2015年02月25日

み言を訓読しつつ歩もう! 神氏族的メシヤ勝利のために



securedownload世界巡回.jpg


訓読の最高の王様は
どなたでしょうか?
真の父母様です



今日は、宋龍天総会長が昨年大阪で語られたメッセージの中に、
私たちが、神氏族的メシヤを勝利していくために
とても貴重なヒントがあると思い、紹介します。




神氏族的メシヤ勝利のために
最も重要なものは精誠


私は2011年、真の父母様にヨーロッパで侍りました。
真のお父様の最後の海外巡回でした。
真の父母様はほぼ1ヵ月間、
重要な摂理的国家でみ言の宣布をされました。

真の父母様は、「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のみ言を、
約3年間にわたって、いかなる大会でも宣布されました。
ジュネーブ(スイス)の国連欧州本部でもなさり、
ベルリンでも三千人のドイツの指導者を集めて宣布されました。
 
真のお父様が、どれほど深刻であられたか分かりません。
お父様は毎回、まるでこの時だけのために
生きてこられたかのような心情で壇上に立たれ、
ヨーロッパの指導者にみ言を語られたのです。
 
真のお父様は、特に大会の前日は床に就かれませんでした。
(真の父母様の)お部屋に入ると、
お父様がみ言を訓読しておられるのです。

皆様に、以前もお話ししたことがあるでしょう。
特にイギリス大会において、
翌朝、真のお母様がイギリスの心臓部である
国会議事堂に入っていかなければならないというときです。
国会議員を集めてみ言を語るのは、
どれほど重要な摂理でしょうか。
特に、このみ言の内容を宣布するのは、簡単ではないのです。
 
その大会の前日、(午後)11時を過ぎたのですが、
私の部屋のベルが鳴ったのです。
真のお父様でした。
それで、急いではせ参じたところ、
お父様は「何をしていたのか?」と尋ねられ、
「私はきょう、(このみ言を)二回読んだ。
私と一緒に読もう。
おまえと一緒に読まなければならない」
とおっしゃいました。
そこで、私が「はい、分かりました。
お父様、私がお読みいたします」と申し上げると、
お父様は「いや、私が読まなければならない」
と言われるのです。
それで、お父様が読まれ、私はお父様の横に立って、
お父様が訓読されるのをお手伝いさせていただきました。
 
そのみ言の訓読が全て終わるまで、三時間ほどかかりました。
(真のお父様は)何度も説明を加えながら訓読されました。
一ページ訓読するのに、一時間かかったところもあります。
お父様はこのみ言をどれほど訓読されたことでしょうか。
「私は全て覚えている」とも言われました。

  
スペインでピースカップが開催されたとき、
真のお父様は「スペインにいる市長、州知事、サッカー関係者に、
急遽、私がみ言を宣布しなければならなくなった」と言われ、
予定になかったみ言宣布のために
一晩で大会を準備したことがありました。
 
約300人が参加したのですが、
食口は朱東文会長など数人だけで、
そのほかは皆、新規の人々であり、サッカー関係者でした。
 
み言の後に慶祝行事が予定されていたので、
真のお父様が読まれる原稿を非常に短くして準備しました。
また、美術展示会のテープカットもしなければなりませんでした。
既に時刻は午後8時半を過ぎ、九時に近づいていました。
そのため、お父様は5分か10分間だけお話しされるように、
短い原稿を準備したのです。
 
ところが、真のお父様はその日、二時間半、み言を語られました。
その原稿を読まれるだけではなく、
(さまざまな)み言を語られたのです。
 
ホテルに戻った後、翌日の午前三時に、
真のお父様から「指導者たちはどこに行った!皆、集まりなさい」
という厳しい号令が掛かりました。
「私が宣布しなければならないみ言なのに、
誰が私の原稿を短くしたのか!」と言われるのです。
金孝律先生が、「彼らは統一教会について知らず、
お父様が語られるということを考えもせずに来た人々です。
サッカーのピースカップ大会のために来た人々です。
ですから、み言を短くしなければならなかったので、
短縮しました」とお答えしました。
 
そこで、真のお父様の雷が落ちたのです。
お父様はこの貴いみ言を
ご自分が宣布しなければならないと言われながら、
そのとき敬拝もお受けになりませんでした。
私たちは立ったままお父様の激しい叱責を受けましたが、
三時間後、お父様は「もういいから座りなさい」
と言われました。
それから、敬拝を受けてくださり、訓読会が始まったのです。

 
私がお話ししたいことは何かと言えば、訓読です。
訓読の最高の王様はどなたでしょうか?
真の父母様です。
 
ある本によれば、人間の記憶力は、読んだことの
10パーセントしか記憶できないといいます。
ところが、他の人から聞いたことは
20パーセント記憶するというのです。
その次に、見たことは30パーセント記憶し、
見ながら聞いたことは50パーセント記憶するといいます。
さらに、自分が語ったことは70パーセントまで記憶します。
皆様、友人に話したことは覚えているでしょう? 
それから、語りながら行動したことは、
90パーセントまで記憶するというのです。
 
皆様、よくご存じでしょう。
真のお父様はみ言を語られるだけでなく、
語られたことをそのごとく生活の中で実践されたおかたです。
ですから、真のお父様は私たち全員に、
「訓読会だけするのではなく、
それを生活の中で実践しなければならない。
(そのとおり)生きていかなければならない」
と語られながら、聖和の直前まで、
氏族的メシヤについてどれほど多くのみ言を
語ってくださったでしょうか。
そして、最後の瞬間における真のお父様の祈祷においても、
神氏族的メシヤの使命を強調されたのです。
 
真のお父様が暗唱するほど読まれた講演文
「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」を見ると、
訓読会の重要性が出てきます。
それはお父様の遺言書でしょう。
遺言のみ言の中の一つが、
訓読会の精誠を守りなさいということです。
訓読会の精誠を私たちが心と体を尽くして行うとき、
天の父母様が共にあり、霊界が共にあるのです。
そして、伝道の勝利、神氏族的メシヤの使命勝利が成されるのです。




お父様の証しを通して、
訓読の重要性、
さらには、実践の重要性を
改めて教えていただきました。

私たちは、宝物であるみ言をふんだんに
与えて頂いていますから、
そのみ言から力を得て、
更にお父様のように、そのみ言を
実践し、生活化していきたいと思うのです。

基元節2周年まで、
もう1週間を切りました。
お母様がその日を迎えるまでに
どれだけの心情を備えておられるでしょうか。

み言を訓読しながら、
お父様の深刻さ、切実さ、
また、お母様の心情の世界を
相続できる者に
なっていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)