2014年05月25日

「私は、真の父母の子女」そう思った時から見えてきた真実?! 〈姜賢實先生の証し〉


110-129P-BEAEB2B0A4CEC1B0-thumbnail2.jpg
☆ボンネッコルの前
お父様と金元弼先生☆


神様を愛するために
私は気が狂っています。
神様のみ旨を成し遂げるために
私は気が狂っています




伝道勝利に向けて、み言を探していると
『証言』という本の中に姜賢實先生の証しを見つけました。

『真のお父様に学ぶ伝道』です。
お父様を伝道しようと思って
釜山のボンネッコルを訪ねた証しは
あまりにも有名であり、
皆様もよくご存知だと思います。

神学校に通っていた姜先生は、今まで
「神様、お願いします。○○をしてください」
とお願いする祈りはしてきたけれど、
お父様の祈りに感動しました。

「神様、神様のみ旨を私が成し遂げてさしあげます。
神様の恨みを私が解いてさしあげます。
神様、この地上に天の国と世界を私が築き上げます」
「この地上の全世界の人類を本当に救わなければなりません。
神様どうか共に、一日も早く
この地上に天国を建設するようにしてください」

神様を喜んでさしあげるような祈りは
今までしたことがなかったので、
姜先生は本当に感動し、
それからお父様に従っていかれました。

しかし、当時の迫害はあまりにも激しいものでした。
学校からの迫害、友達からの迫害、
そして、既成教会からの迫害と
本当に激しかったので、姜先生は
ある日、「もうこの道は行きません」
と決心したのだそうです。

その日、ボンネッコルに行かれた姜先生ですが、
姜先生は何も言われなかったのに、
お父様は全て見抜いておられました。
姜先生は恥ずかしくなり、お父様に
顔をあげることができませんでした。

その時に語られたお父様のみ言と
姜先生が感じられた内容を
『証言』から抜粋します。


(お父様のみ言)
「私には能力があります。
商売などでお金もうけをしても、
これ以上の生活をする能力があります。
労働をしてお金をもうけても、
これ以上の生活をする力を持っています。
就職をしてお金をもうけても、
これ以上の生活する力を持っているのです。

私が夏なのに冬の着物を着て、
この畳二、三枚も敷けないような
小さな部屋の隅にこのように座っている理由が
どこにあるのかといえば、
私は神様を愛することに気が狂っているということです。
私は神様のみ旨を成し遂げるために気が狂っているのです」



私は“この道をやめてしまおう”と思っていましたが、
このとき真のお父様がおっしゃった、
「神様を愛するために私は気が狂っています。
神様のみ旨を成し遂げるために私は気が狂っています」
というみ言が、私の胸を強く打ちました。

それまで私はイエス様を信じてきましたが、
神様を愛するために本当に気が狂ったことがありませんでした。
神様のみ旨を成し遂げるために気が狂ったことがなかったのです。
そこで私はもう一回、“この道を行かなければいけない。
あの青年は神様が愛さなくてはならないかただ”と思いました。

本当に真のお父様は、すべてを知っておられます。
「知っておられる」と信ずる人には、
知っておられるかたとして現れ、
「知っておられる」と信じていない人には、
真のお父様は何も分からない人のように見えるのです。
このことを信じない人たちは、このように言うのです。

「三十年前に語った話を、いつもしている」

いつも不平を言ったり、不満を抱いたり、悪口を言う人がいますが、
知らないからそのようにするのです。
真のお父様がどのようなかたであられるかを知らないで、
信じていないから侍ることができないのです。

「私は、真のご父母様の子女である」という信仰がいちばん大切です。
それができていれば、だれかが追い出したとしても出ていきません。
ここにしか自分の生きる道がないのです。

しかし、真のご父母様と自分との間に
親子の関係ができていない人たちは、
だれかが少し悪い話をするだけで、
不平を言ったり不満を抱いたり、疑ったり、
不信したりして、荷物を持って出ていってしまうのです。

本当に親子の関係を結んだとするならば、
“親は今、このことを願っている”と思えば、
命懸けでその中に入って、それを実践してあげるようになっています。



お父様のみ言をこのように文字で読んでも、
神様への思いがほとばしってすごいと感じますが、
目の前で語られる姿を目撃したとしたら、
ものすごい衝撃的だったことでしょう。

「私は神様を愛することに気が狂っているということです。
私は神様のみ旨を成し遂げるために気が狂っているのです」


この言葉が胸を打ちます。
まさに、私に向かって語られていると感じました。

霊界ではお父様がこの思いを持って
歩みつづけておられます。

地上ではお母様が
お父様のこの思いを相続して
歩んでおられます。

そして、私たちもこの思いをもって
み旨を歩んでいかなければ、と強く思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2014年05月24日

人類、そして「私」に対する神の希望とは?! 米会長のメッセージより


moon_web_2254_s630x438.jpg

200年祭 「神はアメリカを祝福される」
ヤンキー大会 1976.7.1


 神様はアメリカが世界に手を差し伸べ
世界を救うことを願っておられます




アメリカ・マイケルバルコム会長の
ビデオレターが更新されています。


皆さんこんにちは。
ハッピー・メモリアル・デー(戦没将兵記念日)。
軍隊に従事し国のために尽くしてくれている
私たちのメンバーや、その家族に感謝します。
また過去にアメリカを守るために軍隊に従事した
退役軍人の方々にも感謝します。

リンカーン大統領の言う、アメリカのため、
自由と繁栄のため「最後まで完全に身を捧げて」
支払われた貴重な代価について、
アメリカ国民として、この週末に思いをいたすべきでしょう。

真のお父様は、アメリカが世界に尽くす事が
アメリカに対する神の希望であり、
「神様はアメリカが世界に手を差し伸べ
世界を救うことを願っておられます」と語られました。
お父様がアメリカに来られた時、
「人類に対する神の希望」
「アメリカに対する神の希望」
「キリスト教の未来」
の3つについて語られました。

国が一つとなって神様のために働くというビジョンを
一カ月後の聖地巡礼ツアーによってもう一度復興させ、
記憶に留めたいと思います。
私もツアーの登録を済ませました。
今回のツアーで、お父様がビジョンを語られた
48州、55か所の聖地を廻り
お父様の足跡をたどることを楽しみにしています。

皆さん、過去40年の間に真のご父母様と活動を共にした
兄弟姉妹のことを思い出してみて下さい。
その間、多くの人々が教会から離れてしまったことは
隠す事のできない事実です。

先週、素晴らしい証がありました。
ある姉妹が20年以上話していなかった霊の親と
何時間か話す機会があったということです。
彼女は聖地巡礼ツアーのこと、
お父様の開拓精神の復興と再確認という、
ツアーの目的を話したそうです。
彼女の霊の親が戻って来て
聖地巡礼ツアーに参加することを願います。

すべての家庭が、お父様の聖和記念日までに少なくとも一人、
または一家庭を導くことができるように願います。
聖地ツアーはその最高の機会だと思います。

今週、海洋摂理40周年の祝賀会がありました。
ニュージャージー州のクリフトン教会で
記念昼食会を行いました。
協力して下さった方々に感謝します。
寿司や刺身がお腹を満たしてくれましたが、
もちろん霊的にも満たされました。

ノダ・ケイスケ教授がアメリカでの
海洋摂理40年について話をしました。
グロスター、アラスカ、ラスベガスなど
アメリカ各地でお父様が精誠を尽くされたこと、
また海洋ビジネス、若者の教育のための
オーシャン・チャーチについての話を聞きました。

また先日終了した、
ご父母様御聖婚記念・釣りコンテストの表彰も行われました。
43streetの本部で働くルイス・アラウホが優勝しました。
見事な魚を釣り上げました。

メモリアル・デーのこの週末、神様と真のご父母様が
与えて下さった全てのことに感謝しましょう。
新たな決意を持って、アメリカに対する
神様の願いを伝えましょう。
そして、アメリカが天から与えられた使命を明らかにして、
明確で切迫したお父様のメッセージをこの国に伝えていきましょう。
皆さんと聖地巡礼ツアーでお会いすることを楽しみにしています。





バルコム会長のアメリカメンバーへの
メッセージでした。
聖地巡礼ツアーに参加してみたくなりますね。

毎回、米メンバー向けとはいえ、とても参考になるので
私も楽しみにこのビデオレターを待っている一人です。

今日のメッセージを聞きながら、
アメリカにかけられた神様、御父母様の願いが
どれだけ熱いものがあったか、
思い起こされました。

また、天と真の父母様は
日本に対しても、そして、私たち一人ひとりに
どれだけ熱い思いをかけてくださっているでしょうか。

「過去40年の間に真のご父母様と活動を共にした
兄弟姉妹のことを思い出してみて下さい。
その間、多くの人々が教会から離れてしまったことは
隠す事のできない事実です」

バルコム会長は率直に話しておられます。
アメリカも多くの基盤がありましたが、
たくさん失ってしまいました。
食口の数も少なくなったのだと思います。

それでも、今回のアメリカツアーを通して、
お父様の路程をたどりながら、
もう一度アメリカを復興させよう、
そんな決意を持っていることを感じます。

お父様が霊界にいかれてから
「統一教会は終わりだ」
そういう声を何度聞いたことでしょうか。

しかし、真のお母様は
すぐに立ち上がりました。
「中断なき前進をしよう」
先頭を切って、最前線で陣頭指揮されました。

私たちには、希望があります。
そして、未来があります。
現状を乗り越えて、突破する力があります。

でも、主人公は誰なのでしょうか。
お父様でもなく、お母様でもありません。
主役は「私」なのです。
そのような意識をみんなが持って
実践躬行すれば、間違いなく発展するに違いないのです。


moon_web_2255_s630x426.jpg
ヤンキー大会


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)




2014年05月23日

(夢の証し)亡き両親と聖歌隊に?! 聖歌を歌いつつ共に復活しよう!


1888510_598273436925865_1247979604_n.jpg


「聖歌」は
“音符にあらわされたみ言”である



今朝、久しぶりに母の夢を見ました。
以下、夢の内容です。(現実ではありません。)

なぜか母が聖歌隊に入り、先生から指導を受けているのですが、
「あなたは、何歳の頃から(聖歌隊に)入っていますか?」
そう聞かれ、母は
「小学2年生の頃から練習しています」
そのように答えていました。
私も一緒に聖歌隊に参加していて、そのやり取りを聞きながら
「へぇ〜、そんなに小さい頃から歌ってたのか・・・」
と多少びっくりしていたら、
今度は先生が私に向かって
「あなたは、もっとしっかり練習したら上手になれますよ」
そのように言われました。
「やった、もっとうまくなるために練習しよう」
そう思っていたら、目が覚めました(笑)。



朝、目が覚めた後、母が夢に出てきたのには、
二つの理由があると感じました。

一つ目は、妻と聖歌隊の話をしていたことです。
実は、私も妻も聖歌隊に入っています。
小さな教会なので、私は礼拝の司会をし、
途中、聖歌隊の歌のときだけ、メンバーと一緒に
聖歌を賛美し、また司会に戻ります。

歌といえば、父がとても大好きで、また上手でした。
のど自慢大会に出演したり、
人前でもたくさん歌っていました。

母もあまり人前で歌うタイプではないのですが、
歌は好きで、裁縫をしながら、
CDを聞いたり、カラオケの曲をかけたりしていました。

聖歌隊での私は、決して上手ではないのですが、
声だけは大きいので、代表からは、
「声量があるので、一人でも大丈夫です」と言われ、
バスのパートをほとんど一人で歌っています。
しかし、発声が身についていないので
「地声になっている」
といつも言われているところでした(笑)。

夢で褒められたので、
ちょっと練習も頑張ってみたいと思います。

実は今度、聖歌隊のための研修会が行われることになっています。
もしかしたら、霊的には
夢のように、母も一緒に参加するということになれば、
これは正夢になるかもしれません。
ちょっとワクワクしてきました。


もう一つですが、
今日は復活論の講義をする予定であり、
「どのような講義をしようか・・・」
そのように頭を思い巡らせているままに
眠ってしまったのですが、
それで母が夢に現れたのです。

母には、大変申し訳ないのですが、
私自身、二度の拉致監禁体験を受け、
そのあと霊界に行きましたから、
決していいところにいたのではないと思います。

しかし、「悪霊人の復活」という内容があります。
先祖が地上で悪いことをした場合に、
地上で清算されずに霊界に行ったとすれば、
後孫が試練や苦痛を受けます。

しかし、お父様も
「絶対にこれを恨むとか、避けようとするな。
甘んじて受けなさい」と語られているように、
後孫が甘受することが重要です。

私が甘受することで、私が許され、
先祖まで許されるのだそうです。

したがって、拉致監禁は決してあってはならないことですが、
あったことに対して、どう受け止めていくのか
それが重要なのだと思います。

そして、何よりも感謝なのが、
清平の恩恵です。
先祖祝福式を受けることができ、
考えることのできない復活をしているに違いありません。



今朝の夢を通して、
霊人たちが私たちを通して復活していくように、
「聖歌を歌うときには、父や母も一緒に歌っているんだな」
と、そのように気づかされました。
これからは、両親と共に歌う心情で
聖歌隊にも臨みたいと思うのです。

(お父様のみ言)

統一教会に霊界解怨式というものがあります。
先祖解怨式があり、
次に先祖祝福式があります。
統一教会の信徒たちが、
祝福を受けた家庭たちが、
そのまま先祖に侍ることはできません。
霊界に行っている自分の兄、弟、母、叔母、
すべてを祝福してあげてこそ、
天の家庭として神様に代わって
侍ることができるのです。
今、そのような時が来ました。
これは偶像崇拝ではありません。


(天聖経・地上生活と霊界より)



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする