2014年04月27日

桜祭りで花開く、米シアトルの草の根運動! 日本統一教会信者への拉致監禁反対キャンペーン


4d2898cc519c4468d541cbcfe0072ef6.jpg


ファミリーフォーラムで
アメリカ・シアトルで行われている
拉致監禁反対キャンペーンを紹介していました。




後藤徹さんが、家族によって12年間監禁された事件によって
日本人統一教会員に対する拉致・強制棄教は世界的関心を集めています。
後藤さんの民事裁判勝利によって正しい方向への一歩が踏み出されました。
しかしまだ、信教の自由を確保し
加害者に適正な法的裁きを加えるに至っていません。
日本の兄弟姉妹にたいする残虐行為を人々に伝え、
請願の署名を求めるボランティアが存在しています。

素晴らしい支援を得て、
これまでわれわれとは関わりをもたなかった
二人のキリスト教聖職者が今回、参加する事になりました。
また新しい日本総領事にも連絡し招待しています。
この間、遠く離れたイタリアからレスポンスがありました。
ゴールはもう見えています。
アメリカではいまだ草の根運動であり、寄付を募っています。
今年を最高の年にすることがまだ可能です!

後藤氏は民事訴訟で勝ちを収めましたが、
何千名もの日本人食口が拉致・監禁の被害に会った事実に対して、
ただの一人の逮捕者もなく、いわんや起訴もされていません。
彼らは刑を逃れ、いまだ好きに活動しています。
もはや無為に、日本人食口をこれ以上、一人も犠牲にしてはなりません。
アイルランドの政治家エドマンド・バークはこう言いました。
『悪が栄えるためには、ただ善人が何もしなければよい』



先回も、この活動をしているスコット・ドルフェイさんに関して
記事を書いたことがありました。


日本人でもなく、拉致監禁の経験もない
アメリカの一食口がこのように
継続して活動されるのは
本当に素晴らしいと思います。

『悪が栄えるためには、ただ善人が何もしなければよい』
これは本当に胸につきささるような言葉です。

私たちは、何もしなくてもよいのでしょうか。
それは、ますます悪が栄えることになるのではないでしょうか。

実は、拉致監禁撲滅プロジェクト会議は、
地区が変わってから行われていません。
地区のスタッフが少なくなり、
状況的にも続けることができなくなっているからだと思います。
そんなこともあり、
私も拉致監禁に関して、記事をしばらく書かずにいました。
しかし、ドルフェイさんの姿をきっかけに
不定期に記事を書こうと思います。

教会で行っている路傍伝道も
継続的に行うことによって、
いろんな証しが立つようになりました。

私も最初は葛藤が多かったのですが、
今は、歩むのが楽しみで仕方ありません。
何かしら出会いがあるからです。

『継続は力なり』
これからも拉致監禁撲滅のために
発信していきたいと思います。


昨日紹介した韓国沈没船事故に関してですが、
妻が感動的な歌をみつけました。
「千の風になって」の韓国バージョンです。
現地の様子も映像になっているので、
ぜひ、ご覧になってください。


천 개의 바람이 되어 song by.임형주
(千の風になって/イム・ヒョンジュ)


悲しい結末となりましたが、
このように韓国の人たちが
犠牲者を悼むために、心を一つにしている
その姿を見ると、ここから大きな
未来への力が生まれてくるのでは、と感じます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする