2014年10月28日

大きな風が吹いている! ただ真の父母の名を叫ぼう!!



真の父母を宣布する!
人に宣布するのではなく、
天に霊界に宣布するのです☆


日曜日のお母様のみ言を
改めて振り返ってみたいと思います。

『今、大きな風が吹いています。感じますか?』
教会長がそんなことを語られていましたが、
本当に首都圏でも昨夜強い風が吹きました。

近畿では、昨日の風が『木枯らし1号』ということらしいですが、
東京地方でも、今朝もとても強く冷たい風が吹いています。
いよいよ冬が近づいてきました。

私たちが、風を起こしていく者たちなのではないでしょうか。
これからは、冷たい木枯らしの季節ですが、
懐には温かい神様の真の愛を携えています。
いずれ、季節も味方して、真の愛の旋風を起こしていける…
いえ、もうその風は起こっているのです。

真のお母様が
『氏族メシアの運動は奔流となって、巨大な波となる』
そのようにみ言を語られました。

また、私たちは、真のお母様が語られるように
祝福家庭として、『清い水』すなわち、
『ピュアウォーター』の立場です。
しかし、『清い水だとしても、それがそのままじっとしていれば、
どうなってしまうでしょうか』
と語られているように、動かないと清い水ではなくなります。

そういう意味では、動くこと、
まさにために生きる実践が必要だというのは、み言の通りです。
原理から言っても、授受作用の法則は
まずは受けることより、与える立場に立つこと、
これが重要だといいます。
そして、ために生きる実践で一番重要なのが
氏族メシヤの使命を果たすことではないでしょうか。

そのためにも真のお母様は
『皆様は堂々と叫んで下さい。
堂々と真の祝福家庭の、真の父母の息子娘である事を
このように誇り高く叫んで下さい』
と語られています。

私たちの教会でも駅頭で、
街頭遊説をしながら、堂々と
神様と真の父母様を証し、叫んでいます。
これが本当に天の願いであると感じます。

私も地元の人間なので、最初は正直抵抗がありました。
ですが今はなんともありません。
地元の婦人たちも最初は帽子を目深に被って演説していましたが、
今では堂々と叫んでいます。
天はどれほど喜んでおられるでしょうか。

教会長もこのように語られています。
『生きた神様と出会うためには、最前線に立って、
自分の言葉で、神様と真の父母様を堂々と証すこと。
神様と真の父母様を証し、祝福の恩賜を与えること。
正しく証すためには、み言に対する絶対信仰と確信、自信が必要。
伝道を通して、皆さん、大きく変わり、成長してきていますね!
これが今の真の父母様の勝利圏です!』

私たちが正しく、堂々と真の父母様を証さなければ、
誰が真の父母様の本当の姿を伝えることができるでしょうか。

田舎や地方の教会では、
『電車の本数が少ないし、人通りも少ない』
このようなところもたくさんあると思います。
しかしそういうことが問題ではない、
『人に宣布するのではなく、天に霊界に宣布するのです』
教会長は、そのように語られます。

現に私たちが語っても多くの人は通りすぎますが、
ほとんどの人は立ち止まりません。
ただ、叫ぶことによって、
霊界が作り上げられるというか、
やはり私たちの雰囲気も高まるし、
その運勢で、アンケートに答えてくださるのを感じます。

ですから、お母様が語られた如く
真の父母様を愛し、誇る祝福家庭であるとするなら、
堂々と誇り高く、叫んでまいりましょう!!


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お母様の連合礼拝のみ言はこちら↓
 お父様が最期に願われたこと! ≪真のお母様連合礼拝のみ言≫


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする