2014年08月11日

明日は聖和2周年! 今夜は前夜祭、流星と月のコラボが見られるか?! ☆「真の父母様歴史記録院」開館 



c872f7c0a176c3cea2680e87c0a0288d-600x450.jpg


明日はお父様(文鮮明総裁)が聖和(逝去)されてから
天暦(陰暦)で、2周年。

折りしも今夜は、ペルセウス座流星群というのが、見られるそうです。
台風も去り、見事な聖和2周年の前夜祭として、
夜の空を彩ることでしょう。

昨夜はスーパームーン、世界各国で
大きな満月が見られたとのこと。
(世界各地のスーパームーンの様子は
下にニュース添付。美しい写真24枚)

さて、記念行事ムードが盛り上がるのに先立って、
「真の父母様 歴史記録院」の開館式、奉献式が行われたとのことです。



『真の父母様 歴史記録院』

 天暦7月13日(陽暦8月8日)、
韓国・世界平和統一家庭連合の協会本部2階において、
「真の父母様 歴史記録院」の開館式が、
韓鶴子総裁らを迎える中で行われました。

 「真の父母様 歴史記録院」には、
音声テープや映像フィルム、117万点以上の写真データなど、
様々な形で保存された統一教会の資料の数々や、
草創期に文鮮明師や韓鶴子総裁が使用された記念の品々、
今までマスコミに報道された記事、
『原理解説』や『原理講論』の制作資料、
草創期の教会の看板、
関連団体のロゴマークなどが保管されています。

 韓総裁が看板の除幕をされ、祈祷。
テープカットに続き、その場を聖別された後、
院内を見学されました。
韓総裁は、キム・ビョンソク院長の案内のもと、
感慨深げな面持ちで記念品をご覧になられました。  

 さらに8階の講堂に移動し、
100人以上の幹部たちが見守るなか、奉献式が行われました。
イ・ジェソク天一国経典編纂副委員長が奉献祈祷を捧げ、
ユ・ギョンソク世界平和統一家庭連合韓国会長が歓迎の辞を、
キム・ヨンヒ天一国経典編纂委員長が祝辞を述べました。

 キム院長からは、歴史記録院に関する詳しい説明があり、
60、70年代に日本で撮影されたフィルムや
文師渡米後の映像資料、さらにデジタルデータ化された資料など、
特に映像資料が充実していることに言及しました。

 続く午餐会では締めくくりに、
日本人の二世教会員が華麗な歌声でプッチーニの名曲
『私のお父さん』などを披露し、会場を盛り上げました。

 最後に韓総裁が登壇され、

「実を作っていかなければなりません。
皆さんの歴史も、私と共に歩んでいるのです。
今日はとても気持ちが良いです。
最善を尽くしましょう!」


と語られ、チョ・ジョンスン統一財団理事長の万歳三唱で閉会となりました。



ファミリーフォーラムの記事によれば、
今回開館した真の父母様歴史記録院は
これまで様々な場所に分散されている資料を全て集め、
真のご父母様が生涯を通じて残された説教資料をはじめ、
各種の歴史文書などを保管、整理することの他、
展示および閲覧、歴史編纂の責任を果たすことになる
とのことです。

「今後、真の父母様生涯博物館が建設されると共に、
宝石のような歴史記録院を
しっかり保全しなければならない」


とお母様も語られたということです。


cb021d94910450daea50152ed6c55a03-600x450.jpg



さて、昨晩はいつもより大きく見える満月の日だったということで、
今日は、その大きな月と、流星のコラボもみられる模様です。

これは、天の父母様(神様)が、
お父様のために準備されたとしか思えません。

日本各地で行われる花火大会もきれいですが、
神様が自ら演出されるイベントは、スケールが違いますね。
さぞかし素晴らしいものとなることでしょう。

流星は、実際には明日の午前中がマックスになるということで、
ちょうど聖和された時刻や聖和二周年の式典をする時間も、
目には見えなくとも星が流れ続けていることになります。

また、地球全体を考えてみる時に、
聖和2周年記念行事が開かれるこの時期、
多くの流星が見られるということで、
まさしく天と共に祝うという気がします。

今夜の流星と、大きな月のコラボ、
ぜひ見てみたいですね。

ところで、真のお父様の姓は『文(ムン)』ですから、
英語では『Moon』といいますね。
まぁ、語呂合わせのようですが、
満月を見ると、私はお父様を思い出します。

昨日の満月は、月が大きく見える
『スーパームーン』の日だったということですが、
皆様ご存知のように日本列島は台風が吹き荒れて、
満月を見ることができませんでした。。。

昨夜、上の記事の読んだあと、夜空を見ながら思いました。
『まことの父母様を正しく証ししないといけないな』と。

明日は、いよいよ真のお父様の聖和2周年記念式です。
そこには、2万人を越える人たちが参加するわけですが、
多くの一般の来賓も来られることでしょうし、
国際的にもVIPと呼ばれる方もおられることでしょう。
それでも、それを取り囲むのはまだまだ大半が
食口を中心とした人たちということになります。

文鮮明総裁の業績と功労は計り知れないくらい大きいし、
この式に参列するだけでも、素晴らしい価値があると思うときに
もっと多くの人に知ってもらうために、
さらにみ言を伝えなければならないと、
決意を新たにしたのでした。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


スーパームーン、世界各地で観測


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする