして今から本格的な後天時代が始まると語られました。
後天時代宣布は過去三回なされました。
第一回目は清平にて蘇生段階の後天時代宣布がされ、
第二回目は、2004年5月5日、
麗水にて双合十勝日宣布がなされるときに後天時代宣布がなされました。
今回は三回目の宣布であり、完成段階の後天時代宣布でした。

すなわち真の御父母様はこの日、
後天時代宣布を完成されたのでした。
麗水で後天時代を宣布されるとき、
真の御父母様は55名の日本食口を同参させられた。
5+5=10であり、10数は帰一数です。

すなわち、本然の世界に回帰する後天時代を宣布するためには
@ 新郎である真のお父様と新婦格の日本が一つになること、
A 55名という数的条件
という二つの条件が必要ですが、
今回岩手教区のラスベガス訪問ツアーにおいては
この二つの条件が立てられたため、
歴史的な完成期後天時代宣布がなされるようになったのです。

更に2011年4月17日は天暦3月16日、
すなわち真の御父母様の聖婚記念日でありました。
天は時をぴったり合わせて歴史的宣布をされたのです。


5vdyc[1]iwatesikku.jpg
文先生の元に行かれた岩手のメンバーたち


素晴らしい証しです。
教区長と岩手の食口の決意によって、
お父様が特別な宣布をされました。

「真の親孝行というのは、子が親に会いたい時に
親に会いに行くことではなくて、
親が会いたい時に親を訪ねていくことである」
岩手の教区長はそのような決意をされて、
事情圏を乗り越えて、お父様の元にいかれました。

今、私たちに願われていることなのだと感じます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

 岩手教区食口のエピソードに関しては
以前に記事で紹介しています ↓
「今日の私の救世主になって下さりありがとうございます」岩手の食口へ




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 



posted by ten1ko2 at 11:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

お父様の伝道とは?! 若き神学生、姜先生が感動した父の祈祷!!


201004122100540d3.jpg


伝道活動をしていると、
真のお父様がどのように伝道していかれたのか、
そこに意識がいくようになりました。

お父様が韓国で最初に伝道されたのは、
有名な姜賢實先生です。

姜先生の証しも有名なので、
ご存知の方も多いと思いますが、
神学生だった姜先生が
お父様のどのようなところに惹かれてこの道に来たのか、
その辺りを観点に紹介したいと思います。


その日は、雨が降っていました。
そこには台所もなく、炊事場もありませんでした。
真のお父様が語られ、私は聞いていたのですが、
玉世賢おばあさんがご飯を炊いて持って入ってきました。

今はどこに行っても見ることのできない、
丸い松の木の食卓に配給麦のごはんでした。
貧しい人たちにそのころ配給をしてくれたのが、
配給米と配給麦です。
その配給麦ご飯と焼いたお豆腐、そこにすっぱいキムチです。
それしかありませんでした。

そして真のお父様が私に、
「あなた、食事のお祈りをしなさい」
と言われました。
私は三、四時間、真のお父様があまりにも大きな声で叫ばれたので、
気が少しおかしくなっているようでした。
それで、お祈りをする勇気が全く出なかったので、
「私はお祈りできません」と申し上げたのです。
すると、真のお父様がお祈りをされました。
私は、そのお祈りに深く胸を打たれました。
なぜかというと、そのころ、いつも泣いてお祈りをし、
深い信仰生活をしている所が、私たちの高麗派、高麗神学校でした。

私は、いつも徹夜でお祈りをしていたのですが、
祈祷の内容はすべて「何々を下さい。神様、何々をしてくださいませ」
と、このような祈祷ばかりしていました。
ところが、そのときの真のお父様のお祈りは、
「何々してくださいませ」という内容ではなかったのです。

「神様、神様のみ旨を私が成し遂げてさしあげます。
神様の恨みを私が解いてさしあげます。
神様、この地上に天の国と世界を私が築き上げます」

「この地上の全世界の人類を本当に救わなければなりません。
神様どうか共に、一日も早くこの地上に天国を建設するようにしてください」

それらはすべて「私がしてさしあげます」という内容でした。
その「下さい、下さい」ではなく、
「私がしてさしあげます」という真のお父様のお祈りを聞い て、
私は悔い改めたのです。
親に「これ下さい。下さい」と言うよりも、
服一着でも、一食のご飯でも買ってあげるなら、
そのときに親の心は満足し、喜ぶものだからです。

私がそのときに悟ったのは、
“私が「下さいませ。下さいませ」と言ったときには神様は喜ばれない。
本当にこの青年のように
「してさしあげます。私は、これを責任もってしますから安心してください」
という立場に立てば、親がどれほど喜ぶだろうか?”ということです。

そこで、真のお父様の祈りに感動を受けて、
私の心は七十パーセント以上、
真のお父様の側に立ってしまいました。
“私より素晴らしい信仰を持ったあの青年を、
神様は私よりももっと愛されるに違いない”
と、結論を出してしまったのです。

そしてご飯を食べながら、私は真のお父様に尋ねました。
「きょう、先生はたくさん語られましたが、そのお祈りの続きがありますか、
これで終わりですか?」と聞いてみたのです。

すると、真のお父様は「本当に私が真心を込めてお祈りをしようとしたら、
何日間徹夜してお祈りをしたとしても、
新しいみ言はまだまだ残っています」とおっしゃったのです。

真のお父様は「この家は、見かけはみすぼらしい、何でもない家ですが、
いつでも戸を開けて人を待っています」と言われたので、
「先生、戸を開けて人を待っているとはどういうことですか?」と尋ねてみました。

すると、真のお父様は「この世の中には、人生の根本問題、
宇宙の根本問題を解決することができず、
迷路でさまよっている人たちがたくさんいるでしょう?  
その人たちに命のみ言を教えてあげるため、
その人たちの命を救うために、いつもここは戸を開けて待っています。
だから、あなたにも残りの新しいみ言をまた聞いてほしいのです」と言われたのです。

このときに真のお父様は、本当に貧しい生活をしておられました。
夏にも冬の服を着る程度でしたから、
どれほどその生活が貧しいものであったかは、皆さんの想像にお任せします。

真のお父様は、なぜあのように大きな声で語られたのでしょうか? 
本当は私一人しかいませんから、小さな声でもいいのです。

一人二人を救うのが真のお父様の使命ではありません。
一つの国を救うのも真のお父様の使命ではありません。
全世界の人類を救うのが真のお父様の使命です。

ですから、外的に見たら私一人がそこに座っていましたが、
真のお父様の目には一人が座っているのではなくて、
全世界の人類の霊がそこに集まっているのです。
その霊を相手に大きな声で叫ばれたのです。
私はそう思います。

以前、真のお父様に伺いました。
「あのとき、私一人だけを相手に語られたのですか? 
それとも、多くの全世界人類を思って語られたのですか?」
と尋ねると、真のお父様は答えられずに、
気分良く笑っておられました。
それを拝見して、
“私の答えは合っているに違いない”と思ったのです。

(証し・証言 姜賢實『真のお父様に学ぶ伝道』より)


110-129P-BEAEB2B0A4CEC1B0-thumbnail2.jpg
 

姜先生が一番感動したのは、
神様を慰める『祈り』でした。
クリスチャンとして、
お願いする祈りをしてこられた姜先生ですが、
神様を慰め、喜ばれる祈りをされた
お父様に完全屈服されてしまったのです。

ですから、私たちも
真の父母様の子女として、
同じ心情圏を目指していきたいと思います。

さらには、姜先生に大声で語られた真のお父様。
全人類を前に語られる心情でありました。
これも私たちが学ぶべき姿だと思います。
一人の人に対して、
全人類、日本国民だと思い、投入する姿。
それがお父様の歩まれた道であり、
私たちも似る者にならなければならないと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


2014年04月10日

『ダンベリーのお父様、現る!!』〜ある刑務所で伝道された囚人の奇跡の証し〜


revmoon_drawingbg[1].jpg
(牢獄の信徒が描いた真のお父様の似顔絵)


ファミリーフォーラムに
アメリカの刑務所にいる囚人が、
不思議な経緯で伝道されている証しが
3回シリーズで紹介されています。

アメリカの牢獄にいる見知らぬ囚人から届いた手紙
http://www.familyforum.jp/2013080422514

初めて本人と面会−アメリカの牢獄にいる見知らぬ囚人から届いた手紙(続編)
http://www.familyforum.jp/2013101124366

牢獄の兄弟が書いた詩 “All That You Need”(あなたに必要なものすべて)を歌いながら待ちわびる
http://www.familyforum.jp/2014040629430

まとめて要約したいと思います。



アメリカ・テネシー州のある教会に
見知らぬ人から手紙が届きました。
その人は、教会から5時間ほど離れた
刑務所に収監されている囚人でありました。
「統一教会と文先生に関心があるから、
書物を送って欲しい」と書いてありました。

日本人宣教師のY.S.さんは、
最初に自叙伝とレベル4、霊界からのメッセージを送りました。
その後、原理講論も送りました。
彼は、原理講論が到着すると
夜中まで読み続けました。

すると、何と、お父様が夢に出てこられました。
お父様が、彼に親しげに語りかけて下さったそうです。
彼も、最初は、恐る恐る応対しているうちに、
心が嬉しくなりました。
「文先生、あなたはメシアですか?」
「私は、救世主です。」
そして、話が終わると、
びっしょり汗をかいて目が覚めたそうです。

また、宣教師は、お父様がダンベリー収容所にいた時に、
全米の聖職者たちに送られた
牢獄からのメッセージの赤い本を送りました。

すると、次の手紙で、その本を休憩時間に一人で読んでいると、
他の囚人が寄ってきて、「何を読んでいるのか?」と聞かれたので、
すかさず、「統一教会の文鮮明師のメッセージだ」と答えました。
そして、引き続き、声を出して、その本を読み続け、
気がついたら、そこに7、8人の囚人の輪ができていて、
皆が聞き入っていたといいます。
そして、翌日から午後2〜3時の休憩時間に、
原理講論の勉強会と祈祷会が始まりました。


その後、宣教師は家族とともに、初めて囚人である男性に会いました。
刑務所に入った経緯や家族のこと、色々なことを話しました。

宣教師が最も驚いたのは、原理講論を何回通読したかと、尋ねた時に、
彼は、「もう17回は読んだ」というのです。
原理講論を送ったのが、半年前なので、たった半年で17回読んだのです。

宣教師と出会ったあとに、彼は復活論を全部勉強した後に祈り、
瞑想していたら、朴正華(パク・チョンファ)という人物が、
自分が犯した過ちを申し訳なく思っていることを、
真のお父様に伝えてほしい、と伝えてきたそうです。

彼の手紙を紹介します(一部省略)。

☆         ☆         ☆

親愛なる家庭教会の皆さまへ

私は、ずっと祈祷会を行ってきたのですが、
そこには自分を含め、自分の二人の霊の子たち、
そして時々参加する何人かの囚人たちがいます。
そして、ある時こんなことが起こりました。

私が昼食を終えて戻って来ると、誰かが私のロッカーをこじ開けて、
中にあった40ドル相当の衛生用品を盗んだのです。
私は、大変、腹がたちました。
自分が信頼している人々がこんなことをするなんてと思うと、
たいへん心が傷つきました。
さて、誰がやったかはわからないので、
私は腹が立ってもどうすることもできませんでした。
夕方までに、私はそのことからかなり立ち直りました。

翌日、三人が別々に、誰が私のロッカーをこじ開けたかを私に言いに来ました。
私は、彼に制裁を加えたくなりました。
でも、私は、この一年以上の間、彼らに原理を教えてきました。
どうしたらいいか? 
私は祈りました。
私のものを守るために戦うのか、それとも赦すのか?

私は、その人たちにこう言いました、
「私はその泥棒を許そうと思う、
そして、私は原理と真のお父様の教えが正しいと信じている」と。
それから、私はその泥棒と公然と向き合いました。
そして、彼に「私は、あなたが盗んだことを知っています。
でも、私はあなたを赦します」と、伝えました。
数週間がたちましたが、その人は私の祈祷集会に毎回、参加しています。

真のお父様は、いつもいろいろな方法で働いていらっしゃいます。
ありがとうございます。
真のお父様!

もし、あなたが毎日、愛の道を歩みたいならば、そのような決意をし、
いつも新たに決意しなければなりません。
赦すことを選択しますか? 
それとも、心に重荷を追って怒りと憤りを抱きますか? 
神様と真のご父母様の赦しが、あなたの心と人間関係に宿るようにして下さい。
すると、あなたは真のご父母様と統一原理の力があなたの人生のみならず、
あなたの周りにいるすべての人々の人生をも何度も変えていくのを目にするでしょう。

真のお父様の赦しの恵みが天から大きな滝のようにあなたに注がれています。
もし、あなたが滝から離れて立っているのならば、
落ちてくる滝の水からくる霧だけが見えるでしょう。
もし、あなたがその滝の水の近くか、下にいるならば、びしょ濡れになるでしょう。
こちらに来て、神様と真のご父母様の溢れんばかり、慈しみ深い、赦しの愛の中で、
今日も明日も、毎日、びしょ濡れになりませんか。

親愛なる真のお父様、私たちの主であり、
救い主でいてくださることを賛美し、感謝いたします。
あなたが私たちを天の父母様と和解させてくださり、
あなたの子女となれたことを心から喜んでいます。
どうか、私たちが赦しの賜物(恩恵)をすべての人々へと自由に捧げられますよう、
公的な権限をお与え下さい。
アーメン。

       ☆         ☆         ☆


本当に、素晴らしい証しです。
実際、統一教会とお父様に出会ったきっかけは、
信徒ではない叔母さんが偶然アクセスした
インターネットの情報を通して、統一教会のことを知り、
彼に教えてあげていたのだそうです。

皆さんも彼の手紙を読んで感じたと思いますが、
ダンベリーでのお父様の姿そのものです。
彼の描いたお父様の似顔絵を見つめていると、
本当にお父様に対して慕わしい思いを持って
描いているなぁ、と思わされ、
胸が熱くなってきます。。。

彼は、一度も統一教会に行ったことがないし、
牧会も受けたこともありません。
ただ、宣教師との手紙のやり取りと
自身の訓読、祈祷のみの生活ですが、
見事に真の愛の精神を持って乗り越えていっています。

さらには、霊の子も二人いるといいます。
これも驚くべきことだと思います。

宣教師が以下のようなことを感じておられます。

今回のことを通して、私は、真のお父様が、
聖和されたあと、天国ではなく、地獄に直行して、
自ら伝道をされて、私たち祝福家庭を激励、
指導されているんだ、と感じました。
「今、伝道しなくて、いつ伝道するのか?」と。


この言葉は、私たち一人ひとりが
受け止めるべき内容なのではないでしょうか。

最後に彼の作った詩にシンガーソングライターの
Shinohara Minoru さんが作曲した歌を紹介します。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)