2015年05月07日

無神論者が、神様を信じるまで?! 《周藤先生の証し》



DSC_2014_1JK.jpg


周藤先生の証しを読んでいたら
だんだんと引き込まれてしまいました。
実は周藤先生は、お父さんが無神論者であり、
その影響もあって、バリバリの無神論者だったそうです。

昨日までの証しを読むと、とても信仰的で
ご父母様と一つになった素晴らしく心情的な方で、
生まれながらにそういう方だったと思ったら
いろんな段階を経て、今の素晴らしい大先輩になられたのです。

そんな神様を信じない周藤先生が、クリスチャンになり、
その後、統一教会に導かれるのですが、
今日は、神様を信じるようになった証しです。

昨年、周藤先生は、善進様の前で御自分の証しをされたのですが、
このような証しだったのかもしれません。


大阪大学理工学部の頃、一人のクリスチャンの友達がいました。
「教会に行きましょう」と言われたのですが、
いつも断っていました。
「君は教会のことを言わなければ本当に良いやつなのに、
それだけが玉にきずだよ」とも言っていたくらいでした。

三年生の時に薬学部に変更し、四年生の時、
インフルエンザを患い、それがもとで急性腎炎になってしまいました。
医者から、三ヵ月くらい休んだ方が良いと言われ、
しかたなしに田舎に帰って、療養することになりました。

しかし二、三ヵ月経ってもすこしも良くならず、
寝たきりになって一年半も経ってしまいました。
その頃はよく空中を飛ぶ夢とか、空中を歩く夢を何度も見ました。

そのせいかいろいろなことをだんだん悲観的に考え始めたのです。
たとえば、もうこのまま死ぬのではないかとか、
また、病気も慢性化してきているので、
もうこのまま一生治らずに
生涯まともな体になれないのではないかという不安の中にいました。
そんな中で、ただ一つだけ私を慰めてくれたのは自然の美しさでした。

そのうち近所の人たちから『信心』をしたら治るなどと、
いろいろな勧めを受けました。
しかし信仰をするくらいなら死んだ方がましだと、私は思ったのです。


ある時、生長の家の本が送られてきました。
最初は関心がなかったのですが、何度も何度も送られてくるので
半信半疑で開いてみると、結核の空洞が消えたとか、
ガンが治ったとか、家庭の不和が止んだとか、
不治の病が治ったとか書いてあったのです。

そのうちに、一つのことを発見したのです。
それは、そういう奇蹟が起こる前には
悔い改めとか懺悔というものが必ずある、ということでした。

では自分はどうなのかと考えてみると、
今までに二十年間の自己中心的な歩みが次から次に浮かんできて、
自分の醜さに対してどうすることもできなくなってきたのです。
そして、こんなに汚い自分がこのままもし死んだとしたら、
と思うと堪えられなくなったのです。

次にもう一つ気がついたことは、
自分は今までたった一人の人をも
愛したことがなかったということです。
誰をも愛さず、誰からも愛されず、
こんな醜い姿をして死んで行かなければならないとしたら、
どんなに惨めだろうと思いました。

学校の卒業証書だとか、表面的なものが何になるか、
裸の自分はどうなのか、その自分の姿は何と醜い姿なのかと思った時に、
たまらなくなってきました。

私は、七日間涙ながらの悔い改めをしました。
すると今度は八日目に『甘露の法雨』(生長の家の経典)が届いたので、
それをずっと読み続けました。
今度は一つひとつの言葉が身にしみてくるようになったのです。


それは蒸し暑い日のお盆の頃でした。
私は生も死も超えて何か高い者の前に
自分を委ねようという気持ちがふつふつと湧いてきたのです。
私は生まれて初めて手を合わせました。

すると次の瞬間、パウロのような体験をしました。
右斜め上からはっきり光で打たれたのです。
次に、脳天から通じる真っ赤な炎が飛び込んできました。

私はびっくりし、何か起こったかわからず
しばらく身も心も麻痺したようでした。
十分くらいしてから、背中の方がおかしいことに気がつき
手を当ててみたら、今まで悪かった腎臓が震動していたのです。
『治った!』と私は思いました。

まるで夢か幻のようでした。
自分をつねってみました。
本当に神様を見たようでした。
今までは神様を見せてくれと言っていた自分でした。
しかし実際に体験することによって人生が180度転回しました。

神様が存在するという生きた体験は、
自分にとって大きなものでした。

私は、人生における大飛躍を通じて、
『百万人が反対しても自分は神様は存在すると言い張ることができる。
百万人を相手にしてみせる』という気持ちになりました。



神様を知らない周藤先生が、
初めて自分の姿を知り、7日間悔い改めの涙を流しました。
そして、初めてお祈りをして
聖霊体験を通じて、病気が治った、というのです。
本当に奇跡ですね。
それが周藤先生と神様との出会いでした。

奇跡が起こったということよりも、
7日間もの間、涙で悔い改めていかれた
20歳の周藤先生の姿勢が素晴らしいと思いました。

「無神論者が神様を信じる」
というのは簡単なことではないように思います。
よく路傍伝道をしていても、
「神様?いるんだったら見せてみろ!」
だいたい、60代前後の男性がよくこのようなことを言います。
「目に見えないものの方が大事ではないでしょうか」
そう言っても、
「うるせえ!」
そういって、立ち去る場合が多いです。

何か、その人自身に降りかかることが
人間の常識では推し量ることができないような
そんな境地に到達したときに、
神様という存在を感じるのかも知れません。

周藤先生が気づいたように、
人が大きく悔い改め、懺悔する
そのようなものがあってこそ、
神様が働けるのでしょう。
神様を信じる思いも、そういううち砕かれた心が
必要なのでしょう。

このように、無神論だった周藤先生が、
神様を受け入れていったのでした。

明日に続きます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする