2014年10月03日

日本統一教会55周年! なぜ10月2日が創立記念日となったのか?!



DSC_3092-300x201.jpg


感謝は天運を受けるようにし、
許しは人の心を開き、
愛は人を動かします。
万事に感謝し、怨讐までも許し、
隣人を私の体のように愛し、
平和のために一つになりましょう。


日本統一教会創立55 周年記念大会 
韓鶴子総裁 基調講演より
(文善進世界本部長代読)




善進様が来日され、日本統一教会創立55周年の
記念行事が、沖縄、佐賀で行われ、
おとといは、記念式典がありました。

そして、昨日10月2日が本当の記念日です。
その日に、日本で初めて、礼拝が行われたということです。
実際、1959年10月2日は金曜日だったということですが、
なぜ、10月2日なのでしょうか。

そのことを以前、草創期からおられる増田勝先生が話しておられます。


真のお父様が、1941年4月1日に日本留学のために来日され、
帰国された1913年10月以来、
日本に神のみ旨を果たすことのできる拠点が無かった。

2000年のある日、四十数年ぶりに日本統一教会で
最初の礼拝をささげられた「雄鶏舎」を再訪した。

その場所は、真のお父様が日本留学時代に下宿された三橋家から、
驚くことに徒歩5分の距離にあった。
西川勝先生は、真のお父様の下宿時代の事情を全く何も知らずに最初の教会を定めた。

「雄鶏舎」の跡地の前通りは、真のお父様が日本留学時代に
毎日のように通われたであろうことは、容易に推察できる場所である。
真のお父様の祈祷の中に記憶されていた空間でもあったことが分かる。

このように考えると、時も場所も、み旨が成就されるのは、
真の祈りの土台の上であることが理解できる。

日本統一教会の創立記念礼拝が行われたのは、1959年10月2日である。
創立記念日を調べると、10月2日は金曜日であり、
午後7時15分から30分間、わずか4人だけでの礼拝であった。
ここで疑問が残る。

後々のことも考えたであろう創立記念礼拝を、
なぜ2日後の10月4日の日曜日にしなかったのか。
また、記憶しやすいと思われる10月1日ではなかったのかということである。

2003年10月下旬のある日、西川先生と二十数年ぶりに日本で再会した。
その時、「雄鶏舎」で挙行された「最初の礼拝」(日本統一教会の創立記念礼拝)
について尋ねる機会に恵まれた。

そのとき、西川先生は多くは語ってくださらなかったが、私の心を刺した言葉がある。
それは、「10月2日(金)に創立したのは、月も日も時刻も、
自分の自由にはならなかったからである」と語られたことである。

礼拝に参加した数人のかたたちの事情に合わせるより、
ほかに方法がなかったという。
西川先生の気質を誰よりもよく知っている私には、
涙なくしては聞くことのできない言葉であった。



礼拝は、通常日曜日に行われますが、
西川先生が伝道された4人の食口が日曜日に事情があり、
また、「雄鶏舎」の事情もあったのか、
やむを得ず、10月2日の金曜日夜に行われたということだと思います。

西川先生の「日本伝道記」に当時の様子が記されていました。

yukeisya-thumbnail2.jpg  yukeisha3.jpg
「雄鶏舎」1970年代撮影


10月2日金曜日午後7時15分

日本宣教100周年の今年、神の原理は伝えられ、
4月より今日まで原理を信じた兄弟姉妹4人、
西川勝、清水義雄、須田トク、田村芳子は午後7時15分定刻に礼拝を始め、
清水氏の司会により始められ、讃美歌と祈りの後、西川勝の聖書講読、
マタイ6章25節より後までを読み、「義と神の国を求めよ」という題で
約30分説教して、8時に終わった。

J・C・Cの学生も来ると思ったのだが来なかった。
4人で歴史的な礼拝をして、主の名において日本に
1日も早く神の国の来たらん事を祈り、
神の讃美と共に報天の決意を固くした。



20090820093059.jpg
日本宣教出発直前のお父様と西川勝(崔奉春)先生


西川先生の宣教の経緯を考えれば、
奇跡的とも言うべき初めての礼拝は、
当時としては、そのようにささやかに行われたのだとしても、
歴史に刻まれるものとなりました。
きっと神様も喜ばれ、祝福を注いでくださったのだと思います。

たった4人から出発した日本統一教会でしたが、
今は、300近くの教会が出来、
たくさんの人たちが会員となっています。
おそらく韓国で誕生した宗教団体で、
日本においてここまで大きくなったところはないでしょう。

しかし、天の願い、天の基準からすれば、まだまだです。
2020年までのことを考えると足りないところは山ほどあります。
だからこそ、神霊と真理による爆発的伝道を
していかないといけないと強く感じます。




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする