2014年07月16日

「そうよ。出来るのよ!」 お母様がうちの教会を覚えてくださった?! 〈証し&お母様に対するみ言〉


1661211_598287383591137_525427438_n.jpg


先生が霊界に行ったとしても、
お母様が地上にいれば、
霊界と地上界の統一圏ができるので、
いつでもお母様がいる地上に来て
一緒に暮らすことができるのです




神様がすべてを二性性相で創造されたのは、
神様ご自身が二性性相のお方だからです。
神様は唯一ですが、
「天の父」であり、「天の母」でもある
霊的父母・天宙父母として存在しておられます。
基元節を期して、神様を「天のお父様」から
「天の父母様」と呼ぶようになったように、
新しい時代を迎えました。

天の父母様の実体として
肉的父母として立たれたのが
「真のお父様」と「真のお母様」
つまり、「真の父母様」です。

お父様がお母様に対して
言及されているみ言を紹介します。



お母様は私の影のようです。
付いて回る影のようなので、
私は実体をもった主体の教主であり、
お母様は対象の教主です。
それで、私は第一教主、お母様は第二教主です。
何を中心としてですか。
愛を中心としてそうだというのです。


(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P116)


先生が霊界に行ったとしても、
お母様が地上にいれば、
霊界と地上界の統一圏ができるので、
いつでもお母様がいる地上に来て
一緒に暮らすことができるのです。
今、統一教会のメンバーの中に
そのようなカップルがたくさんいます。
霊界に行ったとしても、地上にいる人と
一緒に生活することができるのです。

(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P117)



真のお父様は霊界に行かれても、
真のお母様がいる地上に来て一緒に生活していかれることを
このように、ご生前から明確に語られています。
そして、お母様が「第二教祖」であると。
真のお父様は、霊界に行かれても
真のお母様と共に顕現されていることを
やはり、忘れてはいけないのだと思います。

「真の父母」とは、メシヤとして来られたお父様
お一人で成り立つことはできません。
父母として二人が一つになってこそ成立します。
ですから、真のお母様の存在がどれだけ重要でしょうか。

昨日の記事であげたように、
真のお母様はアルプスの12の山々を
霊的に真のお父様と共に登頂されながら、
私たちを再び愛し、全人類を祝福する決意をもたれています。
そんなお母様に、なんとしても喜びをお返ししたい私たちです。


先日、韓国婦人会長から証しを聞きました。
末永副会長がお母様に呼ばれて
韓国に行かれた時のことです。

お母様が
「あなた、まだ路傍伝道やっているの?」
そのように尋ねられたそうです。
末永副会長を中心とした777双のお姉さんたちが、
昨年の今頃、40日の路傍伝道をし、
その後、継続的に伝道しているのを覚えておられたのです。

副会長は、
「お母様、もちろん頑張っています」
そう答えました。
すると
「韓国のあの女の子はどうしている?」
そう聞かれました。

実は『韓国の女の子』というのは、
うちの教会の韓国婦人会長のことです。

副会長は
「彼女は、本当に頑張っています。
お母様、この前、路傍伝道で出会った方が
祝福式に参加したんです」

お母様は、その話を聞いて
とても喜ばれました。
そして、こう言われました。
「そうよ。出来るのよ!」



うちの教会の食口の歩みを
お母様が喜んでくださった、これは本当に私たちの励みになります。

その祝福式は、私が司会をし、二部では妻も祝歌を歌いました。
思えば、彼女が末永副会長たちと路傍伝道するようになったことで、
うちの教会でも刺激を受けて、教会長以下、
路傍伝道に頑張るようになったのです。

今、祝福に力を入れていますが、
お母様が、「できる!」と太鼓判を押してくださったので、
今は本当に小さな教会ではありますが、
もっともっと、伝道・祝福の運勢がくることでしょう。

本部の先生が、末永会長たちと路傍演説をされた際、
韓国婦人会長が、臆せずに情宣カーの上で演説をする勇姿を見て、
心を動かされたといいます。
新宿や渋谷の駅頭で、高い所に立ち演説をするのです。
万が一、銃で狙われてもおかしくないのですから。
彼女の、迷いのない歩みには頭が下がります。

彼女だからできたのですが、
それを相続することによって、
私たちにも神様が働くようになることでしょう。
それは、日本中のどこでも世界中のどこでも、
変わらず、同じように「できる」のです。

婦人会長は、常日頃から
「真のお母様に喜んでいただきたい」
そのような動機を持って
歩んでいると聞いていました。
そんな思いを持ち続けているからこそ、
お母様に証しが伝わり、喜んで頂けたのではないでしょうか。

霊界におられる真のお父様のため、
そして、地上におられる真のお母様のため!
そのような動機を持って
み旨を歩んでいきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする