2014年10月25日

「事実は(一部)マスコミの報道と全く違っていた!」 統一教会へのデマはこうして始まった! 




祝福式 〜既婚カップルが参加する合同結婚式〜


本部のHPに既婚カップルの祝福式を紹介する映像が作られていました。
この中でもみ言を学んで間もない、
壮年の方の証が掲載されています。



今、週に2回、学びの場をいただいておりますが、
1ヶ月ほど前の自分を振り返りますと、
今の自分が嘘みたいです。

事実はマスコミの報道と全く違っておりました(拍手)。

今は、私はこの学びに喜びを感じております(拍手)。



*タイトル及び、本文に、
「事実はマスコミの報道と全く違っていた」
と記述していますが、
すべてのマスコミ報道のことを差すものではないことを
記述しておきます。


映像を見るとわかるかと思いますが、
本当に短いコメントですが、
実感がとてもこもっています。
おそらく先に入信された奥様を大反対していたご主人であり、
(一部)マスコミの言うことを鵜呑みにされていたのだと思います。

やはり、自分の目で確かめること、
これが重要だと思います。

最近紹介している『受難の源流』にあるように、
梨花女子大事件、その後のお父様の西大門刑務所への収監時の
韓国の検察当局の内偵も
(一部)マスコミと、『高位層』の指示でした。

この頃の韓国の間違った報道、デマが
その後、日本においても
統一教会を反対する根拠の一つとされてきました。

統一教会を身近で見る人はご存知のように、
事実は、(一部あるいは大方の)報道とは全く違っていたのです。


なぜ、「中央日報」は、かくも文師と統一教会を徹底的に攻撃し、
梨花女子大学側を擁護する記事を掲載したのであろうか?

それは「中央日報」が、どのような新聞であるかを知れば、
容易に理解することができる。
このころの「中央日報」の社長(孔鎭恒氏)は、
朴瑪利亞副総長の夫、李起鵬氏と親しい人物である。

同新聞社の編集局長は、李承晩大統領の公報秘書官をしていたことがあった。
1957年1月1日から「中央日報」は「世界日報」と社名が変わり、
版権が孔鎭恒氏に移り事実上、李起鵬系の新聞となった。
文師と統一教会に対する「中央日報」の醜聞報道は、
その後も一貫して変わっていない。

「中央日報」がいかに文師に対する誤った報道をしたかを詳細に知れば、
それだけでいかなる存在がこの「梨花女子大事件」に関与していたかが見て取れる。

先の「中央日報」(5月27日付)に掲載された神学博士とは、
梁允永女史が入信後、最初に伝道に行った韓景職牧師である。

同牧師は、その中で「終末には、“似非真理”が横行すると
聖書にすでに教訓となっているので、
これ以上(統一教会に)深く関与する価値がない」と述べている。

検察の統一教会に対する内偵が始まったのもこのころからである。
“統一教会は電気仕掛けやご飯に薬を入れて洗脳し、
地下室で裸になって踊り、男女は不倫な関係を持っている”
などの情報を裏付けるためであった。

「東亜日報」(5月26日付)では、検察当局は、
数日前から“高位層”の指示を受け、同事件の内偵に着手して、
三十余名に対する調査を終えたことが書かれている。

検察の調査が始まって約一か月後の6月24日付の「自由新聞」には、
検察は統一教会の嫌疑が立証できずに、内偵が完了したことが記されていた。
(受難の源流 より)



私たちも上記のDVDを活用しながら、
既婚カップルの方に祝福結婚を紹介しています。

先日紹介しましたように、御嶽山噴火で犠牲になった
4名の食口の人柄、また聖和式などを通して
マスコミの印象もずいぶん変わったと聞いていますが、
やはり、直接自分の目で確かめることが重要なのではないかと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)