2014年11月22日

〈統一教会秘話〉 一度座ったら離れられなくなる座布団の伝説?!



20111029sijyonohi.jpg

真の子女の日、おめでとうございます!

2011年10月29日(天暦10月3日)
真の子女の日の記念式典で
み言を語られる真のお父様



昨日、研修会の閉講式で
(バン)伝道局長が伝道された時の証しをしてくださいました。
とても心に残ったので、
少しアレンジして紹介します。


私は、1980年に統一教会に伝道されました。
伝道される前は、キリスト教会に通っていました。
韓国ではクリスチャンが多いのは、ご存知ですよね?
牧師だけで5万人もいるんですよ。

その頃、私が通っている教会の牧師は、
全羅南道の会長様でした。
とても、素晴らしい方ですが、
日曜日の礼拝説教では、毎月1回、
必ず、真のお父様の悪口を言うのです。

お父様のことを呼び捨てにして、
「文鮮明は悪魔、サタンだ」
本当にたくさんの悪口を言います。 
そんなに悪い噂を聞いたのに、統一教会に来たんです。

私は、統一教会みたいに悪いところが
何で、成長しているのかな?
少し疑問があったのです。

実は、大学のクラスメートが食口(統一教会人)でした。
しかし彼は、証しできなかったんですね。
統一教会の「と」も話せませんでした。

ある日、その友達の家に遊びに行ったのです。
すると彼の部屋の本棚に、お父様のマルスム(み言)選集が
一冊だけ入っていたのを見つけました。

「あい、お前、統一教会じゃないのか?」
「いや違うよ」
「統一教会の文鮮明は、悪魔、サタンなんだよ」
その時、そんなやり取りをしました。

それから、何の音沙汰もありませんでした。
ところが、半年たって、その友達から連絡があり、
私の家に遊びに来たのです。

しかし、彼は何も話しませんでした。
そして、時間が経ってようやく話し始めました。
「実は、僕は統一教会人なのです」

私は「お前は、悪魔の子供だ! 帰れ!!」
彼の顔につばをかけました。

皆様、韓国のキリスト教会の牧師様は真の父母様以上です。
どういう意味か分かりますか?
牧師様が話すことは全て正しいのです。
何を言われても信じるのです。
だから、彼は「悪魔の子」なわけです。
私は、彼のいうことを全く受け付けませんでした。

しかし、彼は怯まなかったのです。
「文鮮明先生は、キリスト教の牧師が言うような悪い人物ではありません。
文先生は本当に偉大な人物です。」
彼は、泣きながら真のお父様を証しました。

そして、こういいました。
「噂ではなく、自分の目と耳で確かめるために
修練会に行ってください」
2時間、3時間話し続けました。
返事しないと帰らない雰囲気でした。
私は根負けして
「わかった、そんなに言うなら
1週間の修練会に行くことにするよ。
でも一つお願いがあるんだ、
座布団には絶対座らないからな」

というのは、牧師先生が、かつて言っていたのです。
「統一教会には座布団があります。
私の協会でも、長老が統一教会に行ってしまいました。
長老様は統一教会の座布団に座ってしまったのです。
その座布団は、一度座ったら、立ち上がることができないので、
二度と戻ってくることができないのです」
そう聞いていたので、
「座布団には、絶対に座らない」
といったわけです。

彼はこう答えました。
「座布団ですか?
そんなのはありませんよ」
でも、私はこう言ったのです。
「でも、怖いから、友達連れて行ってもいいか?」
「いいですよ」
それで、二人連れていきました。
皆さん、私は統一教会に入る前に、
この二人を伝道したのです(拍手)。

友達二人を連れて修練会に行きました。
そして、椅子をよーく見たんですね。
座布団が置いてあるかどうか確かめました(笑)
表にはなかったので、椅子の下を覗き込んで、
裏に貼り付けてあるか確かめましたが、やっぱりありませんでした(笑)

それで、統一原理を学んだわけです。
その当時は、基督教会においては、聖書の解釈は、
聖書の文字通り信じるように教えられていました。
だからサタンの正体は蛇だと聖書に書いてあるので、
蛇は悪い生き物だと思って、蛇を退治するため、
山に捕まえにいったくらいでしたから・・・

統一原理は、聞けば聞くほど素晴らしいものでした。
聖書の解釈も本当に明確に説明されていました。
一日経って、夜寝る時に興奮した気持ちでした。
「本当に凄い内容だ。
でも、明日座布団に座らされるかもしれない。
気をつけないと。
統一教会は、そういう風にいい気分にして騙すんだ」

そして、二日目が過ぎ、そのまま聞いていきました。
講義が最後の方になります。
再臨論の講義になり、「再臨のメシヤは文先生です」
そういわれたとき、頭がカーッとなりました。

6日間は、原理だったから素直に聞きましたが、
「今まで悪魔だといわれていた人がメシヤなんて!」
本当にビックリしました。
しかし、論理的に否定できないわけです。

私は講義のあとに、本音で祈りました。
今もそのときのことを忘れません。
本当に本心で真剣に祈ったのです。

「今まで悪魔だと聞いていた文鮮明先生は再臨主だったんですか?」
神様に訪ねてみました。
「本当にこの人なのですか?」
あまりの衝撃で立ち上がる力がありませんでした。

その時に悟ったのです。
これが座布団だと思いました。
統一教会には座布団があったのです。
それは「真の愛の座布団」です。
だから、離れることができないのです。

私は、このことを悟って、
それで、キリスト教会を辞めて、統一教会に入教したのです。



梨花女子大事件に関しては
何度か書いたことがありますが、
ミイラ取りがミイラになった教授たちの姿を見ても、
本当に、「真の愛の座布団」があると思わされます。

もちろん、課題も当然あります。
「原理はこのように素晴らしいです。
でも、私たちは見ないでくださいね。。。」
すなわち、私たちが真の愛の実体にならない限り、
本当の意味で「真の愛の教会」とは名ばかりになるでしょう。
実体が伴うように、まさに真の父母様が歩まれた道、
それを相続しながら、多くの人たちを
「真の愛の座布団」によって、ひきつけていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする