2015年03月25日

(証し)「メシヤは兄さんのような人だよ」〜初めての父との出会い 《中村惣一郎先生1》



hukuoka19650205.jpg


お父様はたった二間の小さな家で、
二十人ほどのメンバーを前にされながら、
しかし何百人の人たちに対して語られるように、
激しくお話しされました




今回は、千葉中央修練所で所長をされている
中村惣一郎先生(777双)の証しを紹介します。
真のお父様と初めて出会われた時のことです。


真のお父様との初めての出会いは、
お父様が第一回世界巡回路程で来日され、
一九六五年二月五日に福岡に聖地を決定されたときでした。
そのとき私は、前年の十一月から二月末まで、一時的に、
北九州の小倉から福岡に移動していたのです。

真のお父様が福岡に来られる直前、
東京に行っていた竹内ママ(長谷川みつゑさん)から電報が届きました。
急いで打電したせいか、句読点が間違っていました。
「暗号みたいだなあ」と言いながら、その電文を読みました。
真のお父様が福岡に来られるというのです。
そのころは、まだ教会には電話もありませんでした。

当時の福岡教会は、吉塚新町という所にあった古びた一軒家で、
韓国の既成教会の牧師さんから献堂していただいたものでした。
しかし、部屋は四畳半と、六畳か八畳ほどの大きさの部屋と
二畳の玄関間の三部屋しかなく、縁側は腐っており、
ふすまもぼろぼろでした。
さらに、しっくいははがれて、粗壁が見えている
という有り様だったのです。

そこで、福岡教会にいた私たちで、大急ぎで修理することになりました。
といっても、お金がありませんから、自分たちで壁に塗料を塗り、
傷と穴だらけの柱はニスと墨汁を混ぜたもので補修しました。
床の間だけは、友人の左官屋に依頼して直しました。

真のお父様が福岡に到着される前、竹内ママは水ごりをしていました。
“ママが水をかぶっている。僕らもやろうか”という軽い気持ちで、
私たちも水行の条件を立ててお父様をお迎えしました。
そのとき、本当にお父様の価値を知ってお迎えしたのは、
竹内ママだけではなかったでしょうか。

当時、九州には福岡、熊本、鹿児島に教会があり、
献身的に活動している人、礼拝に参席する人全員が集まりましたが、
二十人ほどにしかなりませんでした。
そのメンバーが全員集まって、真のお父様を福岡の教会にお迎えしました。

“力道山みたいだなあ”。それが私の第一印象でした。
お父様のお体は大きく、力強く見えました。

お父様は「行きたい所、会いたい人、住みたい所」
というみ言を語ってくださいました。

そのとき、お父様はたった二間の小さな家で、
二十人ほどのメンバーを前にされながら、
しかし何百人の人たちに対して語られるように、
「行けーっ! 行かなければっ、ならない!」とか、
「宇宙に出るとき、大気圏を脱出するだろう? 
ロケットが地球の引力圏を突破して宇宙に飛び出すように、
堕落圏を突破して突き抜けて行かなければならないんだ!」
と激しくお話しされました。

また、「メシヤは兄さんのような人だよ。
どのように生き、どのように生活すべきかを
一つ一つ教えてくれる兄さんのような人が必要だ。
それがクリスチャンの中にいないから、
再臨主が兄さんのようになって来るんだよ、
兄さんの立場を執りながら、同時にお父さんなんだよ。
そのような人が会いたい人であり、メシヤなんだよ。
行きたい所は、本来の故郷という意味で“本郷”である。
住みたい所もそこなんだ。
そして、幸せな人は、自分の父母とともに、
自分の家門とともに、自分の生まれた
もともとの故郷において暮らす人が幸福な人である。
だから、ここに帰らなければいけない」
と、じゅんじゅんと説いてくださいました。

さらに、「いろいろな人が真理を求め、行く道を探している。
そしてみ言に出会ったとき、『そうか、この道だ』とうなずきながらも、
いざ行くというとき、その道を行こうとしない。
これが、神の絶えざる悲哀と、天的怒りの頂点なのかもしれない」
と語られたことが、とても心に残っています。

そして最後にお父様は、当時の地区長であった竹内ママに、
「日本に来て、一番大切な話をしたかもしれない」
「先生は、福岡が日本の本部になることを願っているかもしれないよ」
と語られました。
竹内ママの、声を上げて喜んだ顔が今でも思い出されます。

この日、私たちは真のお父様の宿泊のためにホテルを用意していました。
ところがお父様は、その夜は「教会に泊まる」と言われたのです。
そこで、大急ぎで貸し布団を借りてきました。

真のお父様のほかに西川先生、崔元福先生、久保木先生、石井夫人が
広いほうの部屋に休まれ、隣の四畳半の部屋と押し入れには、
その日福岡にやってきた九州のメンバーたちが休みました。
そして私と都敬志さん(七七七双)は、玄関の二畳に、
上に布団をかけて服を着たまま休みました。

部屋の方を見ると、すき間からはお父様のお姿が目に入りました。
そのとき、お父様がさっとお休みになられたような気がしました。

私は“メシヤは、二十四時間神様と一緒だから、お祈りしなくてもいいのか”
などと思ったのですが、その晩、私は初めてお父様の夢を見ました。
その夢の中でお父様は、一晩じゅう
ずっと座ったままお祈りをしておられました。
それで私は、お父様というおかたは、休まれたとしても、
決して私たちのようには休んではおられないのだ、ということが分かったのです。

このときの実体の真のお父様との最初の出会いは、
お父様の力強さが印象に残っています。
あのころ真のお父様は、神様のみ旨のために立ち上がった
一人一人の勇士たちに直接、激しい波動でみ言を語ってくださいました。
そして直接に指導してくださったのです。



中村先生の証しを読みながら、
「このころの若いお父様にお会いしたいな・・・」
そんな思いが湧いてきます。

福岡で精誠を込めて語られたお父様は、
「日本に来て、一番大切な話をしたかもしれない」
そのような感想を述べておられます。

個人的には、竹内ママのお父様をお迎えするための
精誠条件がお父様をそのようにさせたのかも知れないな、
そのように感じました。

みすぼらしい環境の中であっても
ひたすらに食口を愛し、み言を語られるお父様。
今は、私たちがお父様の如くになる時です。
お父様の若きころの姿を思いながら、
歩んでいきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

祝福家庭は成長しなければならない! 《真のお母様のみ言 3.18》



Japanese Top Gun workshop20150318.jpg
3.18


感謝の心、福は
分け与えるほどより大きくなります。
私のものだけであると考える人は
そこで終わってしまうのです。
真の愛でわけ与える人は
環境が大きくなります。




第2回 日本トップガン修練会修了式で語られた
真のお母様のみ言を紹介します。



人間の前に真の父母、祝福家庭、真の子女、
このような言葉を聞くことができる時代に
皆さんが生きているということは奇蹟です。
人類歴史の先に逝った先祖を考えて見る時、
皆さんが感謝の心、申し訳ない心、不足な心、
どれだけ努力しなければならないかという考えが
自然にできる人は正常な人です。

皆さんが毎日奉読しているかどうかは知りませんが、
家庭盟誓の三節は何でしょうか?
皇族圏を完成すると言いましたか、
言いませんでしたか?
毎日、口だけで言って、
実践していますか、していませんか?

皆さんはあまりにもたくさんの福を受けました。
有り余るほどの福を受けましたが感謝の心、
福は分け与えるほどより大きくなります。
私のものだけであると考える人は
そこで終わってしまうのです。
それを真の愛でわけ与える人は環境が広くなります。
環境が大きくなります。

祝福家庭、祝福はその位置を祝福したのです。
その位置に座ってだけいてはいけません。
成長しなければなりません、成長!
成長はまたどのような言葉で表現するかと言えば、
責任を果たさなければなりません。
責任分担!

皆さんが根をどのように
大きく深く下ろすのかというと、
氏族メシヤの責任を果たさなければなりません。
それは伝道をしなければならないということです。
皆さんの環境圏を広げなければなりません。
一人の根、一家庭の根は風に揺らぐ可能性があります。
しかし皆さんを中心した氏族が根を
共に下ろすようになれば荒い津波が起ころうと、
何が来ても抜けないのです。
皆さんの生き残る道は伝道する道です。

そのように人類が待ちこがれ、この山川草木、
自然が待っていた方が真の父母です。
堕落で無知な人間が
自然をたくさん破壊したでしょう?
真の主人は本来の通りにすべて
元通りにすることができなければなりません。

皆さんの考えと行動が模範となって、
私の周辺と日本とアジア全体、世界で
皆さんのような年齢の人々の
意識構造を変えなければなりません。



皆さんの長兄にあたる、孝進様、
この孝進様は生まれてから
口癖のように言っていたのは、
自分は「孝子は自分のものだ。」
と言って育ちました。
1960年代だけでも
私たち統一教会は貧しかったので、
自分が思うに、母親なら、
これ位は備わっていなければならないのに、
うちのお母さんは何もない、だから自分は
お母さんにこのようなこともしてあげ、
あのようなこともしてあげ、
すべてしてくれると言いました。
口先だけではない親孝行をしました。

お父様がアメリカは家庭が破壊され、
青少年問題は言うまでもなく、
また思想問題で共産化していっているため、
「私はアメリカに医者として来た、消防士として来た」
と語られながら、50州を巡回講演した時に
その国を心配していた指導層の人々は
皆お父様を歓迎しました。

しかし共産党たちは出来上がった飯をお父様のせいで、
逃すことになったため、
講演する会場ごとに付きまとったのです。
機会を見てお父様を取り除こうとしたのです。

その時孝進様も一緒に通いながら彼らを見たのです。
それでその血気でじっと座っていられず、
とても幼いまだ十代の子供が大人を相手に闘うと言いました。
孝進様の考えはこの良いみ言を受け入れるようにするまでは
人力と時間が必要だと言うのです。

ところが「つむじ風のようにいっぺんに
効果的に人を救うことができる道はないか?」
とたくさん考えました。

それで、「音楽で人の心を変えなければならない。
そうして教会に導かなければならない。」と言って、
3年間で1万曲を作曲しました。
これは人間の力では不可能な事でした。
肉身は限界があるのに、
ずっとそのようにエネルギーを消耗すれば、
補わなければならないでしょう?
このような性格もとてもお父様に似ていますね。
この息子の言った言葉が思い出して話すのです。

人間たちが頭で考えることは、
その時と状況によって変わるというのです。
裏切るというのです。
ところで胸で体験したことは永遠に続く、
だから自分は原理のみ言で伝道することも重要だが、
まず感動させてからみ言を
受け入れるようにしようと努力をしたのです。



最近皆さんが 「真の家庭の子女がなぜそうなのか?」
と言って、混乱する事があるでしょう。
それは心配しないでください。
私がいる限り、私は伝統を立てます。
皆さん祝福家庭や真の家庭の子女たちであっても
皆成長期間が必要です。
そして責任があります。
その責任が果たせない場では、
あれこれ真の家庭だと話すことができません。
今後においても、人類の前に天の父母様と
真の父母様以外には代身者があり得ません!
何の話か分かりますか?

真の父母様は、二代はあり得ません!
それを皆さんが知らなければなりません。
真の父母様の前に皆さんはすべて息子・娘です。
カイン・アベル!
皆さんが責任を果たすようになれば
皆さんが先頭に立つのです。

全体の食口たちが混沌とならず、
世界会長を立てたこの伝統と組職を、
皆さんが一つになって搖れずに進まなければなりません。
そしてこれからどのように伝統が
継承されるかということは私が生きている限り、
すべて作っておいて行きます。
私が母なので、許すことができる所まですべて許します。

しかし水位を越えてはいけません。
なぜですか?
後代のため!
そのような母であるため、皆さんが堂々と
お母様と一つになって進んでいくならば
皆さんには恐れる者がいないのです。
皆さんは責任さえ果たせばよいのです。
責任を果たしなさい!
そして私が霊界へ行くまで皆さんが私の頭の中に、
私の心の中で記憶されることを願います。

これから公職者生活はクリアにしなければなりません。
透明にしなければなりません。
口で言う言葉と行動が同じでなければならず、
実践しなければなりません。
ですから言葉を軽く考えてはいけないというのです。
「気分が悪い。腹が立つ。」と言って
リーダーとして言ってはいけないことは
言ってはならないと言う話です。
皆さんがリーダーとして徳を備えた
リーダーになるよう願います。

真実で本物で、これがモデルです、モデル!
それで何某が行く、何某が来ると言えば
拍手で歓迎するそのような文化を作りましょう!



この日は、陽暦の3月18日。
前日の3月17日は、
孝進様が聖和されて八回忌を迎える日でした。
お母様は、そんな孝進様を追慕する意味でも
孝進様のお話をされたのかも知れません。

「お父様をお守りし、お支えしたい・・・」
そんな強烈な熱情が歌となって
3年間で、1万曲も作曲されました。

そんな孝進様の心情を相続しながら、
父母様を慕う者になっていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

〜羊のごとく〜 「感謝します!」そして、「愛し」「許し」「一つとなります!」



201502240106tm2.jpg


本部の先生の説教と
教会長が語られたみ言を中心に
感じたことをまとめてみます。

まずお母様のみ言です。

今年は「青羊の年」だと言います。
青い色はきれいで清く、透明で自然そのままです。
羊は、神様が天地創造をなさり、
人間まで創造された動物の中で、
最も温順で「100 パーセント、ために生きる生」
を生きる動物です。
聖物、祭物として多く捧げてきました。
羊は美しく温順でありながら、「自分」がありません。
主人のなすがままに「感謝します」と受けます。
それゆえ(供え物となるときも) 声を上げません。
これを見て私たちは学ばなければなりません。
自然の理致を通しても、父母様を通しても学び、
完全な「私」、私の家庭とならなければならないのです。


(天一国指導者総会閉会式 真のお母様のみ言 2015.3.6)



真のお母様は「青羊」の年だとして、
青は「清く、透明になる」
羊は「温順でために生きる」
「自分がない」「主人のなすがままに感謝する」など、
様々な観点で解説されています。

また、「善・義・美」など真を表現する漢字には、
すべて「羊」が入っています。
羊のようになるというのは、
本当に重要なのだと思います。

さて、統一教会の救済の核心は「重生」です。
重生の本質は真の父母様を通しての「血統転換」ではありますが、
心情的に生まれ変わることも大切です。

「聖霊は慰労と感動の働きをなさるのであり(コリントT12/3)」、
罪の悔い改めの業をされます(講論P265)。
実体的聖霊である真のお母様によって、
私たちが「羊」のように生まれ変わることが必要なのだと思います。

「私は感謝します!」「私が悔い改めます!」「私が為に生きます!」
という姿勢を持つことが大切だといいます。

相手に感謝させること、悔い改めさせること、
他に生きさせようとすれば分裂します。
相手に求めるのではなく、相手を変えようとするのではなく、
私が変わること、私が成長することです。

そうするならば、一つになることができますし、
一つにすることができるのだと思います。

「愛し」「許し」「一つになりましょう」といいますが、
一つになるには、「愛する力」が必要であり、
愛するためには、許すことが必要です。
実はこの許す(赦す)ことが難しいのではないでしょうか。

許し、愛するためには、まず「感謝する」ことです。
感謝することで、許し、また愛することができ、
そうすれば、自然に一つとなることが可能です。
善進世界会長も、「愛し」「許し」「一つとなりましょう」の前に
「感謝しましょう」を付け加えてお話されました。

真の父母様は全てを許してくださり、
愛してくださっています。
だからこそ、私たちも愛する心情、
許す心情を中心に、日々歩まないといけないと感じます。

蕩減時代を越え、天一国時代に入り、
今は、より主体的にみ旨を歩む時です。
ある意味、素晴らしいときですが、
ある意味、恐ろしいときでもあるといいます。

「祝福家庭」として「選ばれた」ことが素晴らしい
そのように思ってきた立場ですが、
選ばれただけではなく、本物になっていかなければなりません。
これからは、本心で問いかける時がくるといいます。
自分の本心にしっかりと向きあって
その如くに歩む時であると思うのです。

イエス様の時代、聖霊の役事があってこそ、
イエス様の価値が表されてきました。
ですから、イエス様が生きておられる時よりも
復活されたイエス様の時の方が、
本当のイエス様の姿、栄光を示すことが出来ました。

今、真のお父様もある意味、同じような立場ではないでしょうか。
聖霊の役事が起こる時であると感じるし、
そういう意味でも、さらに 聖霊の実体である
真のお母様と一つになることが重要だと感じます。

お父様が聖和されてから、5月末で千日を迎えます。
それまでの70日を、
足らなかった今までを悔い改めつつ
孝心と精誠を奉げていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする