2014年06月24日

伝道最前線!! 雨のち晴れ、時々迫害?! <統一教会人は、日本人じゃない?!>


10154304_771538272880959_4951624199396602688_n.jpg
☆スイスでのお母様☆


すべて一つの目的のために
一つのみ旨のためにです。
そのために一つの基準を立てて
勝利を誓ってきたのです。




毎週の路傍伝道。台風の時もありましたし、
寒い時期を越え、これからは、暑さが厳しい時を迎えます。
今は梅雨の季節ですが、
ここ何回か、私たちが伝道する時間だけは
雨も小休止してくれているようです。

さて、先日のこと、ちょっとした迫害がありました。
怒鳴ってくる人がいて、婦人が攻め立てられていたので、
私が近寄ってみると、今度は私に文句を言ってきました。

「売国奴め!
統一教会なんて、出て行け!!
お前らは日本人じゃないのか!」

もうものすごい剣幕でした。
また、その勢いで、つばをかけられました。
一方的にしゃべりまくり、
言いたいことだけを言って、帰っていきました。
あまりの大声に多くの人が立ち止まり、
私たちの姿をみていました。

その方は、目が血走っているような感じでしたが、
私も冷静に対応させていただきました。

私は、こういう迫害があると、
ますます燃えてくるタイプですし、
また、かつての経験上、反対によい出会いがありますので
さらに頑張っていきたいと思っています。


私たちは、人類一家族実現を目指す
真の愛を持たれた人類の真の父母である、
文鮮明先生ご夫妻を「私の親である」 
そのように慕っております。

真の父母様は
ために生きる心情を持って、
全人類を愛していかれました。

世界の津々浦々で
真の父母様を慕い求め、
信仰を持つ人々が数多くおられます。

それぞれの文化・風習・言語
人種も、皮膚の色も違うのに、
神様と父母様を慕い、
み言を中心とした生活を送る者たちが
世界中にいるというのは、
本当に素晴らしいことです。

かつて、アーノルド・トインビーは
「高等宗教」という造語を発表しました。
高等宗教とは、「人間が宇宙の中と背後と
彼方にある超人間的存在と直接的、
人格的関係に入らせることを可能ならしめる宗教」
であると述べています。

まさしく、神様と人間の橋渡しとしての役割を果たすため
世界の人々を一つとするのが、
真の宗教と言えるのではないでしょうか。
それは、真の父母、祝福、原理(み言)を
ブランドとする、統一教会の使命でもあると思います。

私たち統一教会は、
世界中に広がっています。
私たちは、文先生ご夫妻を
韓国人だから慕っているのではありません。
人類の真の父母様であり、
私たち一人ひとりを分け隔てなく、
愛してくださっている、
そのことを実感しているから
慕っているのです。

海外の食口の方とも
最近、交流するようになりましたが、
共通の父母がいる、
そのこと故に心が通じる感覚があり、
とても慕わしい心情になります。

教会長が言われていました。
「なぜ、合同結婚式なのでしょうか?
それは、全人類が真の父母を中心として、
お互いが兄弟姉妹である、
そのことを認識する意味でも
世界中の国々から、たくさんの人が集まって
式典を開催するのです」

私は日本人ではあるけれど、
神様の子女であり、
真の父母の息子である、
そのことを胸に抱きながら
これからも頑張っていきたいと思います。


お父様のみ言

先生は前線で
あなた方を苦労させてきました。
本当に苦労させてきました。
先生も悪口を言われ
迫害を受けてきましたけれども
あなた方も悪口を言われ、
迫害されてきました。
それはすべて一つの目的のために
一つのみ旨のためにです。
そのために一つの基準を立てて
勝利を誓ってきたのです。
ですから
その基準の勝利を勝ち得た時の栄光は
個人のものではなく、全体のものです。
それゆえに
あなた方の栄光として連結されるのです。


愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



2014年06月23日

(証し)妻と子が救われた?! ご父母様は霊肉の生命の恩人!! 〈777双飯野先生の場合〉


10500283_771666196201500_6462916315510552963_nSwitzerlandMay2011.jpg
☆2011年スイスにて☆


真の父母様という方は、
霊的な命を守ってくださるだけでなく、
肉的な命も守り、
保護してくださる方

(私たちは)真の父母様の
深い愛を陰に陽に受けているのです。
父母の愛は抽象的なものではなく、
非常に具体的で、実体的なものだからです。



昨日、阿部先生の証しを掲載しましたが、
ニュースレターには、毎回777双の
大先輩の証しが掲載されています。
ちょっと過去の回を見ましたら、
飯野貞夫さんの証しがありました。
心に残るものがあったので、紹介します。



「私の出会った文先生」 
〜真の父母様の愛によって救われた妻と子供〜

777双祝福10周年を迎えた頃、
私は家庭会の初代会長をしていました。
そのため、真の父母様(文鮮明師ご夫妻)に差し上げるために
各家庭の写真を集めてアルバムを作り、
ドイツにおられた父母様のもとを訪ねました。

父母様はアルバムの中の写真を懐かしそうにご覧になったのですが、
私どもの写真をご覧になるや否や、
「絢子はどうしているのか?」と尋ねられました。
「はい、家を出る時には
『今日、病院に行ってみる。ひょっとしたら妊娠したかもしれない』
と言っておりました」とお答えすると、
「絶対安静にさせないといけない。
すぐに連絡をして、安静にさせなさい」とおっしゃいました。

私は真のお父様(文鮮明師)のそのみ言を聞いて、
少なからず当惑しましたが、お父様はさらに、
私をびっくりさせるような指示をされました。
当時、その場に一緒にいた責任者に
「君は日本に帰ったらすぐに一人女性を
飯野の奥さんのために配置するように!
絶対安静にしてあげないといけない。分かったの!」
と強烈に語られたのです。

私の妻はその頃44歳だったため高齢出産に該当し、
既に2回流産をした経験があるほど、体が弱い状態でした。
それでも、妻は巡回師として全国の修練会を駆け回っていたため、
自分のことをかまっている余裕がありませんでした。
このことは真の父母様に報告したことはなかったのですが、
妻の写真をご覧になった瞬間、
お父様はすべてを御存知のようにみ言を語り、
指示を下さったのです。

もしあの時、お父様が私の妻の状況についてみ言を語られなかったり、
ただ「安静にするんだよ」とだけ言われたならば、
妻はそれまでと同じように無理をして、
結局、3回目の流産をしたことでしょう。

ところが、お父様が具体的に、
妻の面倒を見る人を立てて配置しなさいとまで指示され、
配慮してくださった以上、
妻もそのみ言を真剣に受け止めざるを得ず、
おかげさまで無事に3番目の子女を授かることができました。

実は昔、妻が病気だった頃にお父様から
「韓国の有名な医者の下に来て治療しなさい」と言っていただき、
2か月ほど韓国に滞在しながら集中治療を受け、
妻の命が救われたことがありました。
しかし、今回は妻の命だけではなく、
子女の命まで真の父母様が救ってくださったのです。

真の父母様という方は、霊的な命を守ってくださるだけでなく、
肉的な命も守り、保護してくださる方なんだと心から感謝いたしました。

ところで、真の父母様は私たちが立派だからと、
このように特別な愛を施してくださったのではありません。
祝福家庭が真の父母様の祝福結婚を通して「血統転換」されて、
神様の息子娘として生まれ変わったため、
そのような真の父母様の深い愛を陰に陽に受けているのです。
父母の愛は抽象的なものではなく、
非常に具体的で、実体的なものだからです。

ただ、私たちが必ず悟らなければならないことは、
このような真の愛を持たれた真の父母様が、
神様の代わりに世界の祝福家庭と統一家の食口を
父母の心情で愛される路程の背後で、
御自身の直系の子女であられる子女様を犠牲にしてこられたという、
言葉で言い表せない胸痛い事情が隠されているということです。

これまで私たち祝福家庭は、
真の家庭に侍る基準を正しく立てることができませんでした。
天と真の父母様の前に不孝者であったことを告白せずにはいられません。

真のお父様の聖和(逝去)以降、私たちの家庭は、
「神様と真の父母様が私たち統一家の祝福家庭に願われる内容を
実体的に成就してさしあげる家庭になろう」と決意しています。
神様と真の父母様によって、
私の命である貴い妻と子女が守られたとするならば、
今度はその受けた恵みをお返しする番だと思います。



飯野(いいの)さんは、お父様に
「いいの? 悪いの?」
とジョークを交えて、声をかけられ
そのこともあって、名前を良く覚えられている
そのように聞いたことがあります。

それにしても、お父様は霊的に敏感であると思います。
さらには、私たちを本当の子供として
見つめてくださっているのだと感じます。

親が子供として見つめておられるのなら、
私たちは子供として、親に対して
どのような態度で接するべきでしょうか。

親の願いを受け、親を喜ばせること、
やはり、親孝行の道を歩むことなのだと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

(証し)愛する者の心に飛んで来られるお父様!! <直接ご父母様に侍って〜阿部知行先生>



10407064_292801110897068_5316650417822251698_n.jpg


愛は通ずるんだね。
先生を慕っている兄弟姉妹が
世界に大勢いることを知っている。
先生の心はその兄弟姉妹の
愛のあるところへ飛んでいくんだよ。




今日は本部で発行している
ウィークリーニュースの中から、
777双阿部知行先生の証しを紹介します。

題目は、
「私の出会った文先生 〜直接侍る中で見た精誠の生活〜」です。


1980年秋、妻が訪韓した折に突然、
真のお母様(韓鶴子総裁)が
「日本の食口(教会員)夫婦が真の家庭に仕える時が来た」
とおっしゃり、不足だらけの私たち夫婦が、
その任にあたることになりました。
今よりも韓国の人々が日本に対して厳しかった時のことです。

私がお側で見たお父様(文鮮明師)は、涙の祈りの方であり、
また愛と許しの方でした。

公館では、真の父母様(文鮮明師ご夫妻)の声がドア越しに、
何かははっきりと分かりませんが、聞こえてくることがありました。
祈りのような声、また英語を勉強しておられるような声、
み言を読んでおられるような声などです。

お父様は、「一瞬懸命」に生きられる方であり、
また何事においてもよくよく準備される方であることを知りました。

ご父母様のお部屋からはそうした声が午前1時、2時まで聞こえるので、
侍る者としてはその前に眠ることができません。

真の父母様に侍るということは本当に大変なことだと身をもって知りました。
正直言って、心は嬉しいけれど、体がついていかず、
私は日中ぶざまに大の字になり寝入っている姿を、
お母様に見られる失態まで犯したこともあります。

お母様は実に52年という長い間、お父様に付き添われました。
本当にお母様も偉大な方です。

お父様は愛と許しの方でしたが、特に日本の食口を愛されました。
お父様は

「愛は通ずるんだね。
先生を慕っている兄弟姉妹が世界に大勢いることを知っている。
先生の心はその兄弟姉妹の愛のあるところへ飛んでいくんだよ」


と言って絶句され、顔を上げてどこか遠くを見つめながら涙を流され、

「先生の心は飛ぶんだね。
先生を求める者、先生を愛する者たちのところへ。
日本の兄弟姉妹たちは先生のことを本当に愛している。
だから先生はその人たちを思わざるを得ない」


と語られたことを忘れることができません。
私はそのような場面を何度も見聞きしました。

またお父様は、献金にどれほど食口たちの精誠が
込められているか分からないと言われ、
ご自分の生活は本当に質素にされ、
タオル1枚も粗末にされませんでした。

お父様は、食口たちには本当に優しい方でしたが、
指導者たちに対しては、時にはたいへん厳しく接しられ、
お叱りになる時は歴史の重みを感じて思わず震えるほどでした。

愛のお父様も、神様の願いと摂理の時に合わせるため、
食口たちに大変な任務をどうしても与えなければならない時があります。
お父様はその任を受ける食口たちのことを思われ、
食口たちに発表される前、ご自分の部屋で涙を流し祈りに祈った上で、
出て来られるのです。

そのような時、真のお母様がどれほどお父様を慰め、
励まされたことでしょうか。
お母様は、お父様に優しくそっと寄り添って、
手を握り合いながら出て来られ、
本当にご自身ができる精一杯の努力をしておられました。
 
そして、食口たちの前に立ったお父様は、
堂々と天の威厳と権威をもって、語り続けられたのです。

愛する者の心に飛んで行くとおっしゃったお父様は、
聖和(逝去)されても、慕う私たちの心に飛んで来られるので、
私たちはお父様の愛にお応えして、勝利していきましょう。



お父様の日本食口を愛する心情は、
阿部先生が語られる如く
「聖和(逝去)されても、
慕う私たちの心に飛んで来られる」
のだと思います。

また、実体がないお父様なので、
本当に心情が近ければ、
直接私に飛んでこられるに違いありません。

私の知っている方で、
お父様が聖和された年の11月から今月まで、
連続20ヶ月、月3回以上、
真の父母様の夢を見ているという方がおられます。

「この20ヶ月、私は真の父母様の映像を毎日見続けました。
一日に何度も再生する日がありましたので、
特にお父様の映像は、1000回以上は見てきました」
と、言われていました。

地上におられるお母様
そして、霊界におられるお父様を慕いつつ、
父母様に侍る生活を捧げていきたいと思います。


ちなみにお父様の映像とはこちらです↓



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする