2014年09月18日

「来るべき方とは貴方なのですか?」 全てを失った1946.9.18! 



1662336_598263863593489_1649312973_n.jpg


今日は9月18日。
今から68年前の1946年9月18日は、
神様が準備されたキリスト教が真のお父様と
決裂した歴史的な一日でありました。

「信仰と生活・第4集」に
真のお父様を受け入れるべき立場にあった
腹中教と許孝彬氏に関して
証しがありましたので、紹介します。


平安南道に籍を置いていた聖主教団の食口(シック・ここでは信徒の意)大部分は、
(聖主教団の教主が亡くなり事実上解散していたため)
許孝彬(ホ ホウビン)氏を中心とした集まりに参加していたのです。

この集まりの特徴は、再臨の主が
肉親をもって来られるという聖主教団とは別に、
肉親によって来られる再臨主が
許孝彬氏の体を通して誕生すると主張したことです。
そのように許孝彬氏の腹中を通して
再臨主が誕生なされるという事から、
名前を「腹中教」と呼んだのです。

その特色として挙げられる点は、一週の内、
月、水、土、日には一日三回にわたって
十二種類以上のおかずを並べて膳を用意し、
許孝彬氏が食前に受かって座り、
その隣りには主の座を用意して全食口達が敬礼をするのです。

のみならずイエス様が二千年前、食べたい物を食べることが出来ず、
着たくとも着ることが出来なかったその心残りを
お前達に依託すると言われたというのです。

そのため全食口は心を一つにして誠心誠意、
捧げ物するのを惜しみませんでした。
それはまるで二千年前のマルコの家に集った人々が
有無相通じていたように、
食口達は無くて捧げられないことはあるにせよ、
主の前に全て捧げることが人々の喜びであったのです。

当腹中教の中心食口である黄元信氏の話では、
許孝彬氏の前に敬礼を捧げること
五千回を繰り返している中に朝を迎えたという程、
誠心誠意の限りを尽くしたというのです。

或いは又、イエス様が洪順愛(ホン スネ・お母様の生母、大母様)という婦人に現れて
「お前は私を愛するか」と尋ねられ、
婦人が「はい」と答えると、
「それではお前が大切にしている髪を切って靴下を編んで欲しい」
という願いを承り、精魂を込めて
靴下を作って差し上げたという事もあったのです。

又、衣類においても一歳から三三歳迄、
各季節に合わせて洋服三着、韓国服三着ずつ作ってみると、
一九八着もの衣服がオーバー、トゥルマキ、ポソン、
座布団等を含めて色々用意されたのです。
これらは全て食口達の手によるもので、
天に指示されたその通りの寸法に従って作り、
三針以上縫ってはならないとか、
不浄の事が無いように、細心の注意を払って作られ、
食事の用意も天の啓示を直接受けながら準備されたりしたのです。

再臨主の衣冠をソウルの地で仕立てて運ぶ途中、
車中の人達から不吉なものを避けるため、
両手で持ち上げ、交替しながら、
ソウルから平壌に行ったというエピソードもあります。

これらを成すための準備期間内に何か不備な事があると、
直ぐに続けざまに懲戒が与えられ、
体を患ったりしたため、食口達は言行に対して格別の注意を払い、
侍る生活を徹底して守り抜いていたのです。

天の啓示によると「お前達が集まろうと思わなくとも、
集まらざるを得ない場所に連れていく」と言われたために、
食口達は再臨の主が自分達を連れて行かれるものと思い、
その時を待っていたのですが、腹中教の記念行事があって、
全食口が参席した時、社会秩序を乱したという罪名でもって
大同保安署に許孝彬氏をはじめとする幹部十名余が
連行されてしまったのです。
その時、衣服も全部、署に運搬したところ、
何台ものトラックが動員されたというのです。

天は何時も比喩と象徴をもって指示して下さるが、
受ける人々の無知が天の願い合わせる事が出来ず、
摂理が延長されてきた事実が余りにも多くありますが、
「腹中教」もその轍(わだち)を踏む結果となってしまったのです。


このあとは、皆様もご存知のように
許孝彬氏は、お父様と同じ獄中に入り、
お父様が手紙を出したり、夢にも見ましたが
結局それを受け入れることができませんでした。
その日がまさに9月18日午後2時のことでした。

そのため、手紙が発覚し、
お父様は拷問を受け、許孝彬氏も獄死しました。

彼女は、再臨主のために精誠の限りを尽くし、
侍り、待ち望みました。
真のお父様に出会う前までは、
霊的には頂点の立場にあった許孝彬氏ですが、
最終的にお父様を受け入れなかったために
全てが崩れ去っていったのです。

神様の創造の時もアダムとエバがみ言を信じればよかったのですが、
最終的に不信して堕落しました。
洗礼ヨハネもイエス様の一番弟子になる立場でしたが、
イエス様と離れ、悲惨な末路を行きました。
そうして、最終的にはイスラエル民族は、イエス様を信じることができず、
2000年間、国を持つことができませんでした。

主の行くべき道を直くして、
人々に証すべき立場だった洗礼ヨハネ。
彼の不信により、イエス様ご自身がヨハネの立場をも担われながら
結局は十字架に倒れました。

真のお父様も、最後の洗礼ヨハネの立場、許孝彬氏の不信で、
キリスト教の基盤を失いましたが、四十年荒野路程を経て、
更に延長を重ねながら、イエス様の立場も越えられ、
真の父母として、完全な勝利を立ててくださいました。

腹中教の信徒たちのメシヤへの侍り方には
本当に頭が下がります。
しかし、そんな彼らも教主の不信により、離散せざるを得ませんでした。
大母様を含めた一部が、統一教会に合流しました。

今、私たち自身においても、彼らと同じことが言えると思います。
今までどんなにお父様に侍り、功労を積んだとしても、
最後の最後まで、真の父母様に侍ることが重要ではないでしょうか。

だからこそ
「許しなさい!愛しなさい!一つになりなさい!」
その実践を、果たすときなのだと思いうのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

(伝道の証し)今までの苦労は神様に出会うため!!!



heiwawoaisurusekaijinntosite.jpg


今日は伝道の証しです。

何度か紹介していますが、昨年以来、
私たちの教会では、月に数回路傍伝道をしています。

そのときには、教会長・婦人代表も率先して参加されます。
最近では、今年、勉強を始めたばかりの方も
ともに一緒に歩むようになりました。

先日の出発式で教会長より、
「原理講論を持って伝道するように」
とのみ言をいただきましたので、
私と韓国婦人会長は、原理講論を持って、路傍演説をしました。

婦人会長は、もちろん韓国語の原理講論です。
総序の最初の部分をハングルで訓読したあと、
伝道実践をしたのですが、彼女に声をかけた男性がいました。


彼は、自叙伝を図書館で読んだことがあって、
真のお父様の生き様に感動していたそうです。
そんなこともあり、私たちのノボリには
真のお父様のお姿が大きく写っているのですが
そのノボリを見て声をかけたのでした。

しかし話を聞くと、仕事も解雇され、
お金もなく、友人のところに泊まらせてもらっていましたが、
友人の奥さんに追い出され、行く当てもなく駅前に来ていました。
どこにも行くところもないし、仕事も見つからず、
自暴自棄になり、このまま電車に飛び込んで
自殺しようかと真剣に考えていたということでした。

そんな矢先に婦人会長に声をかけたのです。
そのとき、全財産はほんのわずかしかありませんでした。
事情を聞くと、婦人会長は、すぐさま教会に即動しました。

私たちとともに食事をしましたが、
彼の心は晴れずに気持ちは変わらなかったといいます。
初めて心を開いたのは、そのあとの教会長とのお話でした。
いろいろと悩みを聞いてもらい、
また今が再出発の時であると促されました。

「自分が今まで苦労してきたのは、神様と出会うためでした」
「文先生は、まったくの赤の他人をこのように
兄弟姉妹としての関係を築かせてくれるのですね。
文先生は、人と人を結びつける力があるのですね。
本当に素晴らしいと思います」
そのように話しながら、気持ちが180度切り替わり、
実家に戻って再出発をすることになりました。
また、近くの教会で勉強することにもなりました。


行くべき道を見出すことができずに、路頭に迷っているのは、
彼だけではないと思います。
そんな絶望の人生を転換させ、希望ある人生に導くことができるのは、
お父様のみ言、統一原理しかありません。
そんな貴いみ言を伝播させることに喜びと自信を持って、
これからも伝道し、祝福に導いていきたいと思います。


お父様のみ言

伝道に行った場合には、道端を歩きながら、
自分もたまらないで電柱を抱えて涙ぐむような路程が
一日に何回もなければならないよ。
そうなった場合には伝道は天や祖先たちが応援してくれるよ。
それは霊界動員して夢に見て、道端で会って「ハッ」と。
とんでもない人が引っ掛かってくる。
「すみません」
「何ですか?」
「実は、昨晩あなたと夢の中でお会いしました」
そういう現象が起こってくるよ。
そういう人には伝道も言葉も必要ない。
「私の言うとおりにしてください」
そういう一言で、命懸けで従う。
そういう一日を送るんだよ。


「伝道と世界的使命」1976.10.5


応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



2014年09月16日

父と共にある生活! 真の終活は、霊界へ行く準備?! 



10474735_1510934119139757_7839693350163467905_n.jpg


真のお父様の聖和2周年記念式に参加した時に
一番思わされたことが何かと言えば、
『霊界』です。
お父様は、霊界におられるので、
お父様がおられる霊界のことを意識した期間でした。

それ以来、今までよりは、霊界のことをより意識して
生活するようになったかも知れません。
路傍演説においても、最近は、霊界のことを毎回演説します。
少し感じていることを書きます。


ちょうど昨日は、敬老の日でした。
日本は世界一の長寿国です。
総務省によれば、65歳以上の方がなんと3296万人もおられるそうです。
日本の人口の26%にあたる方が、65歳以上です。

100歳以上の方は、5万8820人。
伝道をしていても、90歳以上の方で
元気に歩いているお婆さんの姿をよくみかけます。

人生、70年、80年なんて
当たり前の時代になってきました。
最高齢の方は、117歳だそうです。

もちろん、「長生きしたい」という思いはありますが、
私たちの人生は、地上の人生だけではありません。
すなわち、『霊界の人生』というものがあるのです。

霊界は、永遠の世界です。
地上で、100年と言えば、長いように見えますが、
それでも、永遠からすれば、短いのです。

肉身生活においては、地位・名誉・財産・・・
目に見える価値観を追求してしまいがちですが、
それが本当の人生の目的ではありません。

いかに霊人体を成長させ、完成させるか、
そのことがいかに重要かを感じます。

ですから、人がどうのこうのではなく、
私自身が真の愛の人格をいかに高めるか、
そのことに必死の努力を傾けないといけないわけです。

真のお父様は、そのことに
全生涯、全精力を傾けていかれました。
その究極が15歳のときに書かれた詩に表れていると思います。



「栄光の冠」



お母様が最近テーマにされている
『許し、愛し、一つになる』
これが究極的な私たちの歩む原点です。

こう書きながらも、目の前のことや
人に対して要求してしまう自分の足りなさを感じます。

お母様も語られていますが、
霊界でお父様とお会いするときに
お父様の前にしっかり報告できるように
今の瞬間に全てを投入しておられます。

私たちもいずれは霊界に行きます。
その時に、お父様が目の前に現れたらどうでしょうか。
「私は真のお父様を証しするために、
このような歩みをしました」
そう堂々と誇れる私になっているか、
それが重要なのだと思います。


お父様のみ言

先生はどんなに苦労が絶えなくても
もっと苦労しようと思います。
もっと誤解され、もっと非難されようとも
それに一言の文句も言わず、すべてを受け
携えて霊界に行こうと思います。
そして引き続いて伝統を立てていきます。
そうすれば
いずれは我々のやっていること
我々の真理は勝利を収めるようになります。
先生は分かっています。
だから先生は霊界にいても
地上にいても働き続けるのです。


愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする