2015年05月16日

50年間根を下ろした真のオリーブの木たちへ! 《真のお母様のみ言inヨーロッパ》



1610943_899819460079203_5365406228260511144_n.jpg


皆さんが下ろした根は、
天の願いであり、
人類の願いが成される日まで
健在することでしょう。




真のお母様は、オーストリア・ウィーンの国連において
メッセージを語られましたが、
今日はそれに先駆けて行われた5月10日
ヨーロッパ宣教50周年記念大会でのみ言を
少し長いですが、全文を紹介します。



愛する祝福家庭の食口の皆さん、
全ヨーロッパから集まった指導者、紳士・淑女の皆様

全世界から今日この時間を記念し、
祝うために集まった全世界の食口の皆さん、こんにちは。
私は今日この場に赴きながら、ときめく心で、
50年前に嫁がせた娘の家、
出家させた息子の家を訪ねてくる思いで来ました。

天の摂理歴史は、悲しみと苦難の歴史でした。
太初に、神様が大きな夢を成されるために、
創造を始められ、人間始祖を創造なさいました。
そして責任を下さいました。
ところが、軌道から脱線しました。
神様のその大きな夢がなされませんでした。

しかし、全知全能の神様は、初めと始めが同じです。
失敗として残すことはできません。
そして天は、聖書で言う6千年という長い歳月を通して、
人間を啓蒙してこられました。
どれ程呆れるほどに悲しい路程だったでしょうか?
堕落した世界に一つの民族を
探し立てるまで4千年かかりました。
なぜこのように困難を経なければならなかったのでしょうか?
過ちに対する蕩減があることを知りませんでした。

神はイスラエル民族を通して、
メシヤを送ってくださいました。
多くの宗教がありましたが、イエス様だけが
天と人間の関係を父子関係として説明しました。
その方のみが、この堕落した世界とは
関係のない独り子だと言いました。
堕落した世界人類の前に、
奇跡のような摂理が繰り広げられるはずだったのに、
どうなったでしょうか?
十字架にかけてしまいました。

それ以来、キリスト教摂理歴史は2千年がかかりました。
多くのクリスチャンがいましたが、
天の摂理を知ることができませんでした。
イエス様の十字架の後、
マルコの屋上の間の聖霊の降臨により始まった、
キリスト教摂理歴史は2千年が流れてきました。

私はヨーロッパに来るたびに、とても心が重いです。
このヨーロッパ大陸を中心に、キリスト教の文化、
キリスト教の花は咲きました。
多くの困難な事情がありましたが、
このヨーロッパ大陸を通して、
キリスト教の版図が広がっていきました。
しかし、どうでしょうか?

聖書の例を挙げて見ましょう。
堕落した世界の人類を
野生のオリーブの木として表現しました。
この野生のオリーブの木は時となり、
真のオリーブの木になることを願うといいました。

面白いことに、きちんと役目を果たすためには、
15年という長い期間を経ながら、
根を下ろしてこそ生きることができるのです。
イエス・キリスト以後、イスラエルや中東に行けば、
2千年を超えるオリーブの木がたくさんあります。
中東は寂寞とした土地です。
その土地の気候の変化に耐えながら、
根付く期間が15年掛かるというのです。

考えてみてください。
摂理歴史は停止しません。
時を待ちもしませんでした。
先に進んで行くのです。

そのため、6千年という長い歳月がかかりました。
旧約時代、新約時代を越えて、
私たちは今日、何の時代に生きていますか?
真の父母様に侍り、
み言をなす成約時代に生きています。
しかし、成約時代もどうなりましたか? 
天一国として発展しつつあります。

私たちは真実を明かさねばなりません。
堕落した世界に、野生のオリーブの木が
真のオリーブの木になるためには、
真の主人に会わなければなりません。
その方がまさに、私たちの真の父母様であられます。
真の父母様によって、
皆さんが血統転換されなければなりません。
重生復活しなければなりません。
祝福を受けなければならないということです。
そうして、祝福家庭、真の家庭を
成さなければならないということです。

キリスト教ヨーロッパ文化を見ながら、
統一家に事情が多くあります。
理解します。

何も備えていなかったキリスト教文化は
2千年を導いて来ました。
イエス様が再び来ると言われた
再臨のメシヤが来れば何をすると言いましたか?
子羊の宴をすると言いました。
堕落した人類を救うために、
真の父母として来られるというみ言です。
ところが、キリスト教文化はいまだに新約時代です。
私たちは、ずっと先駆けているのです。

いまや、ヨーロッパ宣教の歴史も50年です。
人生で言えば、生涯の半分を越えました。
いまや、どうすべきでしょうか?
皆さんは、50年間、時間と通して、
深くこの地に根を下ろしました。
皆さんをいかなる力を持ってしても
無くすことはできません。
皆さんが下ろした根は、天の願いであり、
人類の願いが成される日まで健在することでしょう。

祝福家庭の皆さん!
今日、私たちは、この場になぜ集まりましたか?
昨日のような明日の生活から脱すべきです。
真実を明かさなければなりません。
この地に、キリスト教文化圏に来るべき再臨のメシヤ、
真の父母が顕現され、50年の間に
驚くべき業績を残されたのですから、
この事を知らずにいる
ヨーロッパ大陸のクリスチャンたちを
目覚めさせなければなりません。

天の父母様と真の父母様に侍るひとつの世界、
私たちはその日の到来を早めるために、
責任を果たす誇らしい統一家の
祝福家庭となることを願います。
そうですか?
ヨーロッパを中心に起きたキリスト教文化は、
2千年をかけて世界的版図を築きました。
それでは、私たち統一家の文明は、後天開闢時代に、
再び50年を眺めつつ、どうすべきでしょうか?
自信がありますか?

皆さんが命尽きる日まで、深く大きく広く根を
下ろすべきであることを肝に銘じてください。
今後、この大陸は、今日を起点として
新しい文化革命が起こることでしょう。

今残り少ない2020年、天地鮮鶴園建設のために、
私は、これまで再臨のメシヤに会いたいという、
ただ一筋の思いで2千年を耐えて来た
キリスト教文化圏に接木し、
真の父母様の真の愛を
接木してあげなければという思いで来ました。

皆さんはどうすべきでしょうか?
過去にだけ執着している民に、
未来に希望の実、希望の灯火となり得る
統一家の祝福家庭であることを明かさなければなりません。

皆さん各自が氏族メシヤの責任を果たし、
一日も早く、氏族、民族、国家、世界的に環境を広げる、
皆さんが最善を尽くす、
そのような人生を生きる姿を持って、
歴史に永遠に残る祝福家庭として、
誇らしい祖先の座に皆立つことができる、
全世界の祝福家庭になることを念願しながらみ言を終えます。


ピースTV より


10418888_899819883412494_5383182903057555733_n.jpg




広いヨーロッパですが、教会の基盤は日本や韓国と違って
決して大きいものではありません。

また、宣教50年と言っても、
草創期に御父母様は来られはしましたが、
実際に何度も足を運ばれたことはなかったと思います。

また、シェンゲン条約によって、
長い期間、入国できないところも数多くありました。

それでも、オリーブの根のように
しっかりと根を張って
信仰を継続させてきたヨーロッパの食口たち。

元々は、キリスト教文化圏として
神様が準備されたヨーロッパの地です。
素晴らしい伝統と、優秀な血統が残されています。

今回のお母様のヨーロッパ巡回を通して、
み旨に拍車がかかるに違いありません。

お母様の切実なる思いを感じつつ、
私たちも頑張っていきたいと思います。


11203145_899820533412429_6887819437514530512_n.jpg



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

海外宣教に行った2世が得たものは?! 神様と御父母様が直接教育! 《天一国宣教の証し》



14784_693107010716409_1554013889_n.jpg


皆さんと一緒にいれば
私も若くなるような気がします。

真のお母様の代身に
ならなければなりません。



TPマガジンの最新号に天一国宣教師の姉妹の
証しが掲載されていました。

題目は「何にでも挑戦する勇気を学んだ海外宣教」です。
要約して紹介します。


私は、アジア大陸の宣教師として、
2014 年6 月中旬から2015 年3 月下旬まで
歩ませていただきました。

宣教に行く前の私自身の生活は、
家と仕事の往復だけの忙しい毎日でした。
日々の仕事に心身ともに疲れ切っていた私は、
日曜礼拝後は教会活動にも参加せず、すぐに帰宅していました。

学生時代はJr. STF やCARP 活動をしていたので、
その時代の私と比べて、仕事だけをしている私は、
天の父母様、真の父母様との距離が
どんどん遠くなってきていることを感じていました。

そんな日々を送っていた時、突然父の事故がありました。
言葉にならず、その場に立ちすくんだことを覚えています。
この出来事の後、家族の為に
私自身が変わらないといけないことを心から実感し、
仕事を辞める決意をしました。
そして、天の父母様、真の父母様の導きを感じ、
宣教師になることを決意したのです。


この宣教の中で学んだことは、
特に父母の心情とアベル・カイン一体化の重要性です。

任地国へ移動した初めの1ヶ月間は、
チームメンバーに葛藤することが多くなりました。
メンバーを愛することのできない内的な限界に毎日ぶつかり、
毎朝の訓読会の祈祷中に涙を流さない日はありませんでした。

そんな時、ふと国際宣教部長の言葉が蘇ってきました。
「その子のために長い期間祈祷を続けていけば、
神様が直接その子に再創造の役事をされる」という内容です。

心情が大変で向き合うことに疲れていたときは、
メンバーの為にできることは精誠条件だけだと思い、
ある時期は400 拝敬拝等、
毎日欠かしたことはありませんでした。
今ではそのメンバーが、自分の体力の限界を超えて、
いつも皆の為に掃除や洗濯などを行い、
誰よりも為に生きるようになっています。


伝道活動においては、任地国での最高学府の大学で
開拓伝道を始めました。
中国系の人々は、日本人と同じぐらい神様や
宗教に神経質なところがあります。

私が出会ったゲストの1 人は「この団体が
神様や宗教を語るところだったらやらない」
ということを言ってきました。

そんな中で、神様や宗教を毛嫌いしていた彼女が、
最終的に7 日修錬会へ、この大学の生徒で1人だけ
参加することになったのです。

彼女の変化は、私自身がチームメンバーへの葛藤が解け、
一体化が進むうちに見られるようになりました。
このゲストの変化を通して、精誠は裏切らない
ということを実感するとともに、
アベル・カインの一体化の重要性を学びました。


この天一国宣教師のプログラムで私が1 番変化した点は、
何にでも挑戦できるようになったということです。

今までの私は、リーダーという責任分担を与えられたとき、
内外共にいつも勝利することができず、
リーダーをやることに対して自信がなくなっていました。
しかし、不足な私であるにもかかわらず、
私しか頼ることのできない天の父母様、
真の父母様がいらっしゃるということを思えば、
どんなに不安であっても、突き進むしかありませんでした。

また、真の父母様はどれだけの重圧に耐えながら
毎日を歩まれているのか。
それを考えれば、自分のこの不安は小さなものだと感じました。
諦めずに突き進んでいけば、
必ずどこかで実ることを実感できるようになったのです。

このような過程を経てきた私ですが、
任地国がこんなにも恋しくなるとは思っていなかったですし、
このような思いが出てくること自体、私にとって驚きでした。

まだまだ投入したいことがたくさんありました。
今までは、辛いことがあるといつもそれを諦めてきました。
それでも今回、天の父母様、真の父母様がまた私の手を取って、
宣教師という道に連れてきてくださいました。
だからこそ、「天の父母様、真の父母様の手を絶対離さない」
と強く決意をし、ここまで来ました。

宣教生活は、毎日生かされていることを実感し、
天の父母様、真の父母様の愛を一身に受けた期間でありました。
この宣教活動を通して、一生忘れることのできない、
日本では味わうことのできない経験をたくさん得ることができました。

将来の二世の為にこのようなプログラムを作ってくださった
真のお母様に感謝いたします。
真のお母様の願いに応え、2020年までに二世のリーダーとなれるように、
日々挑戦し、周囲に影響を与えていくことのできる
二世となれるように精進いたします。


要約しようと思ったのですが、
内容が濃かったので、ほとんど
削ることができませんでした。。。

いろんな経緯があって海外宣教に出発したわけですが、
彼女も言われているように、
それは、神様と父母様の導きだったのでしょう。
天と父母が直接教育される天一国宣教の場で
見違えるほど成長したことを感じさせられます。

私たちの日々の歩みにおいても
相続すべき内容がたくさんあると思います。

内部の一体化を通して、
ゲストが生み出されてくることもその一つだと思います。
また、精誠の重要性、メンバーや伝道対象者、任地国への
愛情が芽生えていったこと、
それは天の父母様、真の父母様の心情に通じることでも
あると思うのです。

うちの教会長がいつも言われるのですが、
私たちはただの一主婦ではなく、ただの青年、壮年ではなく
一人ひとりが宣教師です。
与えられた任地、海外で歩んでおられる
日本人食口もたくさんおられますが、
それ以外の日本在住のメンバーも、
日本に任地を与えられ、天命を得た
宣教師なんだ、というのです。

宣教師は、神様のみ言と愛を伝える伝道師です。
真の父母の価値を誰よりも知り、堂々と証しし、
証しするだけでなく、孝子の道を歩み続ける人かと思います。

二世に負けないように頑張っていきたいと思います。


2013年の天一国宣教師に向けた
お母様のみ言が掲載されています↓
「真のご父母様に会い、いざ世界へ」
<日本青年天一国宣教師団出発のための40日修練会終了>


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2015年05月14日

私は変わらない! 真のお母様、国連で国際紛争解決、提示!! オーストリア・ウィーン



20150511vienaUN.jpg


「全て成した!」

「オンマ、ありがとう!
よろしくたのむ!」



真のお母様はヨーロッパで
精誠を捧げながら歩んでおられます。

ファミリーフォーラムに
お母様がウィーンの国連で演説をしておられる様子が
掲載されています。



どんなみ言を語られたのか、詳細にはわかりませんが、
「国際紛争解決提示」この表題の中に、
お母様が、世界に目を向け、
世界平和を願っておられることを感じます。

お母様は、お父様が聖和される時にはすでに、
その遺志をすべて引き継いで、勝利することを
決意しておられます。
今、精誠を尽くされている歩みの一つ一つが
その時の決意に基づくものであり、
お父様の遺志を果たすものであると思うのです。

お父様のご聖和前の様子と、お母様の
決意の内容はどうであったのか、
真のお母様が2012年に語られたみ言を
二つ紹介したいと思います。



(お父様は)天正宮の居間で録音機を持って来いと命じられました。
お父様は録音機を直接手に持たれながら、
10分ほど深く考えられた後にみ言を録音されました。

皆さんも録音を通じ肉声を直接聞いてご存知のように、
お父様はその日天正宮の居間において、
また奥の居間と清心病院に向かわれた時にも、
このように3回ずつ同じように
「全て成した!全て成した!」と語られながら、
「全てのものを天の前にお返しする」
と激しく呼吸をされながら祈祷されました。

「完成完結完了された」と強調されました。

そして私の手を掴み、
「オンマ、ありがとう!
オンマ、よろしくたのむ!」
とも語られました。

(2012.9.23のみ言)



↑お父様の最後の祈祷が収録されています



私はお父様に約束しました。
「どんなに御旨が大変でも、自分の代で終わらせます」
と言いました。

そしてお父様に、
「神様の創造目的を、創造理想世界を成し遂げてさしあげます」
と言いました。

「私が必ず成し遂げてさしあげます」と言ったのです。
それを成し遂げるために、私はこれからも変わらないでしょう。

お父様が逝かれる前、お父様は私に、
「本当にすまない。本当にありがとう」とおっしゃいました。

私は皆さんと共にその御旨を成し遂げてさしあげたいのです。
落伍者となる息子、娘がいないことを願います。
それがまた、最後に残った私の願いでもあります。
お父様も願われることです

(2012.10.18のみ言)



このみ言にもあるように、
「お父様の願いに応えたい」として、
必死に歩んでおられる真のお母様です。

ヨーロッパ巡回もそうです。
お父様ももしご存命であれば、
同じようなことをされたに違いありません。

お父様と四六時中、会話をされながら、
お父様とともに歩まれる
真のお母様であるのです。

「それを成し遂げるために、
私はこれからも変わらないでしょう」
この思いを持ち続けて歩まれる
真のお母様であることを深く知って、
お母様に喜びをお返しすることが
お父様に孝行を捧げ、直結することを
念頭におきながら、歩んでいきたいと思います。


11250141_898073986920417_9119549029569175048_n.jpg



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする