2014年04月20日

ハッピー・イースター! 統一教会員にとって、復活節が特別な理由?!


1477467_617551464998062_1424361688_n.jpg


ファミリーフォーラムに
アメリカ・バルコム会長のメッセージが紹介されています。


抜粋して紹介します。


皆さん、こんにちは。マイケル・バルコムです。
イースター(復活祭)おめでとうございます。
統一運動にとってイースターは特別な意味を持っています。
今から約80年前の1935年のイースターの日に、
真のお父様はイエス様から使命を授かりました。

お父様はこの出来事は大きな試練であったと語られています。
その時のイエス様は福音書で知っていたイエス様ではなく、
神様の御旨が成されることを
必死の思いで願っておられるイエス様でした。
イエス様はお父様に責任をもつように迫られました。
しかしその時、世界を救うために何をすればよいのか、
原理をどう見出せばよいのかなど
イエス様は一切説明されませんでした。
それは天と神様の前に果たさなければならない、
お父様御自身の責任でした。
お父様がその使命を世界的に果たすため、
約10年間かけて研究と準備をされた事を私達は知っています。

イエス様との最初の出会いから
30年後の1965年を見てみましょう。
1965年までに、北朝鮮と韓国で監獄に収監され、
出棺された後、統一教会を創設されました。
アメリカへの最初の宣教は1959年に送られましたが、
この国での活動は困難なものでした。
お父様はアメリカに行き、自ら種をまき、
統一運動を新たな方向へ進めて行くことを決意されました。
こうしてアメリカ巡回が始まりました。
48州を43日間で周られて55か所の聖地を決定されました。
当時お父様は、神様がアメリカと、
さらに世界で働く事のできる基台をつくりたいと説明されました。

今、私たちは大きな冒険旅行を計画しています。
お父様の足跡をたどって、
同じコースで同じ道を通って同じ時間をかけて、
お父様が決定された全ての聖地を巡礼する計画です。
外的にはお父様が残された石や土からつくられた聖地ですが、
何よりもお父様の残された心情と血と汗と涙をたどる旅です。
それだけでなく、この40年間のご父母様の活動の中で特別な縁のある場所、
ヤンキ―スタジアム、ワシントン・モニュメントなども訪ねる予定です。
また、1973年の21都市、40都市などで
巡回講演をされた講演場所も訪ねますし、
御父母様が住んでおられたベルベディア、
イーストガーデンも訪ねる予定です。
これは御父母様の生涯をたどる巡礼、
真のお父様とお母様のアメリカでの足跡をたどる巡礼になるでしょう。
アメリカのメンバーは是非参加して下さい。
参加する方法はいくつかあります。
もちろん43日間の巡礼の全てに参加できれば最高です。
サンフランシスコを6月22日に出発して
43日後にラスベガスで終了します。
チームとして、一緒に全米を回り全ての行事に参加できます。
それが難しいメンバーは1週間だけ参加されてはどうでしょう。
実際、お父様が巡回された1965年当時もそうでした。

今週、御父母様ご聖婚54周年を祝いました。
毎年御聖婚を記念して釣りのコンテスト(競技会)を開催しています。
このコンテストは5月3日から16日まで行われます。
各地区、各州から参加者を送ってください。
友人も誘って参加してください。
真の父母様が深く愛された釣りを体験する素晴らしい機会です。

素晴らしいイースターをお過ごしください。
日曜日に教会に行ったおりには、
お父様がイエス様から召命を受けた時のことを考えて見て下さい。
決意を新たに2020の勝利に向けて前進しましょう。
神様の祝福がありますように。
ハッピー・イースター。
素晴らしい1週間をお過ごしください。



今日はキリスト教においては、復活節です。
先日、路傍伝道で出会ったクリスチャンの方が、
「今度の礼拝(今日のこと)は
復活礼拝だから、盛大にやりますよ。
ぜひ、お越しください」
そのように紹介されました。

イエス様は十字架についたあと
3日後に復活されましたが、
本当の使命を託されたのは、
真のお父様であることを信じる私たちです。

全米を巡回された真の父母様の足跡を慕いながら、
ツアーを準備している
アメリカの企画は素晴らしいと思います。

今日は貴い日であることを思いながら、
イエス様を思い、また真の父母様を強く思慕する
そんな一日にしていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)