2014年06月12日

(証し)親子の心情を結べなければ離れるかも! 《真の父母との出会い〜佐藤のお母さんの場合》前編


securedownloada.jpg


教会長は、毎日のように
「今は本当に貴重な時です。
真の父母様と生きて共に歩めることが
どれだけ感謝かわかりません。
一日一日を、一瞬一瞬を大切にしましょう」
そのように語られます。

伝道の出発式の場で頂けるみ言や
証しに力を得て
日々、歩む活力にしています。

そんな中で、CIGのメンバーが
ホームチャーチで勝利している
佐藤のお母さんの証しをしてくれました。

また、証しの記事も見つけることが出来たので、
特に感動したところを紹介します。



真のお父様と“親子”の出会い


私が最初に真のお父様とお会いしたのは、
一九七一年八月に訪韓したときです。
そのとき、日本から百二十人が韓国に渡りました。

そのとき私は、初めてメシヤにお会いするということで、
とても深刻になっていました。
メシヤについて、「原理を解かれたかたである。」
ということは理解していましたが、
「そのかたが自分の命の親であり、絶対的なおかたである。」
ということが、心情的に理解できていなかったからです。

一緒に歩んでいる兄弟たちは、祈るときに、
真のお父様を慕って「お父様、お父様。」と泣いて祈ります。
ところが、私はそのような心情にならなかったのでした。

そのとき私は、み旨の最前線で歩んでいましたが、
“立てられるだけの条件を立てよう。”と思いました。
そして、「メシヤと私が、肉の親子以上の
心情の因縁を結ぶことができるように。」と祈りました。

さらに四十日間以上、四十杯の水行をしたり、
毎朝四十分の祈祷をしました。
また、四十時間断食を何度も行いました。
そして、『原理講論』を一日に三ページ、
毎日絶対に欠かさず訓読したのです。

み旨の最前線で歩んでいたので、目標を達成しなければ、
夜の十二時まで歩むという条件を、
一週間ごとに立てるような闘いもしました。
真のご父母様に初めてお会いするために、
自分でできるあらゆる条件を立てて臨んだのです。

一生懸命に条件を立て、
“もし、これで親子の心情を結ぶことができなければ、
私は離れていくかも知れない。”とまで思いました。
ですから、私はとても深刻な思いを抱いて韓国に渡りました。

韓国に行くと、一緒に行った兄弟姉妹たちは
「お父様、お父様。」と言って、真のご父母様を慕うのです。
そのとき壮婦が、六、七人いました。

そのかたたちは、伝道されて三年以上はたっているかたたちばかりで、
私のようにただ言われて来たのではなく、
みんな求めてきている人たちでした。

九里市の水澤里の中央修練院で、初めに修練会が行われました。
私はそのとき、メシヤというおかたは、
私のお父様というように心情的に近いかたではなく、
恐ろしいおかたであると感じていましたので、
ずっと後ろのほうの席に座って「原理」を聞いていました。

真のお父様は、朝六時ごろに私たちの所に来られました。
そして「お父様は、これから清平に行くよ。
二、三日は帰ってこないから、皆さんは一所懸命、頑張るんだよ。」
とおっしゃったのです。

すると兄弟たちは、「お父様、それはいやです。」とか、
「歌を歌ってください。」とお願いするのです。
私には、そのようなことをお願いする
心情的な余裕も因縁もありませんでした。
真のお父様は、そこで歌を歌われて出て行かれました。

私は、“どんなことをしても、真のお父様と
親子の心情関係を復帰しなければ、離教するかもしれない。”
と深刻に考えていましたので、
修練会で「原理」を一生懸命に学びました。

数日後のことです。
柳光烈先生から「統一教会史」を、初めて聴きました。
そのなかで、興南における真のお父様の路程を聴いたとき、
涙が滝のように流れて止まらなくなったのです。

四十度の発熱にもかかわらず、真のお父様は硫安の袋をかつがれ、
絶対に休まずに働かれたというような話を聞いているうちに、
私はだんだん“自分が偽り者だ。”と思うようになりました。

私たちのために苛酷な強制労働をされたかたが、
真のお父様であると分かったときに、
“この人が親でなくて、一体だれが親だろうか。”と思ったのです。

そのときに、“何があったとしても、自分は命をかけて、
このかたについていこう。”と決意したのです。
そのときは、恥ずかしいほど号泣しました。

真のお父様が朝、出発されたのですが、
午後二時ごろに戻ってこられたのです。

そのとき真のお父様は、聖進様のお母様の証しをされました。
聖進様のお母様も大変な歩みをされましたが、
真のお父様は「この世で、聖進様のお母様ほど
先生を愛した女性はいなかった。」と言われました。

その当時、私は夫と外的には別々に
生活をしながら聖別生活をしていました。
心の中では、“この人は主人である。
主人はおとなしい人だからめったに会わないけれども、
心情的には仲が良く、苦しいときでも
話せばすべて分かってくれる。”と思っていました。

ところが、“このようにどんなに愛していても、
どんなに慕っていても、それはサタンを中心とした夫婦であるならば、
ここではっきりと分別しなければならない。”
ということが分かったのです。
それで、真のお父様が語られたときに、
自分のことを語っていらっしゃると思ったのです。

真のお父様は、「聖進様のお母様は、もし先生が傷を受けたなら、
自分のももの肉を切り、張りつけてあげたとしても
惜しくないほど先生を愛したんだよ。その女性と別れたんだよ。」
と語られたときに、私は耐えられなくて泣きました。

そのとき真のお父様は、突然、
「佐藤、いるだろう。」と言われるのです。
私は会場の後ろの方にいました。
後ろにいたのは、献身的に歩み始めたばかりで、
私は何の役にも立っていないと思っていたからです。

しかし、自分に向かって言われているということが分かったので、
私は恐る恐る、「はい。」と返事をして立ち上がりました。

「おまえ、名前は何と言うのか。」
「久江と言います。」と申し上げると、
真のお父様は、「もうこの女は汚くて、どうしようもない女だ。」と、
本当にどうしようもないというように言われたのです。

子供のころから、私はとても体が弱かったため、
母親から愛されて育ちました。
引き付けを起こしたりするために、
中学生になっても、母親に抱いて寝てもらっていたほどでした。
ですから母親は、私をたたくようなこともなく、
しかるようなこともしませんでした。

真のお父様の叱責のみ言を通して、
“このかた(真のお父様)は、私が生まれる前から、
すべてご存じである。”ということが分かったのです。
そして、再び“このかたが真の親でなくて、
一体だれが真の親なんだろう。”と思いました。



聖進様のお母さん(第一のお母様)の証しを
聞いたことがありましたが、
お父様が佐藤のお母さんに語られていたのだと
初めて知りました。

それでも、分別しなければならなかったお父様でした。
聖進様とお母さんがボンネッコルに訪ねてきたとき、
そこにおられた金元弼先生は、
この人たちが誰なのか、知らなかったといいます。

基台を失い、父母として立つことが出来なかったので、
弟子たちに語ることが出来なかった真のお父様でありました。
そんな試練も全て越えてこられたのでした。

明日に続きます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする