2014年08月19日

(証し)お母様と共にいられる感動!! 親子で参加すれば、感動も倍に?! 



10569028_10203154363034800_2691281659222703762_n.jpg


今まで皆さんが苦労してきた
すべての業績に対して感謝いたします。
今から私たちの目標ははっきりしています。
私達が行くところには真の父母様、
天の父母様が共にいて下さることを忘れないで下さい。


聖和2周年記念式 お母様のみ言



先日の聖和2周年記念式。
教会の会議で、感想と証しの場を持ちました。
涙ながらに語る人など、
とても恩恵のある報告の時間となりました。

その証しを紹介します。
最初に、現地に行ったメンバーの生の声です。


○ お父様がご在世時には、お母様に対する意識と心情は低かったのですが、
今回お会いすることが出来、お母様の偉大さを感じました。
お父様は当然メシヤですが、
お母様もおられて始めてメシヤであると言えると思います。
もっとお母様のことを知りたいと思いました。

○ 今回、母を連れていくことができました。
まさか『行く』と言うとは思っていなかったので(笑)、
こちらがびっくりしてしまいました。
お母様が「新しい人を連れてきなさい」と言われていたので、
今回一緒に行けて良かったです。
母も何の違和感もなく、
全てのスケジュールに喜んで参加していました。
そして、「楽しかったよ」と言ってくれました。

○ 息子と一緒に行かせて頂きました。
どうもありがとうございました。
息子はとても喜んでいたので、
それだけでもホッとしました。
特に、天勝台に登って、祝福の木から見渡せる
清平の風景に、感動したということです。
『真のお母様がおられるところに自分もいるなんて、
本当に奇跡的なことだ』と言っていました。
また、韓国にお嫁に行った霊の親とも
会うことができたので、それも良かったです。


今回参加した中で、まだ教育を受けている人が
6名参加しました。
小さい教会にしては比較的多いし、
そのうち4人が今年導かれた人なので、
それも神様が喜ばれたのではないでしょうか。

清平の講義もほとんどしていない状況でしたが、
みな全く違和感なく、役事に参加しました。
また、上で紹介した息子さんも含め、
新しい人たち3人で、天勝台に登ったそうです。
こちらが誘導したのではなく、彼らが積極的に
純粋に聖地に登りたい、と言い出して
登ってきて、とても感動したということです。

お母様に会って感動し、
清平の景色に感動し、
役事にも参加して、惠みを頂いて、
新しい人にも、古い人にも
本当に忘れがたい日となりました。

その日、本当に多くの人たちが来ていて、
記念式の会場も座るのが大変なくらいでしたが、
それ以上に多くの人が、インターネットを通して、
各教会で同参したことと思います。

次に、インターネット中継で参加した方の感想です。


○ アメリカがテーマの式典でしたが、ミュージカルだけを見ても、
お父様の成された業績は凄いな、と改めて感じました。
また、お母様が2年前の時と違って、
本当にお元気で堂々としておられると感じ、
私も2020年に向かって前進していきたいと感じます。

○ とてもお元気なお母様だと思いました。
でも、ご家庭の事情やまた70億人類に責任を持つ立場であることを思うと
その重荷はどれだけのものであるかと思わされます。
それでも、堂々と立っておられるのは、
真のお父様がいつも共におられるからだろうと思います。
2020年に向かってお母様に喜んでいただけるように頑張ります。

○ 今回、子供たちが清平の修練会に参加しました。
修練会から帰ってきたときに、
子供から「訓読会しよう」と言ってきたのには、
感動して涙が出てしまいました。
神様は私たちを等しく愛しておられるのだと感じます。
また、修練会のメンバーも式典に参列することができました。
自分は日本でしたが、子供が現地でお母様にお会いできたので、
自分が行くよりも嬉しい気持ちでいっぱいでした。


感想を聞くと、自分の子供や親や、霊の子女が
参加する時の喜びが大きいと思います。
来年の基元節や、
今度は日本がテーマになるという聖和3周年記念には
氏族や霊の子女と一緒に参加すれば、
数倍も感慨深いものになることでしょう。

皆の感想を聞いていて改めて、
結局は、いかに『お母様と私が一つになるか』
だと思います。
外野が騒いでいる時だからこそ、
今、天が願われているのはまさにそのことに尽きるでしょう。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする