2015年02月17日

真のお母様を愛しましょう!! 《お父様のみ言から見た「真の母」の価値》



44679_505724596145617_243721961_n.jpg


今までは先生を愛してきましたが、
これからはお母様を愛さなければなりません。




真のお父様が聖和された現在、
真のお母様を中心としての歩みを願われている私たちです。
真のお母様の立場を今一度確認したいと思います。

お父様のみ言です。


お母様は私の影のようです。
付いて回る影のようなので、
私は実体をもった主体の教主であり、
お母様は対象の教主です。
それで、私は第一教主、お母様は第二教主です。
何を中心としてですか。
愛を中心としてそうだというのです。

(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P116)


お母様を中心として皆さんが一体に
なっていかなければならない時が来ました。
もう先生がいなくても、
お母様が代わりにできる特権を許諾したというのです。
お父様がいないときは、
お母様のことを思わなければなりません。
そのように理解して、
先生の代わりにお母様に侍る心をもち、
祈祷もそのようにするのです。
今までは先生を愛してきましたが、
これからはお母様を愛さなければなりません。
これからはお母様の時代に入っていくことを理解して、
特に女性たちはそのようにしなければなりません。
ここにおいて、先生が第一教主であれば、
お母様は第二教主であると世界的に宣布し、
天地に宣布します。
(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P116・117)


先生が霊界に行ったとしても、お母様が地上にいれば、
霊界と地上界の統一圏ができるので、
いつでもお母様がいる地上に来て一緒に暮らすことができるのです。
今、統一教会のメンバーの中にそのようなカップルがたくさんいます。
・・・・霊界に行ったとしても、地上にいる人と
一緒に生活することができるのです。
(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P117)


このように、真のお母様は「対象の教主」であり、
「第二の教主」という立場です。
真のお父様は霊界に行かれても、
真のお母様がいる地上に来て
一緒に生活していることを明確に語られています。
真の父母様は、霊界に行かれても真のお母様と共に
顕現されていることを忘れてはいけないでしょう。

このみ言は、全て1990年代前半に
すでに語られていたみ言ばかりです。
真の父母を宣布された、お父様の遺言のようなみ言です。
今、この時に、お父様のみ言を
もう一度思い起こさないといけないと思います。

「真の父母」とは、メシヤとして来られたお父様
お一人で成り立つことはできません。
父母として二人が一つになってこそ成立します。
ですから、真のお母様の存在がどれだけ重要でしょうか。

あさって、2月19日より、天一国3年が出発します。
昨日も書きましたが、お母様と一つになる。
『一心・一体・一念・一和・一核』。
もう一度、そのことを肝に銘じていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする