2014年10月19日

サタンを打てなかった理由?! 真の愛でしか越えられない! 



10644958_373390886144649_8352606779784953988_n.jpg


本当に神様もメシヤも腹が立つことは、
サタンを打つことができないことだ



史吉子先生の「原理に関するみ言の証」
に『メシヤの能力と責任』という項目があります。
その内容を参考に、感じたことを書きたいと思います。



「神様が今までサタンを屈服させることが
できなかった原因が、どこにあるか?
そして、人類が今までサタンを屈服させることが
できなかった原因がどこにあるか?

ただ一つ、サタンが主張するのです。

『私は堕落したとはいえども、
本然の原則的な基準で父母の心情から見たなら、
神様が私を愛するようになっており、
神様の息子が私を愛して初めて、
天国に行くようになっているのが
原理原則ではないですか?』
と言うのです。

このように出れば神様は手も足も出ないのです」


(真の父母様の生涯路程 第7巻 340ページ)

神様は真の愛のお方なので、
サタンを愛で屈服させないといけませんでした。
真のお父様は

「本当に神様もメシヤも腹が立つことは、
サタンを打つことができないことだ」


そのように語られました。

また、史吉子先生がかつて迫害を受けたとき、
その内容をありのままに報告したときに、お父様は
「私もマフィアのように、怨讐を打ちのめしたい」
そのように言われたそうです。

「私も初めから良い人ではない。
私も気も短くて、復讐心もあり、
気難しい性格なのに、メシヤの道を行くために仕方なく、
私が私自身をしきりに訓練させながら、
歯を食いしばって舌をかみながらも、
ここまで来たのだ!」


そのようにして乗り越えていかれた
真のお父様でした。

イエス様も、サタンに肉身は奪われましたが、
怨讐を憎まず愛したので、
神様はイエス様を復活させました。
十字架で恨んで亡くなられたら、
霊的な救いはなかったのです。
復活したイエス様を信じることで霊的な救いがあったのであり、
そのイエス様が肉身でなすべきみ旨と使命を
代わりに成しておられるのが、真のお父様なのです。


また、そんなお父様の使命を果たそうと
今も最前線で歩んでおられるのが真のお母様です。
どれだけの重荷を背負っておられるでしょうか。

先日、徳野会長が真のお母様にお会いされたとき、
「お母様が悩んでおられる問題を吐露してくださった。
しかし、それは、100ある重荷の中で、
おそらく5とか10くらいに過ぎないでしょう。
お母様はどれだけの重荷を抱えておられるかわかりません」

そのように証しされていました。

先日の善進様のみ言でもお母様のみ言を語られていました。
「お母様は、そのとてつもない重荷に対し、
世界の海の底で何トンもの水圧に
押しつぶされているようだとたとえられました」

それは、お母様でないとわからない世界です。

しかし、お母様は

「カサハニダ」(感謝します)
「サランハニダ」(愛しています)


この心情を持って乗り越えようとしておられます。
まさに真のお父様と同じ道を歩んでおられます。

私たちも次元はまったく異なりますが、
父母様の歩まれている心情を携えながら、
真の愛の精神を相続していきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする