2014年10月22日

人の「死」とは? 「聖和」は出発?! 〜御嶽山で犠牲になった食口たちを悼んで〜



68050_460087730709304_974581569_n.jpg


死は、別の世界に入っていくための再生
あるいは新生のようなものです




先日、親交のあった食口が聖和され(亡くなられ)たので、
帰歓式に家内とともに参加させていただきました。
統一教会では、帰歓式がこの世でいうお通夜
また、聖和式は告別式のことです。

聖和されたのは、4人のお子さんを持つ、まだ50歳の婦人です。
ご主人とは、ともに青年時代、み旨の最前線で歩んだ仲であり、
式の前に、少し話をしました。
9月に入院され、余命13ヵ月と言われたものの、
よくなる希望もあったのですが、
突然に体調が急変されたとのこと。
「何だか、今もこうしているのが、信じられず、夢であって欲しい
そう思わずにはいられません。。。」
彼の率直な心境でしょう。

亡くなった婦人は、明るく教会の活動をされていましたが、
職場や地域でも人望があったらしく、教会の内外から多くの参列者がありました。
心から、彼女を送ってあげたい、そう思う人が集ったのだと思います。

いつも元気いっぱいだった印象だけを残して
霊界に旅立たれた一人の婦人。
聞くところによると、それよりほんの数日前にも
同じ50歳の頑張っておられた婦人が聖和されているとのこと。

人の死というのは、予期しないでやってくるものです。
聖和というのは、さらに人知で計れないものがあると思います。

そして、聖和式行事というのは、とても感動的なものです。
これも、祝福式と並ぶ統一教会のブランドともいえるかもしれません。

神様のために御父母様のために歩み、
人々に為に生きる実践をし、どのような家庭を作ったのか、
見えない精誠の結実として、すべて証されるのが、聖和式の行事です。
りっぱに成長されたお子さんの姿は、親族や、一般の参列者にも
証しになるものだったでしょう。
また、御主人の姿を見ても、奥さんへの愛情が伝わってきて、
また会場に神様の愛が満ちて、一人の天の娘の
最後の門出となる、本当に素晴らしいセレモニーでした。



今回、御嶽山の噴火で、食口4人が犠牲になりました。
皆様もご存知のことかと思います。
今回、犠牲になられた52名の方たちとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。

統一教会員が犠牲になったということもあってか
報道も過熱しました。
そこに対応したのが、本部広報局のスタッフでした。

最近作られた、『統一教会広報局サイト・雲外蒼天』に
掲載されていますので紹介します。



戦後最大の火山災害となった御嶽山の噴火で、愛する教会員4名が亡くなった。
私は広報の一員として、9月29日から10月11日まで、
4名が所属する東愛知教区本部の豊田教会でマスコミ対応に関わった。
一日100本を超える問い合わせの電話、訪問取材を受ける中で、
それまでは全く縁のなかった4名のことを詳しく知るようになった。
その結果、彼らへの敬愛の念が日ごとに強く湧くようになり、
あるテレビのニュースでは犠牲者のことを泣きながら説明する自分がいた。

驚いたのは、記者たちも同じだった。

「自分にも長山照利ちゃん(11歳)と同じ年の娘がいます。
棺のお顔を見て、この子のために何ができるかを考えさせられました」(放送局)

「長山さんのお父さんとは同じ世代です。深い悲しみを覚えました」(新聞社)

「Mさんの奥さん、ご主人なくしてこれから大変だよね。
実は自分の妻の名前とおんなじでね、字は違うけど。他人事とは思えなくて」
と香典を届けてくださった新聞記者の方等々。

そうは言いながら、ご遺族や関係者に対する取材は容赦がない。
学校の友達を探して一軒一軒戸別訪問し、
写真とコメントをもらうまで社に帰れない放送記者。
深夜でも当たり前のように電話してくる通信記者。
アポなしで一日に何度も訪ねてくる新聞記者。
私は「ストーカー取材」と名付けた。

周囲からそれほど嫌われても、彼らは取材の手を緩めない。
仕事だからということももちろんあるだろうが、
やはり使命感だということがよくわかった。
被害の本当の実態、深刻さは故人一人にとどまらない。
葬儀の取材を通して、残された家族一人ひとりの人生にまで
深く影響することを記者たちはよく知っている。
そしてそれを政府や国民にきちんと伝えることで、
二度と同じような事故が起きないような社会に変えていく
――そんな強い使命感だ。

自らが最もよく知り、それを広く社会に伝える。
このような作業を通じて、取材記者のなかに
「愛」を創造しているとは言えないだろうか?

名古屋と豊田の記者さんたち サランヘヨ!



今回、聖和された婦人も、
また御嶽山で犠牲になられた4名の食口たちも
あまりにも突然の出来事であり、
親族も関係者の方たちもどれほどの衝撃かと思うと
本当に表現するのが難しいくらいです。

しかし、私たちは、『聖和』すなわち、
霊界の世界へと送り出す貴い式典をするのです。
地上の世界だけでなく、霊界という
永遠の世界に向かう出発の場が、まさに『聖和式』なのです。

今回、ニュースレターに4人の食口の証が詳細に書かれていましたので、
明日、また紹介したいと思います。



私は、私たちの運動と教会の伝統を定める、
実にはっきりした声明をしようと思います。

世の中においては、死は、生命の終わりを意味します。
しかし、私たちの世界においては、
死は、別の世界に入っていくための再生
あるいは新生のようなものです。
特に、天国実現の目的のために、またその運動のために
生命を捧げる人は、特別のヒーローです。

ですから、私たちはそのようなときに陰鬱になったり、
悲しくなったり、がっかりしてはいけません。
その代わりに、使命を捧げた生命をもつ
霊人体の勝利を喜びましょう。

もし、私たちが地上において、とても悲しんだり、
陰鬱になったりすれば、それは、天国へ昇っていっている人を
地上にひきずり下ろしているようなものです。

このことは、赤ちゃんが一番目の母の胎から生まれるように、
二番目の宇宙的母の胎から別の世界へ誕生することです。

昇華式は、実際のところ、男性と女性が結婚する
結婚式に匹敵するものです。
それは、少しも悲しい場面ではありません。
それは、虫が繭を出て、束縛から自由になって、
新しい存在、新しい実体になるようなものです。
まさに同じ過程です。
私たちの生活の仕方や伝統において、
無形世界と有形世界は一つであり、
それまでの理想に従って生きることによって、
私たちは、二つの世界を一つにするのです。


(1984年1月7日 昇華式の重要性)



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/whoxs74ru6cg



posted by ten1ko2 at 13:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

(証し) 777双祝福記念日に・・・ 「真の父との出会い」 〜中村惣一郎先生の場合!



t02200164_0400029811777650433.jpg


メシヤは兄さんのような人だよ。



今日は777双祝福44周年の記念日です。
777双の先輩方、おめでとうございます。

今回は、777双の先輩家庭で、
現在、千葉中央修練所の所長をしておられる中村惣一郎先生の、
真のお父様との出会いの証しを紹介します。

 

当時、九州には福岡、熊本、鹿児島に教会があり、
献身的に活動している人、礼拝に参席する人全員が集まりましたが、
二十人ほどにしかなりませんでした。
(1965年2月5日)そのメンバーが全員集まって、
真のお父様を福岡の教会にお迎えしました。

“力道山みたいだなあ”。
それが私の第一印象でした。
お父様のお体は大きく、力強く見えました。

お父様は「行きたい所、会いたい人、住みたい所」
というみ言を語ってくださいました。
そのとき、お父様はたった二間の小さな家で、
二十人ほどのメンバーを前にされながら、
しかし何百人の人たちに対して語られるように、
「行けーっ! 行かなければっ、ならない!」とか、
「宇宙に出るとき、大気圏を脱出するだろう? 
ロケットが地球の引力圏を突破して宇宙に飛び出すように、
堕落圏を突破して突き抜けて行かなければならないんだ!」
と激しくお話しされました。

また、「メシヤは兄さんのような人だよ。
どのように生き、どのように生活すべきかを一つ一つ教えてくれる
兄さんのような人が必要だ。
それがクリスチャンの中にいないから、
再臨主が兄さんのようになって来るんだよ。
兄さんの立場を執りながら、同時にお父さんなんだよ。
そのような人が会いたい人であり、メシヤなんだよ。
行きたい所は、本来の故郷という意味で“本郷”である。
住みたい所もそこなんだ。
そして、幸せな人は、自分の父母とともに、自分の家門とともに、
自分の生まれたもともとの故郷において暮らす人が幸福な人である。
だから、ここに帰らなければいけない」
と、諄々(じゅんじゅん)と説いてくださいました。

さらに、「いろいろな人が真理を求め、行く道を探している。
そしてみ言に出会ったとき、『そうか、この道だ』とうなずきながらも、
いざ行くというとき、その道を行こうとしない。
これが、神の絶えざる悲哀と、天的怒りの頂点なのかもしれない」
と語られたことが、とても心に残っています。

そして最後にお父様は、当時の地区長であった竹内ママに、
「日本に来て、一番大切な話をしたかもしれない」
「先生は、福岡が日本の本部になることを願っているかもしれないよ」
と語られました。
竹内ママの、声を上げて喜んだ顔が今でも思い出されます。

み言の後、真のお父様は立てひざでお座りになり、
わずかなお料理を皆に分けてくださいました。
それから、私たち全員にハンカチを一枚ずつ下さったのです。
「世界基督教統一神霊協会」の印が押されているハンカチを渡されながら、
握手までしていただきました。
それは、今も大切に保管してあります。

この日、私たちは真のお父様の宿泊のためにホテルを用意していました。
ところがお父様は、その夜は「教会に泊まる」と言われたのです。
そこで、大急ぎで貸し布団を借りてきました。

真のお父様のほかに西川先生、崔 元福先生、久保木先生、石井夫人が
広いほうの部屋に休まれ、隣の四畳半の部屋と押し入れには、
その日福岡にやってきた九州のメンバーたちが休みました。
そして私と都敬志さん(777双)は、玄関の二畳に、
上に布団をかけて服を着たまま休みました。

部屋の方を見ると、すき間からはお父様のお姿が目に入りました。
そのとき、お父様がさっとお休みになられたような気がしました。

私は“メシヤは、二十四時間神様と一緒だから、お祈りしなくてもいいのか”
などと思ったのですが、その晩、私は初めてお父様の夢を見ました。
その夢の中でお父様は、一晩じゅうずっと座ったままお祈りをしておられました。
それで私は、お父様というおかたは、休まれたとしても、
決して私たちのようには休んではおられないのだ、ということが分かったのです。


201302_04_01.jpg


翌2月6日の朝、真のお父様は

「東園聖光之地 萬民拜服福岡」

と揮毫されました。(上の写真↑)

これは、福岡に対する限りない賛辞であり、祝福でした。
そして、福岡の西公園内に聖地を決定されて、すぐに東京に向けてたたれました。

このときの実体の真のお父様との最初の出会いは、
お父様の力強さが印象に残っています。
あのころ真のお父様は、神様のみ旨のために立ち上がった一人一人の勇士たちに
直接、激しい波動でみ言を語ってくださいました。
そして直接に指導してくださったのです。



真のお父様の当時の様子をうかがい知ることが出来ます。
777双の先輩たちは、このように
人数が少ない中で、真のお父様と間近に接して、
直接、愛を受けられました。

「日本統一教会の先祖のような立場で
みんなに侍らないといけない・・・」
そんなことを以前、中心者が語られたことがあります。
本当にそういう先輩たちのご苦労の土台で、
今の私たちが存在しているのです。

そうして尚かつ、今も最前線でみ旨を歩んでいる方がいます。
毎週月曜日、末永副会長を中心に、
本部の情宣カーで路傍伝道を継続しておられます。
本当に頭が下がります。

そこで路傍伝道をしている婦人のご主人と懇意なのですが、
私たちの伝道活動に対して関心を持ってくださり、
先日もどのようにしているのか、謙虚に聞いてこられました。

そういう先輩たちと今、ともにみ旨を歩めること、
そのことが本当に素晴らしいと感じます。
教会長はよく、「最前線主義」と語られます。
そんな意識を持って、この777双祝福記念日を期して、
改めて相続していきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

最後にイチゴを食べるのは誰?! 絶体絶命の窮地で父が取った驚きの選択!!



moon__web__2288_s630x429.jpg


反対する人を憎むのではなく
愛していった
これが神様と先生の歩んだ道なのです




昨日の記事では、真のお父様が短気だった、
その思いを乗り越えてこられた、と書きましたが、
今日はそれとはまったく正反対の内容を書きます。

文亨進様の著書「はげ頭と苺」に
こんな説話が紹介されています。


ある農夫が畑仕事を終えて家路についたとき、
後ろから迫るものに気がつきました。
農夫は命の危険を感じて一目散に走り始めます。

すると、突然、目の前に崖。
後ろからは獰猛な獣が迫ってくる。
彼は思い切って崖を飛び降りました。

すると幸いにも、彼は一本の蔓(つる)をつかみ、
一命を取り留めました。

ところが、上を見上げると、崖っぷちから姿を現したのは巨大な虎。
下を見下ろすと、何と暗闇の中からもう一匹の虎が・・・

それで終わりではありません。
再び上を見上げると、黒と白の二匹の小さな鼠(ねずみ)が、
命綱である蔓をかじっているではないですか!

絶体絶命のその瞬間。
目を開けてみると、目の前に甘くて美味しそうな苺が一つ。

農夫はその苺を取り、口に入れました。
「その、おいしかったことといったら・・・」


絶体絶命の窮地にある時に、
イチゴを味わう境地はすごいと言えますが、
この説話を真のお父様に話したとき、
驚くべき返答をもらったといいます。


話を聞くやいなやお父様は、こうおっしゃいました。
「うん。それは分かるけど、
それならその苺を、そのねずみと
虎にもやらないとね!」と。

これを聞いた時、私はびっくり仰天して、
思わず気が遠くなりました。

これは考え抜かれたいい返しではなく、
正にお父様という方の存在そのものの反映であり、
それが自然と口を突いて出てきたものでした。
考える時間も取らずに、さっと示された、
この方のあまりにも深淵な高められた慈悲心
―自分の命であるその「苺」を、
よりによって自分を滅ぼそうとしている、
正にその者に与えるという心をもつこと、
その最悪の敵さえも完全に愛するという
お父様の心の前に、私は完全に圧倒され、
本当に気を失いました。
(はげ頭と苺 31ページ)



真のお父様の恩讐を愛する精神、
真の愛そのものの姿が示されています。

昨日のお父様の姿はそうではなく、
恩讐を愛するために葛藤している姿がありました。
しかし、今回の「農夫と苺」に関しては、
瞬時に恩讐を愛する姿に変貌しています。

これはまさにお父様の生き様が
恩讐を愛することに徹してこられたから、
完全に真の愛の精神を体得しているに他ならない、
そのように思わされます。

御旨の道にこのようなみ言があります。

愛を受けなかったことを恨みとせずに、
愛を授けられなかったことを
恨みとしなければならない。


まさしく、愛さずにはいられない
そのような心情が溢れています。

幼い頃から深い愛情と情熱を持たれたお父様が、
このように「恨」「怒り」を主管(コントロール)され、
真の愛の体恤者となっていかれたのは、
16歳でイエス様から召命を受け、
涙の神様に出会ったからだったと思います。
悲壮なる決意をされた思いが込められているのが
自叙伝にも紹介されている
「栄光の冠」という詩ではないでしょうか。

その時から、不断な努力をされたお父様でした。
「愛の勝利者」である文鮮明先生を
「真のお父様」と呼ぶことができることに
改めて感謝したいと思います。

それは、お父様だからできたのではなく、
万民が行くべき道を、体当たりで
切り開いてくださったのだと思います。
相続するにはあまりに程遠い者であり、
亨進様と同じように気が遠くなる思いもしますが、
行かれたその道を、ただ慕っていきたいと思うのです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



「栄光の王冠」

人を疑えば苦しみを覚え、
人を裁けば、耐えがたくなり
人を憎めば、もはや私には存在価値がない

しかし、信じてはだまされ
今宵、手のひらに頭を埋めて
苦痛と悲しみに震える私

間違っていたのか
そうだ、私は間違っていた
だまされても、信じなければ
裏切られても、赦さなければ
私を憎む者までも、ひたむきに愛そう
涙をふいて、微笑んで迎えるのだ
だますことしか知らない者を
裏切っても、悔悟を知らない者を

おお主よ!愛の痛みよ!
私のこの苦痛に目を留めてください
うずくこの胸に主のみ手を当ててください
底知れぬ苦悩に心臓が張り裂けそうだ

されど、裏切った者らを愛したとき
私は勝利を勝ち取った

もし、あなたも私のように愛するなら
あなたに栄光の王冠を授けよう


自叙伝p64



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 20:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする