2014年05月02日

昨日還暦?!創立60周年! 「世界基督教統一神霊協会」の名称が出発した背景?!



7c80aac810d6b20334c964b8f126b9f2-600x720.jpg


皆さんが倍の努力をして
60年の間に成す事が出来なかったことを、
今後60年以内に成し遂げて差し上げると考えれば、
今皆さんが何歳になったとしても
天は皆さんを祝福するでしょう。




ファミリーフォーラムに昨日行われた60周年記念式の
様子が紹介されています。
お母様のみ言を紹介します。



2千年前と同様に、
この国の指導的地位にあるキリスト教指導者、
特に新しい文化に接した政治家や指導級にある人々が
来られたメシアを知らなかった。
その時、もしキリスト教文化圏がお父様と
一つになっていたならば世界は変わったでしょう。
ところが、天が立てて準備されたキリスト教圏が
先頭に立って反対するということによって
御父母様の居場所がなくなりました。

協会創立60周年は荒野路程のようです。
カナン定着を果たし天一国を開いて下さいましたが、
皆さんの姿勢はどうですか?

同時代圏に住んでいながら、
まだ真の父母様を知らない人のために
皆さんが倍の努力をして
60年の間に成す事が出来なかったことを、
今後60年以内に成し遂げて差し上げると考えれば、
今皆さんが何歳になったとしても
天は皆さんを祝福するでしょう。
皆さんが神様の創造目的成就と
心情文化世界創建のために全力を尽くすならば、
天の父母様は皆さんが責任と使命を
果たすことができる時間を許諾して下さるでしょう。

私たちには
世の中の誰も持つことが出来なかった宝物があります。
とても貴重な種があります。

(それが三大経典と天一国憲法。)

これがどれくらい驚くべき奇跡なのか分かりますか?
この武器を持つ皆さんが
この春にどんな計画をもって種をまくかに従って
天と地の災害を凌駕できる
そういう途方もない力とパワーを
世の中に見せることができます。
この何日前にアメリカ中南部を強打した竜巻が
5州を席巻して行きました。
この国には何が起こったのですか?
このようなことがなぜ起こるのですか?
皆さんが真の主人になって責任を果たすべきです。
世の中を教育しなければなりません。
私たちの他には知る人がいないのです。
この国の為政者やすべての指導的地位にある人々が
学ばなければなりません。
皆さんを通じて学ばなければなりません。
その道だけがこの国が生き、世界が生きる道です。




統一教会の看板は「三つの門の家」と言われた初代教会に
みすぼらしく掲げられ、軒が低いため
子供たちがいたずらして落としてしまい、
お父様が継ぎ接ぎして掛けられたと聞いたことがあります。

アメリカの宣教師として
二番目に派遣された金相哲先生が、「証言」で
統一教会創立の様子を書いておられます。


一九五四年五月一日ごろ、時の到来か、
先生が私たちを呼び集められ、
天から与えられた三つの団体の名前を書かれた。
先生は、「その中から一つを選ばなければならない」と言われた。
その中で一番易しく、理解しやすい名称は
十一文字の漢字で書かれた「世界基督教統一神霊協会」であった。
他の二つは私たちが理解できない、非常に難しい名前であった。
五月三日に漢字と英語で看板を書き、
ソウル特別市城東区北鶴洞、に掲げたが、
協会の創立日は一九五四年五月一日であった。



統一教会の正式名称は真のお父様が最初から
世界基督教統一神霊協会と決められたのではなく、
三つの候補があったということを初めて知りました。
でも、金相哲先生によると他の二つは難しかった、
というくらいですから、このようにすることを
予め決めておられたのかも知れないな、とも思います。

世界194カ国に伝わった統一教会。
日本にも300近くの教会があります。
日本からも数多くのメンバーが海外に行き、
宣教活動をして、祝福を受け、生活をしています。

しかし、天の基準から見れば、まだまだです。
今回の60周年は、人間で言えば、還暦です。
もう一度、再出発する機会が与えられていると感じます。

「この国の為政者やすべての指導的地位にある人々が
学ばなければなりません。
皆さんを通じて学ばなければなりません。
その道だけがこの国が生き、世界が生きる道です」
このみ言を肝に銘じていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする