2014年08月15日

真の父母様に思いを馳せて 「公職者聖地巡礼祈祷会」の恩恵!



10527845_822755361076435_3931947858715094029_n.jpg


真のお父様聖和2周年記念式の翌日、
私は帰国しましたが、日本の責任者たちは
「公職者聖地巡礼祈祷会」を行いました。

約400人が参加し、統一教会創立前後における
真の父母様の歩みに思いを馳せたということでした。

特に、最初の訪問地である「野牧(ヤモク)聖地」では、
野牧教会近くの倉庫を借りて急ごしらえした会場で、
野牧教会長が、この地が聖地となるにいたった経緯を紹介されました。

豊かな自然に恵まれ真のお父様の故郷
「定州」に似ていると言われる野牧には、
教会創立前の1950年代後半にお父様が頻繁に足を運ばれ、
伝道師の修練会などを主管される一方、
深い祈祷と精誠を捧げながら、
その後の摂理の準備をしていかれたと語りました。

また、野牧教会の傍らには、お父様が滞在された古い民家のほか、
歩いて5分ほどの小高い山の頂きに
お父様が祈祷をされた場所があり、
参加した方たちは、祈りを捧げながら、
お父様の心情に思いを馳せました。

その後、「愛妓峰(エギボン)統一展望台」
「五山中高等学校と漢南洞公館」
「旧本部教会と真の父母様歴史記録院」
「原殿(ウォンジョン)」の4つのルートに分かれて
聖地巡礼を続けました。

私の所属教会の婦人代表は、
真の子女様を始めとした
多くの先輩たちが眠っている
「原殿」を選択しました。

それで、興進様のお墓の前で、
祈祷会をする時に、献花を捧げたのですが、
婦人部長が突然、代表として選ばれて、
稲森先生とともに、献花を捧げたのだそうです。

「興進様を身近に感じ、大きな恩恵を受けた」
そのように言っていました。


10177294_822755287743109_8753679874419916175_n.jpg


今回の聖和2周年記念式は、
清心平和ワールドセンターで行われ、
もちろん超満員でしたが、
それでもほとんどが教会員だったと思います。

うちの教会では、今年から教会に来られた4名の方が
今回、初めて清平とワールドセンターに行きました。
「生お母様だ〜」と言いながら、
お母様との出会い、また清平での役事に感動していました。

まだまだわずかの人しか参加していません。

いずれは、多くの人が、
全国、全世界の人が馳せ参じ、
聖地を巡礼することになると思います。

私も、昨日お伝えした
感動的なミュージカルを見ながら、
「今、お母様と同じ空間にいることが
どんなに貴重なことだろうか・・・」
そう感慨深い思いになりました。

今、この瞬間を貴重に思い、
地上で真のお母様に侍ることができる
その恩恵に感謝しながら、
一日一日を過ごしていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする