2015年02月19日

今日、新年のスタート! 「天の父母様の日」とは?! 《1968年1月1日神の日のみ言》



new_TGD001.jpg


第48回 天の父母様の日おめでとうございます 



1968年1月1日は、神様が地上において
創造理想を中心として願われていた日です。
愛を中心として初めて神様が地上に着陸できる、
歴史始まって以来初めての喜ばしい日です




1968年に天の父母様の日(当時は神の日)が制定されました。
この時は、陽暦でお祝いしていましたが、
当時、1968年1月1日、本部教会で午前3時に語られた
お父様のみ言を紹介します。


「父母の日」、「子女の日」、「万物の日」は
あるのですが、まだ「神の日」がありません。
神様は天地を創造されたのですが、
その天地の中に、神様を中心として喜ぶことのできる日は
迎えることができませんでした。
それで、今年の正月一日であるきょうを
「神の日」として設定しようというのです。

「神の日」とは何か分かりますか。

この世の何が反対し、何がどうしようとも、
お母様の夫に対する心は変わらないというのです。
死のうが、生きようが、夫の行く道を行こうと
いうことに変わりはないというのです。
どんなに国が反対し、どんなに殺されるような目に
遭ったとしてもそれを覚悟して行かなくてはならないのです。
エバが信じることができない立場で堕落したので、お母様は
神様が信じることができる立場に立たなければならず、
同時に、夫が100パーセント信じることのできる立場に
立たなければならないのです。

それが1968年です。
男性の蕩減復帰の基準と女性の蕩減復帰の基準を
家庭を中心として立てたのです。
エバが長成期完成級で堕落したのを復帰するための
7年過程を経て8年目を迎える時、
完成級の夫婦の資格を備えた夫婦が
この地上に現れることができたのです。

本来完成したアダムとエバが愛を中心として
因縁を結んでいれば「神の日」は始まっていたはずなのです。
それが始まるべきであったその基準を、
7年が終わり「神の日」を宣布することによって初めて、
完成基準の父母の因縁を中心として、
神様の愛と一致することができたのです。

完成級において神様に会うのは直接主管圏ですが、
結果主管圏の三段階を経て、十数の段階を越える時、
神様と愛を中心として連結されるようになるのです。
その日を探し求めて7年の期間が消耗されたのです。
1960年の御父母様の聖婚式以後、
子女たちを率いて日々を送り、満7年となり、
8年の最初の日となる1968年の正月1日に、
初めて「神の日」を策定したので、そこから
統一教会の文先生は世界的に伸びていくことができるのです。

1968年1月1日は、神様が地上において
創造理想を中心として願われていた日です。
すなわち、神様を中心としてアダムとエバが一つの体となり、
愛を中心として初めて神様が地上に着陸できる、
歴史始まって以来初めての喜ばしい日です。

「神の日」の決定と同時に、
地上に神様が臨在できる基準を立てることができました。
したがって、今や統一教会の発展は
地上において急速に促進されることでしょう。
そのような基準を成したので、統一教会は
真理を中心として霊界解放とともに地上解放、
そして地獄を解放するものとして発展していくのです。
なぜなら、「神の日」を迎えたその時より地獄が壊滅され、
サタンも滅亡するよりほかにない立場に至るためです。
それで「神の日」の決定と同時に
先生の使命は完成したのです。

「神の日」を決定することによって、今やサタン世界が
天の国の王権、父母の王権、子女の王権、万物の王権の
支配下に入ってきたのです。
もはや自分の思いどおりにはならないのです。
「神の日」、「父母の日」、「子女の日」、
「万物の日」を備えたので、先生に属するすべてのものを、
サタンは略奪していくことができないというのです。
なぜでしょうか。
真の父母圏、真の子女圏、真の万物圏に属していて、
神様に属しているためです。
これは型は小さいですが、
サタンが手を出すことができないのです。

今や「神の日」が始まることによって、
神様を中心として皆さんの第一次七年路程と
先生の21年路程(1945〜1967年)を越え、
今や第2次7年路程に入りました。
その後の世界においては天の家庭を中心として
神様が直接的に指揮できる時代になるということを
皆さんは知らなければなりません。
これを連結させて氏族を立てたのは民族を救うためであり、
これが神様の使命なのです。
それゆえ今、私たちに残された使命は民族を中心として
復帰の使命を完結していけばよいのです。




「『神の日』とは何か分かりますか」
と、お父様は語られ、
「この世の何が反対し、何がどうしようとも、
お母様の夫に対する心は変わらないというのです」
と、断言しておられます。

このように「神の日」制定の背景には、
真のお母様の勝利がありました。

「真のお母様の7年路程」と言われる如く、
「父母の日」を制定された1960年から1967年まで
本当に多くの困難がありました。
お父様ご自身からも否定をされるような中を
不屈の忍耐で見事に乗り越えていかれました。

お父様の相対に立つ、ということは
表現できないような道のりであったと思います。
お父様も事情を言うことができませんでした。

そんな勝利の道をいかれたお母様。
今も完全にお父様と一つです。

今日、午前零時の祈祷で
真のお母様がどんな祈りをささげたのか、
まだ、情報は入ってきませんが、
未来に向かっての希望と発展の祈りだったに
違いありません。

ある意味、2013年から2020年まで
また、同時性の如くの歩みをしているようにも感じますが、
お母様の精神を相続する時でもあると感じます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 12:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

(伝道の証し) 私の決意と心情が問題、「愛せない」ゴミ屋敷の母を祝福に導く!



10697_414246085392462_4761906675988870022_n.jpg


信仰生活は
堕落性を脱いで越えること

信じて愛する限界を越えて
勝利した達成感と
越える勇気が大切



他教会の伝道の証しを紹介します。
勝利のポイントは、サタン分立と
心情転換、愛の投入でしょうか。。。
いろんなヒントが隠されている証しだと思います。


今回、母親が独身祝福で祝福式に参加しました。
家庭部長より祝福式の話を聞いたあと、
母が祝福式に参加して喜んでいる夢を見ました。
私が5% を果たしたならば、本当に準備されていると
神様を感じながら出発しました。

ところが、久々に訪れた実家は、玄関まで、
どこから片付けたらいいのか分からないようなゴミ屋敷になっていました。
父が亡くなってから4年の歳月が経ち、
母も体調が悪く、台所に立つことも困難になってしまったそうで、
積もり積もって大変なゴミ屋敷になっていました。
母親もその状態に心を痛めていました。
正直なところ、私もこのどこから片付けてよいのか
分からないようなゴミ屋敷に入りたくないし、
居たくもないと思ってしまいました。

また行く度に母から父の恨み話を聞かされるので、
それももう聞きたくないし、
そして、私が養女でしたので、
思わず「この母親と血が繋がってなくて良かった」
と思うほどの気持ちでした。
そのような心情で今回の祝福式の話をしたものですから、
「その気にならない、どこにも出かけたくもない」
と完全に否定されてしまいました。

同じころ、私の伝道対象者で教育を受けている人も、
「もう辞めたい」と言い続けている状態でした。
このままでは、サタンにみんな持っていかれてしまうと
アベルから言われ、私自身が自分の内なるサタンを
分別しなければならないと指導されました。

その頃、私自身が教育センターのスタッフとの間に葛藤があり、
一体化できていない状況で、
本当に対象者に対して責任を持てない自分の課題が
このような状況をもたらしていると悟らざるを得ませんでした。

まず、スタッフと一つになるためにミーティングを繰り返し行い、
そこからスタッフと一つになって行く道が開けていきました。
そうする中で、やめるつもりだった対象者の心が変わってきて、
「こんな私でも続けていいですか」と言ってくれました。

本当に私の決意と心情が問題だと、はっきり悟ることができました。
この一つの勝利が原動力になって、
次は母に向かっていこうと決意することができました。

1月30日、教区長から「信仰生活は堕落性を脱いで越えること」と聞き、
地区の出発式では
「信じて愛する限界を越えて勝利した達成感と越える勇気」
というみ言を地区長から受け、越えていく勇気が
本当に大切なんだというみ言を携えて、
ゴミ屋敷と化してしまった実家に向かいました。

実家のゴミ捨て片付けを決意して、3日間通いました。
実際に片づけに入ると、2012年からの古いもの、
冷蔵庫の中はびっしりと期限切れもモノばかりで、
すごい悪臭を放っていました。

この悪臭を通して「母親の心はこんなにも病んでいたんだ」と思い、
思わず涙が出てきました。
そして「もっと早くやってあげれば良かったね、ごめんね、ごめんね」
と母親に何度も謝りました。
そして、祈祷すると、この悪臭は母親に対する
私の心の中の醜い臭いなんだと感じました。
また母親の夫に対する恨みなんだと思え、
一つ一つ片づけていく中で心が整理され、
ゴミが片付くにつれて、母親の父親に対する恨みも
取れて行くように感じました。

3日目には、今回の祝福式への参加を
もう一度お願いしようと決意していきました。

突然20歳の時に養女だということを聞かされた私でしたが、
その日には、心から「育ててくれてありがとう」
と母親に抱きついて泣きました。
養女だと聞かされた時の自分の気持ちを思い切り吐き出したら、
私の心情が解放されました。

ゴミ捨てをする前は、「行く気になれない」と言っていた母が、
ゴミが片付いた後「行っても良いよ」と気持ちが変わりました。
式の直前になり、「やっぱり行きたくない」と言われましたが、
恐れもなくなっていたのでここを乗り越えたら絶対大丈夫と思え、
「あと一歩頑張ります」と神様に祈りながら、
実家の部屋の掃除をして母親の手を握りながら必死にお願いすると、
「行きたくないが行くことにする、今回だけだ」
と返事をしてくれました。

当日、納得しないまま、参加した母でしたが、
何とか一通りのスケジュールをこなしてくれました。
会場では他の参加者の方から、「若い! 若い! 」
と言われ愛されたので、とても喜んでいました。
神様にこのような摂理を与えて頂いて感謝いたします。

実家のゴミ捨てや掃除を通して、
私の心情の解放と母親の心情回復によって、
祝福までに至ることができたと思います。

出発式での地区長の勇気が必要だというみ言と、
決意表明の場や私のサタン分立が無かったなら
ここまで戦えなかったと思います。
全てに神様と真の父母様の導きと愛があったことを実感いたしました。
ありがとうございました。



本当に感動的な証しです。
勝利のポイントをいろいろ発見できるのではないでしょうか。
サタン分立、アベルとの一体化、
また、中心のみ言により心情転換し、お母さんを
愛していかれた姿…とても素晴らしいと思います。

お母さんに対する心からの愛情に目覚め、
ゴミ屋敷を見事に綺麗にするだけでなく、
今までの親子の関係を修復することが出来ました。
そして、祝福に導くことが出来ました。

やはり、アベル圏、つまり伝道する私たちの
愛の投入が必要だと感じます。

いよいよ、明日から天一国3年。
「私たちが真の父母の代身になるのです」
と教会長から何度も言われています。

「今までは、真の父母様を見せていればよかったけれど、
今は、私を見てください。
私たちを見てください。
という時代です」
本当に今まで以上に実体を示す時ではないか、と思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

真のお母様を愛しましょう!! 《お父様のみ言から見た「真の母」の価値》



44679_505724596145617_243721961_n.jpg


今までは先生を愛してきましたが、
これからはお母様を愛さなければなりません。




真のお父様が聖和された現在、
真のお母様を中心としての歩みを願われている私たちです。
真のお母様の立場を今一度確認したいと思います。

お父様のみ言です。


お母様は私の影のようです。
付いて回る影のようなので、
私は実体をもった主体の教主であり、
お母様は対象の教主です。
それで、私は第一教主、お母様は第二教主です。
何を中心としてですか。
愛を中心としてそうだというのです。

(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P116)


お母様を中心として皆さんが一体に
なっていかなければならない時が来ました。
もう先生がいなくても、
お母様が代わりにできる特権を許諾したというのです。
お父様がいないときは、
お母様のことを思わなければなりません。
そのように理解して、
先生の代わりにお母様に侍る心をもち、
祈祷もそのようにするのです。
今までは先生を愛してきましたが、
これからはお母様を愛さなければなりません。
これからはお母様の時代に入っていくことを理解して、
特に女性たちはそのようにしなければなりません。
ここにおいて、先生が第一教主であれば、
お母様は第二教主であると世界的に宣布し、
天地に宣布します。
(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P116・117)


先生が霊界に行ったとしても、お母様が地上にいれば、
霊界と地上界の統一圏ができるので、
いつでもお母様がいる地上に来て一緒に暮らすことができるのです。
今、統一教会のメンバーの中にそのようなカップルがたくさんいます。
・・・・霊界に行ったとしても、地上にいる人と
一緒に生活することができるのです。
(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P117)


このように、真のお母様は「対象の教主」であり、
「第二の教主」という立場です。
真のお父様は霊界に行かれても、
真のお母様がいる地上に来て
一緒に生活していることを明確に語られています。
真の父母様は、霊界に行かれても真のお母様と共に
顕現されていることを忘れてはいけないでしょう。

このみ言は、全て1990年代前半に
すでに語られていたみ言ばかりです。
真の父母を宣布された、お父様の遺言のようなみ言です。
今、この時に、お父様のみ言を
もう一度思い起こさないといけないと思います。

「真の父母」とは、メシヤとして来られたお父様
お一人で成り立つことはできません。
父母として二人が一つになってこそ成立します。
ですから、真のお母様の存在がどれだけ重要でしょうか。

あさって、2月19日より、天一国3年が出発します。
昨日も書きましたが、お母様と一つになる。
『一心・一体・一念・一和・一核』。
もう一度、そのことを肝に銘じていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする