2014年06月21日

韓国メディアが注目! 私たちは日韓の架け橋になれるか?!


securedownloadh.jpg


神はこの日本列島のこの地に、
日本の国とその国民を立たせて今まで守ってこられました。
特に第二次世界大戦後において、
世界史上にかつてない祝福を恵まれた国があるとするならば、
それは日本以外にはありません。
それは、日本の努力もありましょうが、その反面、
神の保護と祝福と愛が多かったことは言うまでもありません。


1974.5 文鮮明先生



先日行われた
「東北アジアの平和のための平和大使日本研修」
(主催・韓国UPF=天宙平和連合)
韓国から約40 人の平和大使が来日し、
私たちの教区でも歓迎会を開きました。

韓国のメディアが多数同行して記事を書いたそうで、
ニュースレター最新号に掲載されています。

そのうちの一部を紹介します。



まず、「韓国経済新聞」(電子版)5 月21 日付は、
研修の開会式であいさつした
尹晶老・韓国UPF 会長の言葉を引用しながら、
UPF の取り組みを次のように紹介
しています。

「分断国家である韓国で始まった“平和運動”を、
東北アジア、全世界に輸出するのが目標です。
これから非政府組織(NGO)平和運動の
韓流時代を開いていきます」

「全世界が領土、経済、政治などの
各分野において壁を崩しています。
・・・・・・グローバル時代において、
UPF は世界の人々の出会いと交流の場を用意し、
人間中心の平和運動を伝播していきます」

そのうえで、同紙は
「UPF は、国連経済社会理事会の特別諮問機関として、
国家と民族、宗教、理念を超越し、
汎世界的な平和運動を展開するNGO 団体である。
2005 年の創設以降、世界193 カ国に支部を置き、
教育、奉仕、平和大使活動などを進めている」
と報じています。

日韓関係が、1965 年の国交正常化以降「最悪」と言われる中、
韓国メディアの関心も両国関係に注がれています。

大手通信社「NEWSis」は5 月23 日に配信した
徳野会長へのインタビュー記事の中で、
統一運動が「韓国と日本の関係回復のためにも
先頭に立つ計画である」と説明。

そのうえで、「(徳野会長は)
『日本国民は、韓国人に対して悪い感情はありません。
K-POP の影響もありますから』としながら、
(2018 年の)『平昌冬季オリンピックが良いチャンスだと思います。
しかし、その前に機会さえあるなら、
早く日韓関係が回復してほしいです』と願った」
と述べています。
 
一方、今回の研修に参加した韓国メディアの記者たちは、
徳野会長の韓国語能力もさることながら、
韓国に対する深い愛情に感銘を受けたようです。

韓国経済新聞(電子版)5 月21 日付は、
「徳野会長は流暢な韓国語で歓迎の辞を述べ、人目を引いた。
韓国に対する並々ならぬ愛情も露わにした。
彼は『7 カ月間、韓国に留学して韓国語を学びました。
特に“秋の童話”、“夏の香り”、“朱蒙”などの
韓国のテレビドラマを見ながら、
韓国の文化、歴史、国民性を学ぶことができました』と語った」
と伝えています。

5 月23 日配信のNEWSis は、
徳野会長が韓国ドラマを通じて
韓国の情緒についての理解を深めたと説明したうえで、
次のような徳野会長の言葉で締めくくっています。

「(全国の牧会者の)3 分の1 は韓国人です。
大部分が日本人女性と結婚した人々です。
韓国の国民性、文化を理解できなければ、
彼らと一緒に働くのは簡単ではありません」

「(統一教会を生み出した)韓国文化の精神を受け継ぎ、
天国文化をつくらなければなりません。
そのためには、文総裁の核心的教えを
より深く理解しなければなりませんから、
韓国語の勉強も必要となります」



私たちの活動は韓国メディアに注目していることがよくわかります。

また、メディアの方たちもこういう記事を取り上げるということは、
本当に韓国と日本が一つになることに関心があり、
それを願っているのではないか、と感じます。

さらには、反日・嫌韓が叫ばれる昨今ではありますが、
こういう時だからこそ、私たちが本領を発揮し
立ち上がれなければならないと思います。

また、このようになっているのは、
何より、私たちの責任ではないのだろうか・・・
そんな思いにもさせられます。

路傍伝道では、『統一教会です』と元気良く叫ぶと
「韓国で生まれた宗教が何で、日本に来てやってるんだ!」
そのように大声で返してこられる方もいらっしゃいます。

しかし、徳野会長が言われるように
韓流ドラマは根強い人気があります。
うちの妻も未だに見ているようですが・・・

韓国の平和大使・日本研修。
「その最大の狙いは、民間交流を通して、
冷え切っている日韓関係を改善させる糸口を探ることです」
と綴られていました。

私たちもそのことを意識しながら、
伝道活動に取り組んでいきたいと思っています。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流、韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

三つのブランドを誇れる私になっているか?! 〜他宗教信者から見た私たち〜


1469916_764704786878458_1594061695_n[1].jpg


統一教会三つのブランドは、
「真の父母」「祝福」「原理・み言」です。
何ものにも変えがたい、最強のブランドです。
そして、そのブランドを述べ伝えるのは「私」です。

さて、そんな「私」は、ブランドを誇れる「私」なのだろうか。。。
二つの話をしたいと思います。


うちの教会の婦人の知り合いで、
とても霊的な方であり、
またある宗教に入っている方を
何としても伝道したいと思っておりました。
あるきっかけで教会長と話す機会を持つことが出来ました。

その方は、次のように言っていたそうです。
「統一教会は素晴らしい宗教だと思います。
でも疑問が出てきます。
信者の人たちは、本当に先祖供養をしていません。
私にはそのように感じます。
私は以前、創価学会の信仰を持っていました。
いろんな奇跡が起きました。
どれだけ、熱心に真剣に勤行をあげたでしょうか。
『南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経・・・』
本当にそのたった7文字に全身全霊を込めるのです。
そこまで皆さん、熱心に祈っていますか?
私はあまり感じないのですが・・・」

教会長も「おっしゃる通りです。
本当に恥ずかしい限りです」
そのように話されたそうです。



路傍伝道をしているある日のこと。
二人組の西洋人に韓国婦人会長が話しかけていました。
ネクタイ姿の青年です。
これだけ書けばわかるかと思いますが、
彼らはモルモン教の青年です。
そのあと人数が4人に増えました。
韓国婦人会長はそれでも主管していましたが、
「助っ人にいってくる」
教会長が入っていかれました。

彼らの中には、日本に2年間住んでいて、
日本語が本当に堪能な青年もいました。
婦人会長は祝福の価値を訴えていたようでした。
しかし、教会長はこのように言われていました。
「彼らには、統一教会は目じゃないのでしょう。
自分の信仰に自信を持っている感じでしたね」

伝道活動を終え、所用があって
夕方、駅に行くと彼らが青年と話していました。
すなわち、伝道をしていたのです。


私たちには三つのブランドがあっても
最終的には、そのブランドを証しする
「私」自身が、自信にあふれ、
確信を持って、み言を伝えているでしょうか。
まだまだ足りないのではないかと思います。

教会長はよく「本気でやっていますか!」
そのように私たちを叱咤激励してくださっています。

私が本気になれば、
時代の恩恵圏、勝利圏が違うので、
必ず導かれるのです。


お父様のみ言

国境撤廃にも
国連の国境撤廃、
宗教の国境撤廃、
地獄と天国の国境撤廃があります。
また、撤廃するにおいては、
偽りの父母がそれを作ったので、
真の父母以外には
それを成す人がいない、
というのが事実です。
神様もできず、サタンもできません。

愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2014年06月19日

(証し)かつて拉致監禁をし棄教を迫った両親が、統一教の祝福式に参加!?


10432960_663983277021547_1716436469133599587_n[2].jpg


昨日、統一教会三つのブランドを紹介しました。
そのうちの一つに祝福があります。
先月、新潟教区では、教区全体が取り組む中で
127組の祝福式を行いました。
そのうちの一組の証しを紹介します。

何と、以前、拉致監禁をした父母が
祝福式に参加した、という証しです。


10 年前から、両親の祝福を願い、
祈願書も書きながら取り組んできました。

私は、大学生2年の時に東京で復帰されました。
卒業式の日、母に「東京見物したいから、ドライブしようね」
と言われて、そのまま高速道路に乗り、
新潟の実家近くの借家で40 日以上監禁されました。

反対牧師や親戚、家族から毎日脱会を迫られる中、
何とか偽装脱会し、解放されました。
しかし、両親に監視され続けた事と
自分の弱さから教会を離れ、
再復帰されるまで12 年かかりました。
その間、一般の方と結婚し、子供を授かりましたが、
その子のため、蕩減復帰をかけて、
神様、真の父母様を求める生活が始まりました。

教会に戻ってから、夫にも信仰を反対され、
8年間無視されました。
それでも既成祝福の道を諦めず愛しましたが、
夫は教会の話に一切聞く耳を持たず、反対し続けました。

関係が悪化してから半年間、
私は離婚を回避するためあらゆる努力をしましたが、
帰宅すると「早く離婚届に印を押せ!
この家から出ていけ!」と責められる毎日でした。

神様に尋ね、泣きながら祈りました。
時には、すべてを投げ出したい気持ちになりましたが、
子供の親権を取るために必死でした。

結局、その年の暮れに調停で離婚が決まりました。
どのような結果でも感謝しようと心に決めていましたので、
不思議と悲しさはありませんでした。
かえって、公的な歩みを通して、子供の運勢だけは守ってあげたいと、
仕事を持ちながら、必死に公務をやる決意で出発しました。
そのようなどん底の中、今年2月に大きな変化がありました。
両親に夫婦セミナーの参加をお願いすると、
意外にも父から「いつも世話になっているから、
一度だけは参加してやろう。お母さんは俺が説得してやるから」
と初めて教会のイベントに参加しました。

現実的には、2カ月後の教区主催の祝福式参加は
簡単ではありませんでしたが、
絶対にこのチャンスを逃さず、
両親に祝福を受けてもらいたいとの思いから、
「とにかく、もう一度だけ、教会のイベントに参加してほしい」
と前日までお願いました。

いよいよ祝福式の当日、高速道路で会場へ向かう車の中で、
しんみりと色々な話をしながら、ふと、
大学の卒業式に高速道路に乗って拉致監禁された私が、
ちょうど21年後に今度は、
両親を高速道路に乗せて祝福式に向かっているのだと気づき、
原理原則の蕩減復帰の道を実感しました。

会場では宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長夫妻から
たくさんの恵みを頂き、
背後にいらっしゃる真の父母様の溢れる愛を感じました。

帰り道、満開の桜並木道をドライブしながら、
母の希望で「お父さんと瓢湖(ひょうこ)で白鳥が見たい」
という願いを聞いてあげました。
「40年経って、やっとお母さんの願いが叶った!」
と本当に喜ぶ母を見て、父も嬉しそうでした。

奇跡の連続のこの数か月は、
正に霊界の導きの連続でもありました。
苦痛と悲しみを越えた後に、
たくさんの願いを果たしてくださった神様、真の父母様、
興進様、大母様に心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

(日本統一運動ニュースレター第31号より)



拉致監禁されたあとも、ご主人からの無理解と反対にも遭い、
相当な困難を通過されたと思うのですが、
本当によく乗り越えてこられたと思います。

実は、先日、後藤徹さんを中心とした、
拉致監禁被害者の会がありました。
そこで、この方の証しが紹介されたのですが、
参加したメンバーはみんな刺激を受けていました。
今は時代が違うので、氏族復帰に対しても
私たちが決意して取り組めば、必ず導かれる
そのことを確認しあいました。

お父様は霊界から、
私たちの勝利を信じて、
見守っておられるに違いありません。
今まで以上に霊界の協助圏、恩恵圏が違うということ、
お父様を証しする意味においても
氏族復帰を勝利しなければならないと感じます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする