2014年06月04日

ネットを通じて善を発信、神を伝える! 「サイバー宣教師」


AnR54jSCQAAU5ec.jpg
お母様の日本講演をインターネットで
ご覧になるお父様2011☆


人類は、どのみち一つの家族になります。
現代科学の目覚しい発展も、
一つの地球村家族を編成していくことを
後押ししています。




おとといのことになりますが、
6月2日をもって、このブログも
5年目を迎えることになりました。

4年間もよく続いたと思います。
また、続けることが出来たのは、
いつもサポートをしてくれる妻のおかげです。
本当にありがとうございます。


余談ではありますが、
公務において、苦しくて
どうしようもない時がありました。

このまま身を引いたほうが、
公的にもいいのではないか、
個人的にも重荷から開放されるし・・・
そんなことを思ったときもありました。

もちろん、誰にも相談できないのですが、
唯一、妻にだけは、ぽろっと漏らしました。
妻は、普段は悠然と構えているのですが、
肝心なときには、鋭さを発揮します。
「アベルから言われていないのなら、
自分からは絶対『辞める』と言ってはいけない」
それで、公務を降りることを回避したことがありました。

このブログもそうです。
苦しいときが何度かありました。
やはり、こういうときには、妻に話してしまいます。
そして、うまく丸め込まれて(笑)、継続しています。


先日、韓国では
「サイバー宣教師」なるものが出発したそうです。



ユ・ギョンソク会長は、サイバー平和運動本部の
発団式において、
「子供たちは外から知るよりも
仮想世界(インターネット)で知ることが多い。
仮想空間を新たに善主権、
善による占領をしなければならない」と、
サイバー宣教師の重要性を強調されたそうです。


ユ・ギョンソク会長が言われるとおり
子供たちは実体験で学ぶことが減り、
インターネットに通じて、多くの影響を受けています。
それは、うちの子供たちを見ても、よくわかります。

我が家では、中学生のときまでは、
携帯電話は禁止しています。
長男は、中学3年生のときに
本人と、クラスの成績が一番の親友
その二人以外は、みんな
携帯かスマホを持っていたそうです。

そのことを知ったのは、長男が
高校に入学の前になって
スマホを買い与えたときのことでした。

スマホを買った日のこと。
「おめでとう」
「いいスマホ、買ってもらったね」
そんなメッセージが届くかと思うと、
すぐにLINEが始まって、夜遅くまで
メッセージを交換するようになりました。

高校では、スマホ・携帯を持っていない人は
ほとんどいません。
スマホを持っていない人も、「遅れてる」という状態です。

さらに、クラスや学年のLINEがあって、
その日の、授業は何か、スケジュールは何か、
学級委員長とか、委員会の人がメッセージをくれるそうです。
書類を失くす天才の長男は、
日課表をすぐに失くしたというのに、
毎日の予定はLINEでチェックできるので
困ることがありません(笑)。

さらに、中学生になった次男の学年でも
学校では許可されていないとはいえ、
すでに携帯を持っていない方が
少数派になっているようです。
私達の学生時代とは天地の違いです。

こんな時代ですから、
「ネットを見てはいけない」という方がおかしいでしょう。



PeaceTVでも、「一秒生活圏時代」と言われて、
『True Peace マガジン創刊号(E-BOOK)』 が発刊されました。
(日本語でも読むことができます。)

以下、ファミリーフォーラムのURL
http://www.familyforum.jp/2014060130866

韓国ではこのように取り組んでいますが、
率直に言って、日本においては
まだ出遅れているのではないでしょうか。

ブログは、インターネットを介して
全国、全世界に発信されます。
数多くの方に読んで頂いています。
本当にありがたいことです。

「継続は力なり」
これからも、今の責任分担が続く限りは(?)
頑張っていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする