2014年08月25日

思い出の8月25日! 22年前、私たちは… 〜3万双祝福を受けて〜 



2012032126089924.jpg


今日は8月25日。
3万双22周年、
36万双19周年、おめでとうございます。

当の私たち夫婦も3万双祝福家庭です。
22年前のこの日を振り返りながら、
昔のことを思い出したら、
当時の証しを書いてみたくなりました。

以前、書いたこともあったと思うので、
重複する部分は、ご了承ください。


3万双の祝福を受けるときは、
私は一度、拉致監禁された立場でありました。
その3年前に偽装脱会して教会に戻ってきたのですが、
それ以来、親にも居場所を証しすることが出来ませんでした。

当時、お世話になった先輩に、
「条件として、何か、好きな物を断つ
断食条件を立てたらいい」
そのようにアドバイスされたこともあって、
コーヒー断食を3年間行っていました。

そして、8月の前半だったと思います。
当時、在籍していた東京の江戸川教会で
教会長を通して、写真を伝授していただきました。

伝授されたあとには、
「所属教会に連絡して、相対者に挨拶するように」
そのように言われて、教会に電話をしました。
妻はその場にいなかったこともあり、
スタッフの方が応対してくださいました。

第一声が
「良かったですね」
でした。
続いて、
「○○さん(妻)は、ヤコブなんですよ」

今は、「ヤコブ」という言葉は死語らしいのですが、
『信仰二世』のことですね。
すなわち、お母さんから導かれていたのです。

私はその言葉を聞いて、
神様を実感しました。
「真のお父様は、本当に
私のために妻を選んでくださった。
私の写真をみた瞬間、
家が大変だということがわかったのだろう、
それで、家庭問題のない妻を選んでくださったんだ。
お父様、本当にありがとうございます」
お父様に感謝の祈りを捧げました。

実際のところ、
妻の家庭は、家庭問題ありの私の家庭から見れば
正反対のように見える家庭でした。

妻はお母さんから導かれ、
その後、弟さんを伝道しました。
弟の奥さんは、6500双でしたが、
相手の方が離れてしまったので、
同じ3万双で、祝福結婚を受けています。
また、お母さんはその後、お父さんと既成祝福を受けました。
お父さんは教会に来ることはあまりありませんでしたが、
反対の情報がマスコミから流れても
鵜呑みにはされず、私たちを擁護してくださいました。

1992年の今日、朝方降った雨は見事にあがり、
韓国ソウルはとても暑い日でした。
祝福式に参加できたことに感謝をしつつ、
妻と3年ぶりのコーヒーをともに飲んだことも
とても忘れられない思い出になりました。


そして、2年後のことになります。
妻は海外ボランティアで
ヨーロッパに派遣されました。
妻が、ヨーロッパに旅立って、
2ヵ月も経っていない頃のことでした。

当時は、水澤里の摂理があって、
母が「文先生のセミナーに行く」
と言い出したものですから、
教理の説明をしてくれと言われて
久しぶりに実家に帰ることになりました。
それが、ちょうど8月25日のことでした。

しかし、それは仕組まれた罠だったのです。
結果的には、騙されて再び拉致監禁されました。
この衝撃はどれほどのものだったか表現できません。

そして、妻においても、すでに海外に行っている立場でしたから、
本当にびっくりしたと思います。
それが、今からちょうど20年前のことです。

妻やお母さん、また私の教会のメンバーたちの
熱い精誠の土台の中で、私は
無事に教会に戻ってくることができました。

その後、無事に家庭を出発することが出来、
子女も4人与えられて、
本当に幸せな家庭を築かせていただいています。

奇跡の連続の中に、「今」という瞬間があることを
実感させていただいています。

神様と真の父母様に改めて
心からの感謝を捧げる一日にすることを
肝に銘じながら、
妻が作った詩を紹介して終わります。



「 Happy Bride 叶えたい 」

 始まりは 笑顔で 
 晴れ渡った夏空の下 
 拍手の波に押されて 
 はずむ思い 
 早まる鼓動 
 恥じらいと  
 はにかみの 
 ハーモニー 
 花嫁の求めるものは… 

 Happy Bride 叶えたい
 話してくれた夢
 Happy Bride あなたへと
 走り出した心
 Happy Bride 今までの
 ハードルはどれも
 八月の花嫁 あなたと共に
 始まる未来のため

 花嫁は今 
 はち切れそうな幸福で満たされ
 Happy Bride 涙混じりの
 ハピネスはこれから




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする