2014年06月21日

韓国メディアが注目! 私たちは日韓の架け橋になれるか?!


securedownloadh.jpg


神はこの日本列島のこの地に、
日本の国とその国民を立たせて今まで守ってこられました。
特に第二次世界大戦後において、
世界史上にかつてない祝福を恵まれた国があるとするならば、
それは日本以外にはありません。
それは、日本の努力もありましょうが、その反面、
神の保護と祝福と愛が多かったことは言うまでもありません。


1974.5 文鮮明先生



先日行われた
「東北アジアの平和のための平和大使日本研修」
(主催・韓国UPF=天宙平和連合)
韓国から約40 人の平和大使が来日し、
私たちの教区でも歓迎会を開きました。

韓国のメディアが多数同行して記事を書いたそうで、
ニュースレター最新号に掲載されています。

そのうちの一部を紹介します。



まず、「韓国経済新聞」(電子版)5 月21 日付は、
研修の開会式であいさつした
尹晶老・韓国UPF 会長の言葉を引用しながら、
UPF の取り組みを次のように紹介
しています。

「分断国家である韓国で始まった“平和運動”を、
東北アジア、全世界に輸出するのが目標です。
これから非政府組織(NGO)平和運動の
韓流時代を開いていきます」

「全世界が領土、経済、政治などの
各分野において壁を崩しています。
・・・・・・グローバル時代において、
UPF は世界の人々の出会いと交流の場を用意し、
人間中心の平和運動を伝播していきます」

そのうえで、同紙は
「UPF は、国連経済社会理事会の特別諮問機関として、
国家と民族、宗教、理念を超越し、
汎世界的な平和運動を展開するNGO 団体である。
2005 年の創設以降、世界193 カ国に支部を置き、
教育、奉仕、平和大使活動などを進めている」
と報じています。

日韓関係が、1965 年の国交正常化以降「最悪」と言われる中、
韓国メディアの関心も両国関係に注がれています。

大手通信社「NEWSis」は5 月23 日に配信した
徳野会長へのインタビュー記事の中で、
統一運動が「韓国と日本の関係回復のためにも
先頭に立つ計画である」と説明。

そのうえで、「(徳野会長は)
『日本国民は、韓国人に対して悪い感情はありません。
K-POP の影響もありますから』としながら、
(2018 年の)『平昌冬季オリンピックが良いチャンスだと思います。
しかし、その前に機会さえあるなら、
早く日韓関係が回復してほしいです』と願った」
と述べています。
 
一方、今回の研修に参加した韓国メディアの記者たちは、
徳野会長の韓国語能力もさることながら、
韓国に対する深い愛情に感銘を受けたようです。

韓国経済新聞(電子版)5 月21 日付は、
「徳野会長は流暢な韓国語で歓迎の辞を述べ、人目を引いた。
韓国に対する並々ならぬ愛情も露わにした。
彼は『7 カ月間、韓国に留学して韓国語を学びました。
特に“秋の童話”、“夏の香り”、“朱蒙”などの
韓国のテレビドラマを見ながら、
韓国の文化、歴史、国民性を学ぶことができました』と語った」
と伝えています。

5 月23 日配信のNEWSis は、
徳野会長が韓国ドラマを通じて
韓国の情緒についての理解を深めたと説明したうえで、
次のような徳野会長の言葉で締めくくっています。

「(全国の牧会者の)3 分の1 は韓国人です。
大部分が日本人女性と結婚した人々です。
韓国の国民性、文化を理解できなければ、
彼らと一緒に働くのは簡単ではありません」

「(統一教会を生み出した)韓国文化の精神を受け継ぎ、
天国文化をつくらなければなりません。
そのためには、文総裁の核心的教えを
より深く理解しなければなりませんから、
韓国語の勉強も必要となります」



私たちの活動は韓国メディアに注目していることがよくわかります。

また、メディアの方たちもこういう記事を取り上げるということは、
本当に韓国と日本が一つになることに関心があり、
それを願っているのではないか、と感じます。

さらには、反日・嫌韓が叫ばれる昨今ではありますが、
こういう時だからこそ、私たちが本領を発揮し
立ち上がれなければならないと思います。

また、このようになっているのは、
何より、私たちの責任ではないのだろうか・・・
そんな思いにもさせられます。

路傍伝道では、『統一教会です』と元気良く叫ぶと
「韓国で生まれた宗教が何で、日本に来てやってるんだ!」
そのように大声で返してこられる方もいらっしゃいます。

しかし、徳野会長が言われるように
韓流ドラマは根強い人気があります。
うちの妻も未だに見ているようですが・・・

韓国の平和大使・日本研修。
「その最大の狙いは、民間交流を通して、
冷え切っている日韓関係を改善させる糸口を探ることです」
と綴られていました。

私たちもそのことを意識しながら、
伝道活動に取り組んでいきたいと思っています。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流、韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする