2014年08月16日

父母とは、孝子とは?! 真の子女様の一体化は可能か?! そして、私たちは…!



10590515_822758287742809_5682165994542004908_n.jpg
聖和2周年記念式典で献花される御子女様たち☆


アルプスの12の霊山を登って来ました。
なぜそうしたか分かりますか?
もう一度皆様を許し抱こうと思ったからです。




今回の聖和2周年記念式には、
真の子女様も参加されていましたが、
しかし、参加された人数はあまりにも
少なかったので、それは一般の人たちにおいては
批判の種であり、また食口たちにおいても、
心配することなのかも知れません。

そのことに関して、一つの証しを紹介します。

以前、「ファミリー」という教会の月刊誌に
『世界基督教統一神霊協会創立43周年・記念』
ということで、古い先輩たちの証しが掲載されていました。

その中に金元弼先生の証しがあり、
第一のお母様がポンネッコルに訪ねたときの様子がありました。
その箇所を紹介します。


──聖進様のお母様が、ポムネッコルの小屋に来られたときは、
どのような状況だったのでしょうか?

お父様を訪ねて、釜山に向かう
聖進様のお母様の心中はどうだったでしょうか? 
幸福な家庭を築くことを夢見て、訪ねてきたのです。
韓国動乱を前後した七年間は、どれほど長く感じられたことでしょう。

ところが、お父様がおられた所は、立派な家でないだけでなく、
惨めな小屋で生活しておられたのでした。
それだけでも失望する内容です。

そのとき、お父様は人々にみ言を語り続けておられました。
そのときお父様は、「入ってきなさい」と言われました。
しかし、聖進様のお母様は入ってこられませんでした。
お母様は、お父様が本気になって入ることを勧めると思ったのでしょう。
ところが、お父様はその後、入るように言われなかったのです。

お父様は、食口を生かすために完全投入され、
み言を語られておられた時ですから、
途中でやめることはできなかったのです。
み言を聞いていた食口も、
「本当にご苦労様でした。おふたりでゆっくりしてください」と、
その場を空ければよかったのですが、何も理解できなかったのです。

夜になっても、食口たちは帰らず、そこで泊まりました。
翌日になっても帰らず、食口たちはお父様の愛を独占していたのです。
このように、聖進様のお母様にとって食口たちが怨讐となったのです。

ところで、お父様は妻子と弟子のどちらかをとらなければならないとしたら、
弟子をとらざるを得ません。
聖進様のお母様がどのような行動をとられたかは、ご存じでしょう。

そのため、食口たちはお父様から離れていったのです。
すると、お父様は食口たちの所に訪ねて行かれたのです。
そして、家にもお父様は帰らなくなったのです。
そうして、お母様は聖進様を連れて釜山を離れたのでした。

お父様は釜山での親子の対面の時のことを、
次のように語られたことがあります。

「子供(聖進様)が七歳になったとき、初めて会ったのです。
その時は、食口たちと一緒に過ごしていた時でした。
おばあさんたちを生かそうとしていた時でした。
わたしの息子が来たといって、わたしが喜んで迎えると
条件に引っかかってしまいます」

お父様は、私には洋服や靴など、
いろいろと買ってくださいましたが、
聖進様には鉛筆一本も買われなかったのです。
お父様は、ご自分の家庭を犠牲にされて、
私たちを救おうとされたのです。



第一のお母様に関して、金元弼先生をはじめ、
当時の古い先輩たちはほとんど知りませんでした。

どれだけの思いでお父様を探されたのでしょうか。
さらにはようやく見つけ出したにも関わらず、
出会った夫である真のお父様は、
「良く来たね」と歓迎して抱擁したのではなく、
弟子たちにみ言を語ることを最優先し、
投入していかれる姿に接しどんな心情だったのでしょうか。

それは、第一のお母様においても
とうてい受け入れることができないものでした。
その後のお父様に対する迫害は、
自叙伝を読めば、よくわかるものでしょう。


さて、そんな第一のお母様の路程を越えるためにいかれた
真のお母様の歩みも、更に苦労と迫害の連続でした。
歴史の中の全女性の悲痛を代表した立場といっても
言い過ぎではないでしょう。

お母様は、14人の真の子女様のうち、
生後数日でなくなった惠進様を含め、
長男の孝進様、次男の興進様、六男の榮進様の、
4名ものご子女様を霊界に送られ、
公的には涙も見せることのできない、
そんな道を通過してこられました。

先日、真のお母様はスイスに行かれ、
12の山々を登られました。
その目的のひとつに
『12人の真の子女様の一体化』
この内容がありました。

4人もの御子女様を先に霊界に送られながらも、
残っている御子女様たちがひとつになりきれていない現状、
これは親である真のお母様においても
本当に深刻で胸痛いことであるこのは間違いありません。

今回、亨進様の面会を断られたそうです。
詳細は、わかりませんし、あくまでも個人的な意見ですが、
何かの事情があって、そうせざるを得なかった
そう解釈するべきなのではないか、と思います。

それは、第一のお母様に対するお父様の態度に
通じるものがあるのではないでしょうか。
真のお父様も、そうせざるを得なかったのです。

また、興南刑務所でお母さんが尋ねてきたとき、
一生懸命長い道のりをかけて会いに来られたにもかかわらず、
優しい言葉ひとつも掛けられることなく
無碍に追い立てていかれたお父様の姿──

しかし、お母さんを愛していないお父様ではありませんでした。
『近い者よりも遠い者を愛する』
そのような思いをもって、乗り越えていかれたお父様でした。
その心情を神様は何よりもご存知だったと思います。

お母様とお父様は一つです。
真の父母として、全人類を愛されるご父母様。
子を思わない親はいません。
真の子女様を愛され、もう一度許し、信じるために
12の山々を登られたご父母様。

今この時こそ、私たちはそんな父母の心情圏に立ち、
自分が愛されることばかりを願うのではなく、
もっと理解して、ご子女様が一つになるために、
お母様と一つになって、祈りと精誠を捧げ、
責任を果たしていきたいと思うのです。



真のお母様のみ言

だから神様の日が制定されるまでの
お母様の苦労を皆さんは知っておくべきです。
孝進、興進の二人の息子の勝利の基台の上に
立てることができた日です。

皆様は興進を愛さなければなりません。
産む時もサタンが殺そうとしました。
育ちながら作られた環境ではなく、
この世はサタンの世界であり、
さらに共産主義の脅威を受けるお父様を知っていたので、
自分がお父様のために代わりに
死の場にも行くと決心した息子です。

このような子女たちがいなかったら、
今日のこのような摂理歴史につながることができないものです。

実際には歳も若かったけれど、
20年以内に14人を生むことは容易ではありません。
それも楽にじっとしていて産むわけでもなく、
戦場のようなところに行きながら、
それも4回も帝王切開手術をして出産したのです。
この一つだけを見ても、
皆様がお母様を崇め生きなければなりません。

私がすべてをまとめました。
今は皆様の責任が残りました。
そこまで私がやってあげることはできないでしょう。
皆様、氏族メシヤの責任を全うしなければならないでしょう。
皆様だけが真の父母様の特恵圏の中にいてもいいですか?
70億の人類はどうするのですか?
真の子女に苦痛があっても、
私は真の父母であるため、
世界70億の人類を考えずにいることはできません。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

真の父母様に思いを馳せて 「公職者聖地巡礼祈祷会」の恩恵!



10527845_822755361076435_3931947858715094029_n.jpg


真のお父様聖和2周年記念式の翌日、
私は帰国しましたが、日本の責任者たちは
「公職者聖地巡礼祈祷会」を行いました。

約400人が参加し、統一教会創立前後における
真の父母様の歩みに思いを馳せたということでした。

特に、最初の訪問地である「野牧(ヤモク)聖地」では、
野牧教会近くの倉庫を借りて急ごしらえした会場で、
野牧教会長が、この地が聖地となるにいたった経緯を紹介されました。

豊かな自然に恵まれ真のお父様の故郷
「定州」に似ていると言われる野牧には、
教会創立前の1950年代後半にお父様が頻繁に足を運ばれ、
伝道師の修練会などを主管される一方、
深い祈祷と精誠を捧げながら、
その後の摂理の準備をしていかれたと語りました。

また、野牧教会の傍らには、お父様が滞在された古い民家のほか、
歩いて5分ほどの小高い山の頂きに
お父様が祈祷をされた場所があり、
参加した方たちは、祈りを捧げながら、
お父様の心情に思いを馳せました。

その後、「愛妓峰(エギボン)統一展望台」
「五山中高等学校と漢南洞公館」
「旧本部教会と真の父母様歴史記録院」
「原殿(ウォンジョン)」の4つのルートに分かれて
聖地巡礼を続けました。

私の所属教会の婦人代表は、
真の子女様を始めとした
多くの先輩たちが眠っている
「原殿」を選択しました。

それで、興進様のお墓の前で、
祈祷会をする時に、献花を捧げたのですが、
婦人部長が突然、代表として選ばれて、
稲森先生とともに、献花を捧げたのだそうです。

「興進様を身近に感じ、大きな恩恵を受けた」
そのように言っていました。


10177294_822755287743109_8753679874419916175_n.jpg


今回の聖和2周年記念式は、
清心平和ワールドセンターで行われ、
もちろん超満員でしたが、
それでもほとんどが教会員だったと思います。

うちの教会では、今年から教会に来られた4名の方が
今回、初めて清平とワールドセンターに行きました。
「生お母様だ〜」と言いながら、
お母様との出会い、また清平での役事に感動していました。

まだまだわずかの人しか参加していません。

いずれは、多くの人が、
全国、全世界の人が馳せ参じ、
聖地を巡礼することになると思います。

私も、昨日お伝えした
感動的なミュージカルを見ながら、
「今、お母様と同じ空間にいることが
どんなに貴重なことだろうか・・・」
そう感慨深い思いになりました。

今、この瞬間を貴重に思い、
地上で真のお母様に侍ることができる
その恩恵に感謝しながら、
一日一日を過ごしていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

感動、ミュージカル!! ご父母様の北南米での歩みを再現 【文鮮明天地人真の父母天宙聖和2周年記念式典】



1525323_822759677742670_6322930787617994075_n.jpg


おとといの聖和2周年記念式で
何と言っても感動的だったのが、
第2部で行われたミュージカルでした。



このミュージカルは80分にわたる大作です。
お父様がアメリカに旅立つ時のエピソードから始まり、
ヤンキー大会で、雨の降る中、
『You are my sunshine』を歌いながら
奇跡的に大会が成功した様子、
さらには、迫害を受けて、
ダンベリーに入らざるを得なくなったときのこと、
また、南米開拓の精誠と修練会の様子を描いていました。


1660611_822759344409370_2948379844319155428_n.jpg


これは、教会員でなくても
むしろ、一般の人の方が
お父様の本当の姿を知ることができ、
感動するのではないかと思いました。

演じた方たちは本当に素晴らしく、
特に主役の人は、真のお父様を感じるような
そんな雰囲気をかもし出していました。
洗練された演技だったので、
『プロの方だろうな・・・』と思っていましたが、
予想とおり、プロの俳優さんで、
お母様を演じた方も含めて、
今回、演じるにあたって、
お父様の路程やみ言を相当勉強されたそうです。
本当にお父様がその場におられるような雰囲気を感じました。


15673_822760444409260_4236436630162154354_n.jpg


私自身はお父様の路程は何度も学んでいるし、
また講義もする立場にありますが、
今回のミュージカルを通して、
完全投入して歩むところに
神様が協助して導いてくださる
そのようなお父様の歩みであったと
感じさせられました。

メシヤであるがゆえに
真のお父様であるがゆえに
ただ一方的な神様の導きがあったのではなく、
神様を感動させるような歩みをしたからこそ、
神様が守られたのだ、そのことを強く感じました。

そして、その歩みを、
今、私たちに相続してほしい・・・
そういう神様の願いをまた感じました。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする