2014年05月19日

(証し)天と心情が合えば、すぐに通じる時代?!  《瞑想のすすめ》


922938_660340090659768_1329672760_n.jpg


昨日、瞑想のことを書いたら、
教会長は瞑想や深い祈りの経験が豊富な方なのですが、
一つの証しをしてくださいました。
実は以前も紹介した証しではありますが、
編集して再度紹介します。


教会長が、まだ、若いときに、
前線メンバーの責任者をしたことがありました。
そのメンバーはどちらかと言えば、
バリバリ歩むタイプではなく、
少し基準を下げたメンバーたちでした。

一人の姉妹が、「教会を離れたいです」
そう言ってきました。

教会長は、その姉妹に
「120日間聖地祈祷をしよう、
その中で神様を実感できなければ
家に帰ったらいい」そう言いました。

朝5時に寒い冬の中を聖地祈祷することになりました。
40日たっても全く何の反応もありません。

何とか頑張って80日が過ぎ、
そして100日が過ぎ、
いよいよ、120日目を迎えることになりました。

その姉妹には、一向に何の気配もなく、
「明日何もなかったら家に帰ります」
そのような状態でした。

最終日、120日目を迎えました。
そうしたら起こったのです。

何と私に起こりました。
祈祷していたら、突然
涙がとめどもなく流れてきました。
自分の涙ではない
まさに聖霊体験です。

そして、明るい光が目の前を照らしました。
もちろん、朝5時ですから、
周りは真っ暗です。

1月くらいだったでしょうか。
その地域は雪が降るところで、
ひざまで積もるくらいで、
寒くて寒くてどうしようもないのですが、
そのときは、何故か体中が暖かくなってきました。

そして、聖歌の1番、
復帰の心情が流れてきたのです。

祈祷を終えて、姉妹たちと再び集まりました。
そうしたら、その姉妹が「聖歌の1番」を歌おうというのです。
なんと私と同時間に、彼女にも起こっていたのです。

「さっきの祈祷の時、復帰の心情が流れてきた。
神様の心情がわからずに基準を下げていたけれど、
神様が復帰の歴史において
涙を流してきてこられたことを感じた」
みんなで涙を流しながら讃美しました。

それ以来、彼女は、一度も基準を下げて
教会を辞める、そう言ったことはありませんでした。




教会長はこの証しをされながら、
「かつてはこのように本当に長い期間、
そして、長い時間、精誠を捧げて祈祷し
瞑想することがありました。
しかし、今は違います。
時代が変わったので、天と心情が合えば、
すぐに通じてしまうのです。
だから、長い時間よりも深く入り込む
そのことを意識していく時だと感じます」

「なるほど、恥ずかしながら、
必死に神様に意識を傾けた時に
昨日、与えられたのが瞑想だったな」
そんなことを思わされました。

昨日、紹介した教育部長さんが
瞑想会をしたときに
参加した修練生の証しを紹介します。


瞑想を通して、「神様が私を創った ・・・」という実感が
初めてのことのように湧いてきました。
私の寂しさ、苦しみ、これまでの人生の喜び、
全てが神様がともに感じて歩んで下さったことだったと、
そして最後は安らぎを感じました。


私と共に涙を流し、傷つき血を流して
私と共にいて下さった神様が
いつも霊的に包んで下さっていたんだと感じることが出来ました。
罪を許されることで、
心を縛っていた鎖のようなものから
解き放たれたように感じて、軽くなりました。
12分でこんな体験ができて、本当に良かったです。


瞑想では、神様とご父母様の孤独な世界が痛いほど感じられ、
その後神様と父母様から降り注がれる愛を感じ
親孝行したい思いになりました。


自分の罪をどのように神様が見ておられたのか、
神様の立場に立って自分自身を見つめてみることで、
神様の心情を感じることが出来ました。
許されている私を感じました。
ずうっと私を苦しめてきたものから解かれました。



まだ、学び始めたばかりのメンバーが
神様を感じて、感動しています。
私に働かれる神様がおられる
そのことを信じていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 21:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする