2014年07月28日

(証し)私たちの教会の祝福式! この人たちは神様から私たちへの贈り物?!


1533850_10202026794845416_935663002_n.jpg


私たちの教会では、
毎月5〜6回、全体で路傍演説をしながら、
伝道活動をしています。
昨年末からですので、
もう8ヶ月以上になるでしょうか。

私や、韓国の婦人会長は、SNSを通して、
伝道活動の様子を紹介していますが、
婦人会長が全国、全世界の韓国食口に対して、
私たちの活動を報告する時間が決まっていて、
様々な事情で活動できなかった時に、
「今日はそちらから何の連絡もないですね。
今日は活動しないのですか?」
それくらい私たちの活動が刺激になり、
報告を楽しみにしているようです。

実は、先週も活動できないときがありました。
韓国婦人会長のところに「今日は、どうしたんですか!」
そういう報告もあったようです。
それだから、というわけではないのですが、
少しだけの時間、有志を募って、伝道活動をしました。

婦人会長は、いつも野菜を売っている
叔母さんのところに行きました。
いろいろと話す中で心打ち解けて話すことが出来、
そのあと、「うちの教会で祝福式があるんです」
そう話すと二つ返事で「いいよ」
ということで、祝福式の参加が決まりました。

実は、この叔母さん。
いろんな婦人たちが伝道しようと思って声をかけていました。
ある婦人は、自叙伝を渡し、
ある婦人は、講演会の紹介をしていました。

そして、しっかりと自叙伝も読んでいたそうです。
また、私たちの伝道活動もしっかりチェックしていました。
「ちゃんと演説したほうがいいよ。
今日はやらないのかい」
叔母さんのおっしゃるとおり、
この日は、私も教会長もいなかったので、
演説する準備まではしていませんでした。

行商を始めて37年。
当然、いろんな宗教団体からも声をかけられていました。
しかし、今回、初めて私たちの祝福式に参加されたのです。

ご主人とは離婚されていたということもあり、
実際はご本人だけの参加で
独身祝福という立場でありました。
自叙伝を読んだくらいで、
み言はほとんど聞いていませんでしたが、
それでも、意義と価値はしっかりと理解されていました。

式を終えて、食事をしながらの感想で、
「いろんなことがあった。
37年間行商をしていて苦労も多かったけれど、
神様がこの日を迎えるための37年だったと思う」
そんなことを話してくださいました。

私は司会をしながら、
叔母さんをはじめとした、「新郎・新婦」たちが
聖酒を飲む姿を見ながら、
「この聖酒一滴に、お父様の血と汗と涙がこめられている。。。
この価値を知っている者は、どれくらいいるだろうか。。。
そんなことを思わされました。

本来は、もっと国を動かすような人たちに
祝福の価値をわかっていただく必要があるのに、
まだ、私たちのような足らない者たちしか、
祝福を受けることが出来ないのが現実です。

もっと多くの人たちに祝福を受けていただけるように
取り組んでいきたいと思っています。



霊界も肉界も、愛に従って動きます。
縦的な真なる愛の主軸を中心として、
環境的条件は自ら自動的にリズムを合わせるのです。  
過去の人も、現在の人も、
永遠性を持つための資格は何でしょうか? 
人間世界で必要とするあらゆる欲求の要因は何でしょうか? 
それは真の愛です。
でたらめな愛ではなく、真の愛です。  
真の愛とは、縦横に通して九〇度どこに合わせても、
角度が合わなければなりません。
東洋の家、西洋の家、南の家、北の家、どんな家にも合い、
五色人種、文化背景、各宗教の背景が違ったとしても、
この道を共に行くことができてこそ、真の愛です。  
今日、この世の中には多くの人々が暮らしています。
しかし、統一教会で言う「祝福」の意味を知っている人は、
多くいません。
「祝福」という言葉は、統一教会で始まったものであり、
その「祝福」という言葉を中心として、
今まで祝福結婚の行事をしてきました。  
これから、人類はどこに行くべきなのでしょうか? 
全人類は「祝福」の門を通らなければ、
天国に行くことができません。
多くの人々はキリスト教を信じていますが、
その人々も「祝福」という門を通らずには、
天国に行くことができないのです。  
このようにいえば、キリスト教では、
「統一教会のレバレンド・ムーンは、
独善的な発言をする」と不平を言います。
このように言う人もいるかもしれませんが、
それはその人たちの言うことであって、
統一教会でいう「祝福結婚」は、
堕落した人類が必ず行かなければならない道なのです。
どれほど反対したとしても、霊界と肉界を連結して、
天国に入らなければなりません。
重大な問題は、この「祝福結婚」というものです。
 

「祝福と永生」
(98.02.02 四千万双祝福勝利歓迎および文鮮明先生御言訓読大会) より抜粋



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

ナイアガラは神の愛の奔流?! 〈米聖地巡礼ツアーGOD'S HOPE for AMERICA〉


moon_web_2269_s630x972.jpg


第24回七・一節 第18回七・八節
おめでとうございます。

久しぶりに、マイケル・バルコム米会長の
週刊ビデオメッセージを紹介します





皆さん、こんにちは。マイケル・バルコムです。
ご覧の通り聖地巡礼ツアー(GOD'S HOPE for AMERICA)は
ここナイアガラの滝に到着しました。
「そこに聖地はないのに」と不審に思う方もいるでしょう。
1965年の真冬にお父様は、まさにこの地に立たれて
氷点下の寒さにもかかわらず
長時間ナイアガラの滝を見つめておられました。
お父様は後に
「ナイアガラの激流は神様の愛の奔流を連想させる」
と言われました。

聖地巡礼ツアーは本当に感動的なイベントです。
どこに行っても神様の愛と臨在に圧倒されます。
そればかりでなく、真の父母様を近くに感じます。
また、各地で兄弟姉妹が愛をもって歓迎して下さり本当に感動しました。

しかし巡礼バスの訪問は決して終わりではなく始まりです。
本当の活動はバスが聖地を離れた時から始まるのです。
その瞬間から統一原理と真の父母様についての福音を伝え
伝道を続けることが重要なのです。
このツアーはそれを実践しやすいものにしてくれました。

人々に「神様のアメリカに対する希望は何だと思いますか」と聞く時、
ほとんどすべての人は何らかの答えを持っています。
GOD'S HOPE for AMERICA.orgという充実したウェブサイトや
他にも教材を準備しているので、
真の父母様について学ぶ事が簡単になりました。
嬉しいことに全国的に活動が勢いづいて活発になって来ています。
巡礼バスがすでに訪問した地域の人々も、
私達が交わした約束を忘れずどうか毎日、
最低一人の人に天の父母様の良き知らせを伝えて下さい。

(中略)

またアメリカから、過去10年20年の最高のエンターテイナーを主役にした
素晴らしいエンターテイメントを準備しています。
お父様とお母様が深く愛された愛国的な歌で構成されています。
聖和記念式典の8月12日をお楽しみに。
その約一カ月後の9月20日にはここアメリカでお父様を讃え、
その生涯と業績を記念する式典を行います。

先週の金曜日にコネチカット州ダンベリーに行ってきました。
お父様のダンベリー刑務所収監から30年が経ちました。
御存じかも知れませんが、お父様に対する
謝罪キャンペーンを行っています。
最低でも1万2千人のアメリカ人に、
お父様を公正に扱わなかった事を認める、
真のお母様に宛てた謝罪の手紙にサインしてもらいたいと思っています。

当時多くの宗教指導者をはじめACLU(アメリカ自由人権協会)や
他の団体も、お父様を狙い打ちにした不当な裁判であり
公正に欠くものであると認めていました。
もちろん監獄でお父様は勝利され、
他の囚人を導かれ宣教を続けられました。
そして出獄された時、キリスト教の基盤は
かつてないほどお父様を受け入れました。

しかし、そうであっても私たちと、
特に真のお母様にとって心の痛む出来事でした。
お母様は1日おきに幼い子女様を連れて面会に行かれました。
いまもその辛い時期を覚えておられます。
お父様が収監中に迎えた子女の日では
お父様の礼服を隣の席に置かれて、
お母様は堂々と式典を遂行されました。
「このような日が来て欲しくなかった」
とお母様は言われました。
30年が経過して遅すぎるかもしれませんが、
とにかくこの件に決着をつけることが重要です。
アメリカから公式な謝罪を得るため
政治、宗教指導者に働きかけていますが、
まずは我々自身、友人、平和大使、ACLCの牧師から始めます。
各地区1000名のサインを目標にしています。
一つの州当たりわずか200名から300名の割合になります。
ダンベリーでは1日で200名のサインを集めることができました。
この重要な供え物のために全てのメンバーが
一人当たり3人のサインをもらうようにお願いします。

聖地巡礼ツアー(GOD'S HOPE for AMERICA)は
明日クリーブランド、コロンバス、そしてデトロイト、
週末はシカゴ、セント・ポールを訪れます。
5週間経過して、終わりが見えて来ましたが、
神様の祝福とアメリカに対する希望はまだ始まったばかりです。
ニューヨーク、ナイアガラの滝からお伝えしました。
素晴らしい1週間をお過ごしください。
バスでお会いしましょう。


図1.gif


「ナイアガラの激流は神様の愛の奔流を連想させる」
お父様が自然を見つめながら、
神様の人間に対する愛の世界を
万物を通して、表してくださっている。。。
そんなことを感じておられたのだな、と思いました。

聖和2周年を迎えるために
43日間のツアーを通して、
精誠を捧げているアメリカの食口たち。

各地でのレポートを見ると、
キリスト教の牧師たちが
聖地祈祷会に参加され、
ともに歌い、祈りを捧げている場面に出会います。
さすが、アメリカだな、と感じます。

この43日間の精誠を土台として、
アメリカがこれからますます
発展していくことを心からお祈りいたします。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2014年07月26日

道徳の教科書は学校持出禁?! 教育に何かの思惑が働いている?!   


10374898_768129806541262_7153080110685566183_n[2].jpg


今年4月から新しく使われている文部科学省発行の
小中学生向け道徳教材「私たちの道徳」。

この教材は、文科省から全国通達で
家に持ち帰るように指導しているのですが、
世界日報の調査によると、
6月の時点では、何と9割の学校が家に持ち帰らないよう指導し、
さらに、今月の調査においては、
いまだに8割の学校が持ち帰らせていないことがわかっています。

道徳教材、依然8割超持ち帰らず
Vew Point(世界日報社)

下村博文文科相は7月11日の閣議後の会見で、
同教材が多くの学校で配布されていないことについて、
「7月8日付で都道府県教育委員会等に対し、
事務連絡を発出し、特に夏休みなどの長期休業に当たり、
本教材(私たちの道徳)を児童・生徒一人一人が持ち帰り、
家庭や地域でも活用していただけるよう指導をお願いした」
と述べ、3度目の通知を出したことを明らかにしたのだそうです。

私自身も軽率でしたが、
子供たちのランドセルを見ても、
道徳教材は見つかりませんでした。。。

うちの教会でも、道徳教材を家に持って帰っているのか、
小学生の子供を持つ父母たちに聞いてみました。

約20家庭の中で、いつも教材を家に持って帰っている家庭は、
たった一家庭のみでした。。。
また、持って帰ってきていない家庭の学校の担任の先生に、
持って帰らせない理由を聞いてもらいました。

先生のほとんどの回答が
『教室に、教材を入れるスペースがあって、
そこに置くようになっている』
とのことでした。
父母の中で、「うちは、持ち帰って、
一緒に読んでみたいのですが・・・」
そのようにお願いしたら、
すんなり持ち帰ることができたそうです。

また、中には、道徳の授業は
ほとんどやらずに、この時間は
遅れている教科の授業に当てている、
そのように答えた子供も複数いました。

ある地方議員が「うちの市ではどうなのか?」
そう思って、市の教育委員会に聞くと
「うちの市では持ち帰らせています」
そのように回答したらしいのですが、
実際の、子供たちへの調査によれば、
7件のうち、持ち帰っているのが1件のみ。
そのことを市教委に聞くと、
学校のアンケートを持ってきて、
「持ち帰っている」というところに
全部、○がついていた、ということでした。

文科省の指導がありながら、
学校側は無視している、ということですね。。。
しかもアンケートに嘘まで書いて提出するなんて・・・
ここまで書けば、何か、ある存在が
指導を無視するように働きかけているのではないか・・・
そういうことを疑わざるを得ません。

千葉県では、おそらく県知事以下議員さんたちの働きかけがあって
千葉県独自の道徳教科書を採用していて、
その本はとても内容も充実しています。
そんな力の入れ方なのに、実際の学校では
やはり教科書は学校の棚に置かれ、
授業の回数も少ない。。。それが現状のようです。

実は、下村大臣が記者会見で発表していますが、
この件は新聞、メディアは、一切報道せず、黙殺しています。
正しい情報を流しているのは、世界日報だけです。
何か、言うにいえない力が働いているのではないでしょうか。
それともマスコミが、そういう勢力を持つ人たちの
集合体なので、道徳の話題は無視されるのかも知れませんが。

子供たちに正しい道徳教育を、本当はそれが一番
大切なことだと思うのに、
もしかしてさせたくない勢力が、やはりあるのでしょうか。

教科書は持ち帰らせない。
ほんの「ささやかな抵抗」なのかも知れませんが、
全国的に行われていることを思うと、
普通ではありません。
解決するように働きかけないといけないと感じます。



800232.jpg


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする