2014年06月30日

(証し)怖い先生から、私の「お父様」へ! 〈ご父母様との出会い〜周藤先生の場合〉


img_1043030_44786918_0.jpg
☆1967年御来日☆


子として一番幸せなのは親と共にある時で、
親として一番幸せなのは子と共にある時です




昨日の記事で、少しだけ周藤先生の証しを書いたのですが、
周藤先生の導かれた証しを知りたくなりました。
先日、路傍伝道の証しは紹介していますが、
今回は、お父様との出会いを紹介します。
今から、50年近く前の、周藤先生が
お若い頃の話です。


一九六五年、初めて日本に先生が来られました。
その目的は聖地決定のためでした。
また、二回目に先生をお迎えしたのは、一九六七年で、
原理の相続ということが目的でした。

(最初の時は、)私は先生のことが全然わかりませんでした。
先生はすべてをお見透しだということを聞いていたので、
ただ怖かったのです。
ですから先生を見たかったけれど傍にも寄れず、
先生には見られたくなかったのです。
したがって、情的な因縁は何も結べませんでした。
先生が帰られた時は“ああ、良かった”とさえ思ったのでした。

しかし“私は何のためにこの教会に来たのだろう。
先生のために自分のすべてを捨てて来たのに、
先生が帰られたら、『ああ良かった』とは
いったい何たることか”と思ったら
すっかり基準が下がってしまいました。

先生は、『先生に会う前と会った後との心情の違いはどうか』
という話をされました。
私は三年間一生懸命やったつもりだったのですが、
結局何のためだったのかわからない、
という惨めな気持ちでその後二、三年は
ちょっとした影を持ってしまいました。


二回目は先生ご夫妻お揃いでおいでになりました。
夜になると先生が長い時間話してくださいました。

「二日間以上誰かと一緒に住んだら、
その人のために
自分の持っているすべてを上げたくなります。

自分は愛の気持ち(心情)を抑えることが
できなくて、苦しくなります」


私は愛情が湧いてこなくて苦しくなることがありますが、
先生は抑え切れなくて苦しくなるというので、
これはもう天地の違いを感じました。

修練会も終わり、先生が帰られることになりました。
その時は強烈なお話があって最後に、
「みんなやりますか!」と言われ、
皆は「ハイ、やります」と勢い良く答えました。

ところが、先生はそれでいったん去って行かれたのですが、
皆が立ち始めた時に、またその場に帰って来られたのです。
今度はなんだか雰囲気が違うのです。
今、激しい勢いで語られたのに、
帰って来られた先生はもう雰囲気が違うのです。

それでみんながまた座ると先生は、このような話をされました。

「子として一番幸せなのは親と共にある時で、
親として一番幸せなのは子と共にある時です。
しかし先生は行かなければならない。
兄さんはお父さんの代わりとなり、
姉さんはお母さんの代わりとなって、
下の者の世話をしなさい。
下の者もお父さん、お母さんの代わりに
兄さん姉さんに従って行きなさい」


そうしているうちに先生の目から涙が流れてきました。

私は“子は親を離れられるが、親は子を離れられないのだ。
だからまた帰って来られたのだ”ということを知りました。

その時、「二日一緒にいたら……」とおっしゃった
先生のみ言が実感としてわかったのです。
何人か泣いていた人もありました。
本当に短い話でしたが、『最愛の人』と
別れるような真剣な最後のみ言でした。

その後先生はお出かけになり、兄弟たちはそれぞれに散って行きました。
そして私は本部の先生のお部屋の隣りで仕事をしていました。
すると、フッと後ろの戸が開いたので振り返って見ると、
そこには先生が立っておられました。
私が、「先生お帰りなさい」と言うと、
先生は何もおっしゃらないで、ジーッと見ておられました。
その内に一言、「もうみんな行ったの」とおっしゃったのです。
私が「はい」と答えると、先生は肩をしぼめて出て行かれました。
その時の顔よりも言葉よりも、
先生の背中を見た時に私は何とも言えない気持ちになり、
先生の気持ちがよくわかりました。

先生は用事があって出かけて行かなければならないけれども
皆と別れられない、離れられない、
しかし先生は行かなければならなかったのです。
そして帰って来る時にも、
あれほど激しくみんなを追い出したのですが、
しかしある一面まだ、誰か一人でもいいから、
残っていてくれないか、また誰かに会えないだろうか
と思って帰って来られた先生だったのです。
その後ろ姿を見ながら、私は『お父様』と言って
飛びついて行きたいような気持ちでした。

その時に私は初めて先生の中にお父様を発見したのです。
それは原理を発見した方だからでもなく、
サタンを屈服した方だからでもなくただ愛のゆえに
先生がお父様であるということを感じたのです。
それから私の心情の世界が大きく変わり始めました。
私にとって先生との出会いが大きな心情の転機になりました。



周藤先生もお父様が全てお見通しであり
「怖い」と思っていた時があったのですね。

そんな周藤先生ですがアメリカに投入され、
さらには、水沢里を始めとして、
様々な修練会でいつもお父様の側で侍っておられました。

「周藤!」と呼ばれながら、
小さな周藤先生が「はい!」と叫ばれる姿に、
何か、暖かい雰囲気を持つことがありましたが、
その背後には、忘れることのできない
お父様との親子の出会いがあったのだと知ることができました。

信仰の原点を忘れることなく、
み旨に投入することが大事なのだと感じます。

1653691_597746046978604_373985531_n.jpg





応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする