2014年08月05日

スイス国連本部で語られた日!! お父様の勝利と喜びの日 《宋龍天総会長のメッセージ》 


securedownload[1].jpg


みなさん、今日はここにゲストとして来たと考えないでください。
家族として兄弟姉妹としてここに来たのです。
息子・娘は親に似ます。
私たちは神様の息子娘です。
真の父母があなたたちの偉大なおじいさんとして、
会うことが出来て、とても嬉しく思います。


☆スイス国連本部での文鮮明総裁スピーチ☆


先日、総会長をお迎えしたとき、
スイスでの真のお母様の精誠路程を話されました。
お母様の精誠を語られながら、
突然のようにお父様の話に切り替わりました。
その部分を紹介します。


スイスジュネーブでのことです。
2011年5月13日のことでした。
その日、お父様は明け方まで
精誠を捧げておられました。

ほとんど徹夜でみ言を語り、
そのままお休みになられずに
国連に入られました。

全世界の指導者を前において、
特別なみ言を宣布されました。
その日、国連は御父母様を良くお迎えしましたね。
霊界が協助したのです。

お父様はみ言を語られる前に
私はお父様に申し上げました。
「お父様、ここは国連本部です。
国連本部は、長くみ言を語られるところではないんです。
また、指導者も通訳をしっかりと
イヤホンで聞くことが出来るから、
静かに話されたらいいかと思います」(笑)

お母様もそのことを認識されたようで、
「アボジ、ここは国連本部ですからね・・・」(笑)

その場には世界の指導者が座っていました。
特にヨーロッパのリーダーたちがたくさんいました。
国連本部というのは、世界の心臓部ですね。
そこにお父様は入られたんです。

そして、お父様はこの日、
とても長くみ言を話されたのでした。
3時間です(笑)

長く話すだけじゃありません。
説教台を叩きながら、
ご自身が語りたい全てを語られました。
そして、お父様はとても喜ばれました。

霊的に見たら、イエス様の恨みを晴らしたのです。
イエス様がもし十字架につかなかったら、
イスラエルが歓迎してたらどうなっていたでしょうか。
ローマに入ったことでしょう。
ローマで最高指導者たちを座らせておいて
イエス様はみ言を語ったに違いないのです。

それが天の御意でした。
しかし、それを出来ずに、ローマに行くことが出来ず、
志半ばで十字架につかざるを得なかったのです。

そのことをどれだけお父様は
骨身にしみて、理解しておられたでしょうか。
『天地人真の父母定着実体み言宣布』
真のお父様の使命出発の後に、
最終的に立てたみ言なのです。

このみ言一つを持って、
3年、4年とどこへ行っても宣布し続けたのです。
国連の本会議場で宣布された
これは絶対的勝利の日だったのです。
天が勝利を収めた日なんですね。
本当にお父様は喜ばれました。
「アベル国連が定着した」とおっしゃいました。

このように喜ばれたお父様ですが、
そのあとには、ドイツに行っても語られ、
また、その前にはイギリスでも語られました。
お父様は一瞬一瞬精誠をこめていかれるのです。


securedownload1.jpg
イギリス大会でのお父様



この内容は、以下の記事で書いたことがあります。


総会長が龍天の名を頂く時に
お父様が言っておられたとおりに
その集会の場において、
天の龍である総会長の背に乗って来られたお父様が
総会長を通してみ言を語られたのではないでしょうか。

階段を上る姿を見られていた教会長は、
足を引きずられる様子に、晩年のお父様の
姿が重なり、共におられると感じたそうです。

一人ずつ握手して写真撮影してくださり、
随時解散していった後のこと、(私も帰途に着いていました)
撮影も終了し、全体はお開きになったのですが、
総会長はもう一度その場に戻られて、
スイスの12の山々を登頂されるたびに
お母様と共に歌われた歌を歌ってくださったということです。

いつまでも別れがたいお父様、
本当に愛したいお父様であると感じます。

あと1週間でお父様の聖和2周年記念式です。
お父様を思いながら、今日も精誠を尽くしていきたいと思います。


securedownloadUN.jpg
スイス国連大会でのご父母様と
宋総会長御夫妻(当時は欧大陸会長)



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする