2014年08月13日

「許せ、愛せ、団結せよ!」 お父様の聖和2周年記念式に参加して(1)



写真(1).JPG


さきほど、韓国から帰ってまいりました。

本部のHPにも聖和二周年記念式の内容が紹介されています。


今回のテーマは、「アメリカ」でした。
サブタイトルも
FORGIVE(許し)
LOVE(愛し)
UNITE(一つになろう)
でした。

ウォーターゲート事件で糾弾されていた
ニクソン大統領をお父様が擁護した時の言葉ですね。
「許せ!愛せ!団結せよ!」
という日本語訳が私は好きなので
置き換えたいと思います。

さて、ファミリーフォーラムに掲載されている
お母様のみ言で印象に残っているみ言を紹介します。



今日は文鮮明天地人真のお父様が聖和2周年を迎え、
今まで天がどれほど私たちを愛して下さり
私たちに全ての祝福を下さいましたけれども、
その責任を果たす事の出来なかった不足なる姿である事を
もう一度悔い改めるものです。

自由世界、民主主義であるその国(アメリカ)に、
お父様は「許しなさい、愛しなさい、一つになりなさい」と、
アメリカのすべての善なる人々に呼び起こしたのです。
そのようにして、ただ愛を実践されて行かれました。
為に生きる生涯を生きてこられた
Rev.ムーンにアメリカはダンベリーの
苦難の路程を行くようにしてしまいました。
その道を行かないこともできましたけれど、
その道を行かれながら、
「一つになりなさい」と言われました。
「私が行く向こうにはどのような天の祝福があるか
分からないのだから強くなりなさい。
あなたたちは堂々としなさい」
そのように叫ばれたのです。

今まで皆さんが苦労してきた
すべての業績に対して感謝いたします。
今から私たちの目標ははっきりしています。
私達が行くところには真の父母様、
天の父母様が共にいて下さることを忘れないで下さい。




真のお父様の偉大さは、
今後、ますます証しされていくことを感じましたし、
真のお父様と一つになっておられる
真のお母様と一つになることが、
何よりも重要であると改めて感じました。

また、「許せ!愛せ!団結せよ!」
この精神を今こそ、呼び起こすときであるとも感じます。

詳しくは明日、改めて書きたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/whoxs74ru6cg

posted by ten1ko2 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする