2014年09月01日

「感謝します! 愛しています!」 宝石の1世、ピュア・ウォーターの2・3世?! 《善進様のみ言》後編



1003646339KakaoTalk_20140805_175906490-600x450.jpg


善進様のみ言、昨日の続きです。
(ほんの少しだけ省略しています)


統一運動の霊的支柱である(皆さんのような)お兄さん、お姉さんに
特別なことを話す事はできません。
むしろ皆さんこそ特別な存在だからです。
ここまで皆様はすべて成し遂げられました。
究極の犠牲と信仰で真のご父母様に従ってこられました。
皆様には頭を垂れるしかありません。

現在は厳しい転換期です。
私たちは巨大な支柱を失いましたが、
真のお母様は御自身の内に肉体的、霊的、内的変化を起こしながら、
統一運動を保持し、前進させようとしています。

真のご父母様が全てを完成、完了されたことに伴って、
真のお母様は、この一年間その偉業を
永遠に残すことに心を砕いて来られました。
真のお母様は全世界を解放させる鍵になるお方です。
世界の宗教を眺める時、キリスト教であれ仏教であれ、
ムハンマド(マホメット)、キリストのように霊的指導者はすべて男性でした。
つまり父親です。

私たちの真の父母様の重要な点はなんでしょう?

私たちは何故他の宗教と違うのですか?

私たちの真実をより真実たらしめているものはなんでしょうか。

それは男性だけではないという所です。
これまでの人類歴史はひとりの男性と女性が
一つになることを求めてきました。
それはあたかも真のお母様が朝、月と太陽の出会いを
ご覧になりたくて出かけられるのと同じです。

この一体化のためにお母様は生涯をかけてこられました。
私たちには想像すらできません。
皆様はおそらく父母でありそして指導者です。
皆様、真の父に侍り、一つとなって立ち、その犠牲によって
堕落世界のすべてを解放するその位置に立たれるまで、
過去の歴史のすべての過ちを蕩減していく真の母という存在が
いかなるものか想像できますでしょうか?

つまり私達のすべて、成してきたことすべてが
その一体化から生じたのです。
なぜなら男性と女性が完全に調和をなして
一体化することなしには真の父母様の子女になる道がありません。
全ての祝福、真の家庭、祝福家庭、世界平和統一家庭連合など
「家庭」と名の付くものはすべて、それによって成立つものです。
家庭はどこから始まるのでしょう?
真の父母様から始まりました。

これは最も重要で貴重な現実です。
この事実こそ、お母様が2世、3世に確実に伝えておきたい事なのです。

なぜなら私たちの多くが、私の家庭も含めて、
天の父母様、真の父母様、私たちの父母を持つ意味の
重要性を理解できていないからです。
今も大きな犠牲を払われて、私達が悟り
完全な愛と統一で一つの家庭を成し
神様に喜びをお返しする日を待っておられるのです。

今年、お母様は次世代の教育に
すべての関心を注ぐことを考えてこられました。
もちろん多くの2世が動員されましたが、
3世にも真のお母様は証されたいのです。
真の家庭3世となる孝進兄さん家庭の子女達、
そして他の子女達を集めてハワイで修錬会を開いた理由はそれです。

その修錬会でお母様は2つのことを教えるよう言われました。

「あなたと他のカウンセラーに教えてもらいたい事は、
カムサハムニダ(ありがとうございます)と
サランハムニダ(愛しています)この2つです。
この2つの言葉を学んだなら統一原理を
すべて理解したことになります。」

これは深遠な言葉です。
真のお母様は多くのことを短い時間に語られます。
ほとんど詩と思えるほどです。

どうすれば子供たちに真の愛と感謝を
教えることができるだろうかと考えました。
原理講論を開くと創造の目的は喜びであるとあります。
皆さんは1世として真の父母様に従い蕩減の道を歩いて来られました。
多くの1世は聖人です。
驚くべき犠牲の模範であり、莫大な犠牲を払って、
お母様の言われる「ピュア・ウォーター」をこの時代に創造しました。

今回の40人の2世3世(ハワイ)修錬会で、
お母様が次のような祝福を与えて下さいました。

「皆さんの両親は自分たちを純粋にすることでとても純粋で、
澄みきった皆さんを産み出しました。
ですから皆さんはどこへでも出て行って
愛と喜びで輝かせることができます。」

思えば私たちがお父様とお母様から受けた教育はとても難しいものでした。
ご承知のように、伝道、経済、前線に出て行って
―伝道、伝道、伝道でした。
皆様に頭を下げざるを得ません。
しかし次の世代に対して、多くの2世に対して、
私達が統一原理を学んだように、子供たちに
その心情を相続させ内面化させてこなかったのです。

お母様が、彼らを「ピュア・ウォーター」と言うとき、
それは子女達への祝福であると同時にその父母、
つまり1世の皆さんへの「感謝」が込められているのです。

今回の修錬会に参加するにあたってすべての修錬生に私が出した課題があります。
それは彼らの父母の証を聞いて来ることでした。
両親が教会に参加した理由を訪ねてきなさいというものです。
統一原理の何が両親を動かしたのか、何が彼らの人生を変えたのか、
直接親に聞いて親子の対話をして来なさいというものでした。

両親が統一教会に入教した理由を理解するなら、
父母様について、統一原理すべてについて私が教える前に
皆さんは父母を通してそれらを理解したと言えるでしょう。
天の父母様というお方を、そしてお母様が祝福してくださった
「ピュア・ウォーター」である自分自身についても理解することになるでしょう。

このように真のお母様は今回の修錬会で
3世達にも多くのことを教えて下さいました。
これがお母様の御心情です。
お母様の真の父母としての絶対的な御心情です。

お母様は私たちのお母様にとどまりません。
お父様の聖和記念式典、世界サミットの核心は、
「真の父母様のFLU(許せ、愛せ、団結せよ)」と、
お母様がおっしゃったことでした。

このFLUに感染すればあらゆる悪に対する免疫ができます。
悪の菌と闘う抗体を作り出すからです。
このFLU(Forgive,Love,Unite)菌は必ず
他の人に伝染して保持されなければなりません。
例え話にするとジョークのようになりますが、
「許し」と「愛」と「一つになること」だけが
世界の子供たちを一つに出来るのです。

この世のいかなる困難も親の心情、
真の父母様の心情をもって前進するならば、
許しと愛と兄弟間の絶対的一体化を持って臨むならば
いかなる相違も生まれません。

真のご父母様によって男女は完全な均衡と調和で一つになります。
一家族として完全に一体化を果たすのは
私たちが協力して果たすべき責任です。
私たちは罪人で十分に出来てこなかったのです。
天の父母様と真の父母様が世界のすべての国のために払った犠牲を思うとき・・・

真の父母様はすべてを救いと与える心情で成してこられましたが、
指導者ともなれば多くの報告を受け多くの無理なケースも目にします。
しかし私たちは最善を尽くしてお母様が毎日歩かれるその道に
沿って歩んできたと言いきることができません。

今回の聖和記念式ではお母様は人類に恩寵を与えようとしておられます。
これは親の心情、FLU(許し、愛し、一つになる)思いでそうなさるのです。
皆様がどこへ行こうと、許し、愛し、一つになることができるならば、
それによって真の父母様、真のお母様に栄光をお返しし、
皆さんの子女が貴重なピュア・ウォーターであることを証する事になります。

お母様は1世のメンバーに、
「あなた方は美しい宝石です。最高に色美しいカラフルな宝石です」
とおっしゃいました。
日本の幹部たちがハワイに来た時、そう言われました。
そのように祝福されたのです。

宝石になるためにはあらゆる熱や炎、圧力を受け、
そして緻密なカッティングを経なければなりません。
そうしてこそ人々に喜びを与える輝きで煌くことができます。
このようにして、皆さんがあるのです。
真の父母様との体験談しか皆様にお話しできないことをお許し下さい。
兄弟姉妹としてお母様と一緒に歩いていることが実感できますよう願います。
そしてこのFLU、真の父母様のFLUをいつも持っていて下さい。


昨日の前半は、お母様のウォーキングを中心とした内容でしたが、
後半はがらっと変わり、より内的な世界を話しておられます。

主に三つに分けられると思います。
1、メシヤは男性として来られたのではなく、
  真の父母として来られた。
  真の母はどれだけ重要であるか。

2、 二世・三世は「ピュア・ウォーター」であり、
  真のお母様は特に力を注いでおられる。

3、この「ピュア・ウォーター」を生み出した一世は、
 「美しい宝石」として、FLUを持って歩んで欲しい。

以前、本部の多田部長が親セミナーの講義で
「私たちは人類歴史上初めて、原罪のない子女を生み出した
一世であり、そういう意味では前人未到の歩みをしている」
そのようなことを語られたことがありました。

二世・三世は本当に「ピュアウォーター」なのです。
そのような観点から二世を見つめていく必要があると思います。

さらには、
「カムサハムニダとサランハムニダ。
この2つの言葉を学んだなら統一原理を
すべて理解したことになります。」
善進様が言われているとおり、
本当に深遠なみ言です。

お母様の言われる「カムサハムニダとサランハムニダ」
これは、感謝できないことも感謝し、
愛することが出来ない人にも愛することができる
そのような歩みをすることなのだと思います。
そういう意味では、FLU(許し、愛し、一つになる)
ということにも通じるのではないでしょうか。

善進様の貴重なみ言を肝に銘じながら、
歩んでいきたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする