2015年05月28日

(証し) 継続は力! み言は力! 書写で夫婦円満、息子が祝福結婚!!



11174859_885763678151448_4697937728271203151_n.jpg


希望を成すためには──
再創造。
そのためには、
続けなければならないのが
神様の立場です




自叙伝書写の証しを紹介します。
御夫婦で書写を継続されながら、
息子さんを祝福結婚に導くことができたという証しです。


書写を始めた頃は、新鮮な気持ちで毎日書いていましたが、
そのうちだんだん義務的になり、
書いたり書かなかったりになってしまいました。

でも主人は違いました。
毎日きちんと朝のうちに読んで書写をしていました。
時々私に「書いているか?」と聞き、
「今日はうまく書けなかった」、「今日は上手に書けた」
と言って見せてくれます。「ああ、主人に申し訳ない」
とだんだん思うようになりました。

主人は「書写をしないと一日が落ち着かない」と言います。
また主人は、他の事のお誘いに色々声をかけられても
なかなか参加しませんが、
奉納式が近づくたびに散髪に行き、
一度も休まず自分から進んで参加します。
そして浅川先生の講話が大好きです。
主人は時々私に、「今日の講話は?」と聞き、
内容の復習をさせます。
例えば、「幸せのつぼ言ってみな」と聞いてきたりもします。

息子の縁談がなかなか進まず、暗い顔で悩んでいたところ、
ある人から「夫婦が心を一つにして暮らすことだね」
と、何度もアドバイスを頂きました。

私たちは表面的には仲良く暮らしていたので、
夫婦が一つになるということがどういうことなのか分かりませんでした。

しかし、主人が願いを込めて読んで一字一字
丁寧に書写をしている姿を通じて、
私はだんだんと分かってきました。

「夫婦書写で二人が読んで書く。私たちの願いが神様につながる。
今にきっとつながる。信じて待とう!」
という気持ちが強く湧いてくるようになりました。

昨年の夏、教会のブライダルに息子をお願いしました。
今までは全く耳を傾けなかった息子が、
「会って話を聞く」と言ったのです。
それから紹介して頂いた後、トントン拍子で進み、
祝福結婚式に参加することができました。

私たち二人は念願がかない嬉しくて、
「良かったなあ、良かったなあ」の連発でした。

本当に書写を毎日続けたからこそと思います。
これからも書写を続けていきます。
今、息子夫婦は幸せに仲良くしています。
この喜びと感謝を天にお捧げします。




浅川先生中心のこの自叙伝書写の取り組みは、
全国のたくさんの教会において展開されていて、
様々な気づきの証しも継続的に紹介されています。

今回の証しは、ご主人の姿を通して、
夫婦で一つになろうと書写にも投入する中で、
息子さんの雰囲気も変わり、
祝福を受けることができました。

自叙伝書写やみ言の訓読なども
「私の霊的成長のため」にあるのだ、
そのような心がけが重要かと思います。
書写をしながら、訓読をしながら、
何を感じ、何を悟るのか、それが重要です。

私たちの教会は、路傍伝道が主体でありますが、
自叙伝書写も毎月奉納式を行っています。
また、現在、侍墓1000日に向けて、
早朝の訓読会・祈祷会を捧げていますが、
その中で、みんな多くの恩恵を受けています。

実は、「早朝」というのは、
朝3時から4時なのです。
これは、北海道のメンバーが札幌の聖地で
午前3時から祈祷会をしていると聞き
それを相続する意味で行っていきました。

基台ごとに担当していますが、
毎日、参加している方もいます。
訓読するたびにいろいろ与えられるといいます。

み言は、私の霊人体の成長のためにある
そのことを主体に置きながら、歩んでいきたいと思います。


お父様のみ言

希望をなすには
何をなさなければならないのでしょうか?
再創造しなければなりません。
再創造するには
何十倍 何百倍
何千倍失敗してもやる!
という決意が必要です。
だから一度決めた以上は
続けなければならないのが神様の立場です。
神様はいく度も
そういう立場に追い込まれて
苦労されてきたに違いありません。
神様の希望をなすには
まずもって
あなたたちを
讒訴(ざんそ)される立場から
解放してやらなければなりません。
誰がやります?
神様がやります。
人間がするのではありません。
なぜかというと
人間自体には
人間を救う力がありません。
堕落しているからです。


ひかりの中へ より
*今は氏族メシヤの権能を頂いて、
神様と真の父母様の代身として
人類を救う立場を与えられている私たちであるでしょう
しかし、私たちがその責任を果たしていく中で
結果はやはり神様が与えてくださるものであると思うのです




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

2015年05月27日

(証し) 離婚危機夫婦が、奇跡の祝福! その背後に霊界の協助?!




20140812b.jpg


今日は祝福伝道の証しです。


今回は、基元節2周年の清心ワールドセンターでの祝福式に
夫婦で参加された霊の子Mさん夫妻の証しをさせて頂きます。

離婚しそうなほど夫婦仲が悪く大変な状況で、
別居生活をしていた夫婦でした。

このご夫妻は30年前ぐらいに近所に住んでいた知り合いです。
しかし25年前に引っ越してからは時々見かけ、挨拶するぐらいでした。
そんな中で、奥さんから「今の家庭環境を良くしたい!」と言う要望があり、
2010年に伝道されました。

しかし、状況が何も変わらないと不平不満を訴えるようになり、
感謝する生活が出来ず、
最愛の息子さんを交通事故で失ってしましました。

この出来事を通じて悔い改めたMさんは、
2013年の1月には、息子さんの霊人マッチングをして、
祝福してあげることができました。
Mさんは、本当に喜び感謝の生活を送るようになりました。

その後、私が伝道の最前線で歩むようになり、
Mさんのご主人もみ言に繋がりました。

原理の学習においては、息子さんを亡くした悲しみの中で、
創造原理、特に霊界の内容に関心を示して
「人は永生する」と言う内容に感動していました。

そしてあれだけ大変で、別居生活をしていたMさん夫妻が、
祝福の意義と価値を理解され
「家族が共に天国で永遠に幸せに暮らしたい!」と言われながら、
2013年9月に教会での祝福式に夫婦で参加されました。
考えられないような奇跡でした。

また、夫に対してのMさん自身の心情が変わりました。
霊界の力はすごいと私は感動しました。
息子さんの協助も大きかったと思います。

その後、感謝の中で家庭を出発されたのですが、
今までのしがらみがあまりにも多くあって、
もう一つ夫婦が一つになれずにいることをいつも心配していました。
そんな中で、中心から
「今年の基元節2周年の祝福式に夫婦で参加させたらよい」と勧められました。
私はとてもびっくりしました。

しかし、中心が言われた内容は、ご父母様が言って下さっている内容なので、
私も決意してMさん夫妻に渡韓を勧めると、
初めご主人は、いろんな事情があって無理だと言っていました。
また、その日が平日で仕事が大変だ!と言っていましたが、
霊界が必死に導いて下さり、ご主人も仕事の休みを取る決意が出来ました。
中心と一つとなることで、霊界が動くことの素晴らしさを実感しました。

式典参加に対して奥さんは、初めはウェディングを着ないと言っていましたが、
恥ずかしそうにウェディングドレスを着てくれて、
ご主人は赤いネクタイをされて、とても素敵でした。

祝福式の朝は雪が降り、私たちを清めて下さり、
祝福式が終わった後は、すごく天気が良くなり、
ご父母様の愛を感じ天国を実感しました。

私たちは清平での宿泊になり、それも大きな恩恵でした。
役事も出来て、ご主人の頭や腰を私がバンバン叩くと、
痛いと言っていましたが、悪いものが抜けると言うと信じて下さり、
喜んでいました。
初めての清平なのに、
ご主人は文句も言わずに寝袋で良く寝ていました。
食事もおいしいと言ってくれました。

ここまでこられたのも、教会長を始め区域の方や前線メンバーのお蔭です。
これからも、祝福に伝道に全力投球して行きます。
本当にありがとうございました。



悔い改めと感謝、そして中心と一つとなる、
「伝道」を通して愛の実践をしていく、
特に最前線の歩みは精誠条件が積まれると思います。
こういうことが、いろんな勝利の証しを聞く中で
共通の、勝利のポイントだと思います。

精誠の条件が積まれていくと、霊界の協助がおこって
離婚の危機にあった夫婦が、喜んで祝福を受けていくような
奇跡も起こってくると感じます。

この証しも、亡くなった息子さんの協助があったに違いありません。
霊界で祝福を受けて、どれほど喜んでいるでしょうか。
そして、両親に幸せになって欲しい、
そのように願ったに違いないのです。


実は、昨日、生まれて初めて、祖母の夢を見ました。
父方の祖母です。
実家にいて、母から私のことを紹介されていました。
祖母は私のことを見て、とても嬉しそうでした。

生前、母と祖母はいわゆる嫁と姑の関係であり、
あまりいい関係だとはいえませんでした。

最初は我が家に住んでいたのですが、
病弱になり、その後、様々な事情で
祖母は父の弟のところに
引き取られ、そこで亡くなりました。

いろんな思いがあったと思いますが、
そのような夢をみることで、
今は、霊界でともにいるんだな、
と感じさせていただきました。

霊界は目に見えない世界です。
しかし、確実に存在します。

今は、お父様が霊界におられます。
侍墓1000日、そして、聖和3周年(8/30)
この時を節目としながら、
何か、地上で大きな動きがあるに違いないのです。

その動きに相対できるように、
今、精誠を捧げる歩みをしていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

(証し) 毎朝の路傍伝道で市民権を得る!! 堂々と天と父母を証そう!



11010552_904450662949416_845582161013218090_n.jpg
☆ラスベガスにて 5.24☆


「路傍伝道を始めて
一番変わったのは何か、
それは私自身です」


(松戸教会長)



昨日、夢を見ました。
「真の父母」という名刺大のプレートが
出てきました。。。

ちょうど今日紹介する証しを書こうと思った時だったので、
ほんの短い時間の夢でしたが、
意味があると思いました。

他教会の路傍伝道の証しです。


真のお母様が願われる神氏族メシヤ活動を勝利する為に、
全国で行われている路傍伝道を相続する為、
今年2月から路傍伝道を始めました。

特に、お母様が“今は堂々と大胆に天の父母様、天地人真の父母様を証せば、
天が準備した人に会う事が出来る”と語られ、
ラスベガス、ハワイでお母様が直接主管された伝道を相続する為にも、
この路傍伝道を相続しようと思いました。

地域との交流と共に、堂々と大胆に路傍伝道する為に、
まず警察で道路使用許可書を取ろうと思い、警察署に行きました。

警察では、住民の迷惑がかからないように、
同意書を取るように言われましたので、
商店街の店長、商店街の会長、バスの事務所、JR、国土交通省を訪問し、
“統一教会の者です。今から、商店街で路傍伝道させていただきたいと思います。
ご迷惑をかけないようにしますので宜しくお願いします”
と挨拶周りをして同意を取り、警察からの許可を取る事が出来ました。

その事により、市民権を得たような気持ちになり、
堂々と伝道する事が出来ました。
路傍では、まず始める前に必ず商店街の各お店に挨拶に回り“
これから路傍伝道をさせていただきますので宜しくお願いします”
終わりにも“ありがとうございました”と挨拶をしました。

道路許可書は毎月手続きが必要でしたが、
その為にひと月に一度必ず、商店街と各事務所に
ご迷惑の苦情がないかを確認しながら、
地域とのコミュニケーションを図る事が出来ました。

これを繰り返す事により、最初は統一教会という事で
あまり良い反応がなかった商店街の店長が、
掃除をしていたら気さくに“ありがとうございます”と挨拶をされたり、
別の店長は、“やはりあなた方のように
信仰を持たないといけないなあと最近思う”
と食口に話していました。

2月は週に一度(水曜日10:00〜)、
3月は週に二度(水曜日と日曜日の礼拝後青年中心)、
そして4月からは毎日朝8:30から9:00まで、
教会の出発式の前に別の駅前の路傍で伝道を始めました。

そのような中で駐車場を貸してくれる人もあらわれる中で、
毎日朝路傍伝道し、21日目、“絶対ここで3名を伝道するぞ。
今日まず一人の人に出会うぞ”と決意していきました。

すると、ある男性が車から降りて、ずっとこちらの方を向いて、
訓読の御言(天聖経)を聞いておられました。
路傍演説が終わったら、向こうの方から寄ってこられ、
「この方は文先生ですか?」
「はいそうです」
「まだお元気なんですか?」
「いいえ、もうお亡くなりになられました。」
「そうですか。私は約30年前、京都で伝道されたことがあります。
今は、そこの学校の教師をしています」
と語られましたが、私は名刺と自叙伝を渡し、その場は別れました。

後日、その方は、近くにある私立中学校の校長先生という事が分かり、
その方がある集会で講演されるという事で、お会いしに行きました。

講演の中で大学を卒業し、4年間就職した後、
仕事を辞めて数年間インドの放浪の旅に行かれ、
その後地元に帰られ、今は中学校の校長先生をされながら、
地域のボランティア活動をされていることが分かりました。

講演会の後、挨拶し、講演をお願いしたら、快く受けて下さり、
事務所を通さずに個人的に連絡しても良いと言ってくださいました。

まだまだこれから具体的伝道をしていかなければならない状況ですが、
真のお母様の精誠と全国の食口の皆様が御苦労されておられる精誠で、
わずかな期間と精誠でもこのような出会いが出来るという事を感じ、
必ず神氏族メシヤを勝利して、真の父母様を証していきたいと日々歩んでおります。
ありがとうございました。



毎朝、歩んでいるなんて素晴らしいですね。
そんな精誠の土台で、天が準備された方に
出会われたのではないかと思います。

今は、本当に全国で路傍伝道が展開されています。
真の父母様を堂々と証ししながら、
統一教会を堂々と証ししながら、み言を伝えています。

しかし、お父様がご存命中の時には、
どうだったかと言うと
まだまだ申し訳ない歩みでありました。

教会長もそんな反省の意味を込めて、
真のお母様がおられる時に、
真の父母様を証ししないといけない・・・
そんな思いをもって、
ご自身が最前線に立っておられます。

そして、最近、いろいろなところで証しをしておられます。
その中で、一番何が変わったのか、ということを語られるのです。

「路傍伝道を始めて一番変わったのは何か、
それは私自身です」

これは、路傍伝道を歩むメンバー
共通の思いであり、実感です。

先日も、東京の韓国婦人が来られて、
ともに路傍伝道をしました。
「サランヘ」「ふるさと」を駅前で歌い、
その後、パンフレットを配りながら、
声をかけていきました。

「初めてやりましたが、楽しかった」
みんな復興した顔をされていました。

誰もが本心において、
神様と真の父母様を証したい、
そんな思いがあるのだと思います。

お父様が聖和されてもうすぐ1000日。
過去にお父様を証しできなかった思いを悔い改めながら、
最前線で、これからも堂々と証していきたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)