2014年08月28日

「愛し続けなさい!」 そして、一つの家族になろう! 《サローネン博士の証し》 後編



moon_web_2235_s630x582.jpg


昨日は、ニール・サローネン博士の
アメリカでお父様に侍られた証しを御紹介しました。
今日はその続編です。
お父様が聖和されて以後
今、私たちがどうしたらいいか、
とても参考になるメッセージだと思います。



その数年後お父様がご病気になられ、霊界に行かれました。
私は聖和式に参加するために韓国に行きましたが、
今でもお父様はここにいらっしゃると感じます。
今でもそう思います。

私がする全てのことに関して、いつの日かお父様の正面で、
「これが私のしようとしたことです。」と報告する日が来るでしょう。

助言が必要な時には、例えば、
「この問題を解決するのにどうしたら一番よいですか?」と言うように、
いつでもお父様に聞くことができると感じています。

お父様はいつも私たちと一緒にいらっしゃいます。
また、お母様を拝見する度に、お父様はいつも
お母様とご一緒であられると感じます。

お父様が地上で私たちと一緒にいらっしゃった時、
私たちはとてもお父様に頼っていたので、
お父様が霊界に行かれた後は、私たちの一体化が試されるであろう
ということは想像に難くありません。
私たちの一体化が試されているということは皆も認めているでしょう。
一番大事なことは、真の父母様と共にあり続けるということです。
もし私たちが一体化を維持できれば、他の全ての問題は解決されます。

最終的には、全ての人が天国に入るまでは
私たちの仕事に終わりはありません。
ですからこのグループ、あのグループと分けることはできないのです。
私たちは一つの家族として活動しなければなりません。

言うことは簡単ですが、
実践するのは難しいということは勿論よくわかっています。
しかしながら、私たち一人一人がこれを為す責任がありますし、
忠誠を尽くし、父母様と一体化しなければなりません。
世界復帰のための神様の希望となるために、
私たちは偉大な統一家族であり続けるべきです。

今後3年間は私たちの一体化と為すべきことが試されるだろうと、
お父様の聖和式後に私は沢山の人たちに言いました。
しかし、この3年間を忍耐すれば、神様の祝福があるとも言いました。
友達や元教会員からの試練にも関わらず、
各州と各リージョンの責任者たちはとても頑張っていると思います。
多くの場合、彼らは試練を越えたと思います。

神様からの真の愛のみが世界を変えることができるという
深刻なメッセージを宣布することのできる弾力を、
再び勝ち得るだろうとますます確信しています。
それが真の父母様のメッセージです。

それこそが世界の人々の傷ついた心を立て直し、魂を再生させ、
彼らをして新しい社会を創るメッセージです。
それが今実際起こっているのを目撃し、また実現できると信じています。
お母様もそれを目撃されていると思います。

ここブリッジポート大学におきましても、
幸いたくさんの素晴らしいことが起こっています。
市長とここの2人の上院議員は私たちに協力的です。
しかし、ある1人の人物は想像を絶するほど私たちに批判的です。
名前は口にしませんが、彼が行なったいくつかのことは、
とてもひどく不当なものでした。

この件についてお父様に報告したところ、お父様は笑顔で、
「彼を愛し続けなさい。」と言われました。
私が難しい局面に接している、敵と対している、
不当な立場に立たされている、
あるいはとても重い重荷を背負っている場合、
私が思い出す一つのフレーズは、
お父様の言われた「愛し続けなさい。愛し続けなさい。」です。



サローネン博士が
「私がする全てのことに関して、いつの日かお父様の正面で、
『これが私のしようとしたことです』と報告する日が来るでしょう」
このように言われていることを
私自身も最近、感じていたことでした。

私たちは、遅かれ早かれ、霊界に行きます。
その時に、真の父母様の前に
私自身が神様・父母様に対して成してきたこと、
全てがあからさまにされるのです。
どうせなら、不忠不幸の歩みではなく、
親孝行をした実績をお捧げしたいと思うのです。

また、霊界に行ってから、真の父母様に
少しでも重荷を軽くしてさしあげられるよう
今この時になすべきことがあるのです。

また、お父様がサローネン博士に対し、
「愛し続けなさい」と語られたみ言。
これは、今の私たちにも語られている
お父様のみ言でもあると思います。

真の愛に勝るものは何もありません。
そのような精神を持って、
お父様を迫害した上院議員と笑顔で握手されたように、
父母様の勝利圏を相続するものとなっていきたいです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする