2015年08月28日

「真のお母様の愛を皆様に伝えに来ました」文妍娥様のメッセージ(1)


aa640a47fdba6b666b7ca0373fa5038e-300x192[1].jpg





「真のお母様の愛を皆様に伝えに来ました」

文妍娥様が真のお母様の命を受けて
先日、ご来日されました。
さまざまな集会でみ言を語られましたが、
特別集会のみ言の中で、重要だと思われる部分を
2回に分けて紹介します。
(一部、編集しています)



2008年に孝進様が霊界に逝かれました。
地上にいた時のことを取り返すことができません。
霊界に行く前と後とは、
川を渡ってしまったように感じます。
戻ることができないのです。

私が辛かったのですが、子供たちがもっと辛そうでした。
私はしばらくの間、子供たちを見てあげることができませんでした。
本当に一人で苦しい生活をしたのです。。。
ですから、子供たちを孤児にしてしまいました。。。
そのことを反省するまで時間がかかりました。
5年間もかかってしまったんです。

ある日、学校から子供のことで電話がありました。
お父さんを思って、学校で泣いているというのです。
そのことを通して、多くの傷が残っているんだなと思いました。
本当に周りを見ることができない私だったのです。

そして、お父様の聖和を迎えました。
私は、最初の頃、お母様を正しく見つめることができませんでした。
お母様に対して、自分の基準から見てしまっていたのです。

真のお母様は、お父様が聖和されて
すぐさま、『中断なき前進』と語られました。
その後のお母様を見る食口たちは、
「お母様は変わられましたね。
力強くなられた気がします」
そのように話しました。

孝進様を霊界に送った時のことを考えました。
孝進様の人生は決して楽ではありませんでした。
多くの曲折があり、荷物もたくさん背負われました。

孝進様は家に帰ってこられる以外は、
ともに過ごす時間はそんなに多くありませんでした。
しかし、どんな思い持っておられるかは、よくわかります。
わずかな時間でしたが、たくさんいろんなことをお聞きしました。
そういう思いだけをもって、霊界に逝かれたのです。

そして、お父様が霊界に逝った孝進様に
使命を与えてくださいました。
本当に感謝です。。。

私は、孝進様がどれほど努力しておられたか見てきました。
しかし、私が孝進様とともに生活したのは、たった9年間です。

しかし、お父様とお母様は50年ともにおられたのです。 
しかも、お父様を出勤する立場で見送るのでなく、
どんな時にもともに過ごされ、ともに行動されたのです。
多くの事情、心情を共有されたに違いないのです・・

しかし、お父様が聖和された直後は理解できませんでした。
お母様は、たくさんのことをしてこられました。
何でそんなことをしないといけないのか・・・
理解できない道をあえて行かれるのか・・・
自分勝手にそう思ったこともありました。

お母様は、私がそう思うことをわかっておられたと思います。
しかし何も言われませんでした。
ただ、前進あるのみでした。。。。

私が悲しがったら、子供たちが心配するから、強くいなければならない。
お母様もそのような立場ではないか、そのように感じるのです。

お父様が霊界に行かれて お母様はもっと休まれるだろう、
そのように思っていました。
しかし、お母様は休まれないのです。
側近の食口は、お父様と同じような生活をされていると言われています。
時間がもったいなくて休むことできないお母様なのではないでしょうか?

生涯を父母の心、母の心で生きてきたお母様です。
私たちの過去、たとえどんな過ちをしても許そうとされるのが母なのです。
今、頑張っている姿を見れば、過去どんなに失敗しても、
愛し、許されるのが母なのです。




真の御子女様であり、夫であられる
孝進様を先に霊界に送られた妍娥様だからこそ、
お母様のご心情の深い世界を
何よりもご存知なのだと感じます。。。

明日に続きます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

(証し) 新しい人が新しい人を連れてくる、天一国時代の伝道!!



Cheongshim Youth Center20150825.jpg
☆清心青年センターで
演舞をご覧になるお母様 8.25☆



最近、うちの教会では
教会に来たばかりの人が、礼拝に参加したり
また自主的に友人などを連れて来られる、
そんなことが起こっています。

み言を学んだばかりの方が、3人を導いたという
他教会の伝道の証しを紹介します。


他宗教の信仰を持っていたTさんは、
他宗教での教義内容に疑問を抱き、
その内容にどうしても受け止めることができず、
統一原理に救いを求めてきました。

そして教育センターで受講していましたが、
最初は仕事が忙しく、スムーズに受講が進みませんでした。
しかし、創造原理での人生の三段階の内容や、
霊人体は、善行により成長する等々のみ言に触れ、
「これが聞きたかったんです!」と、み言に相対されてからは、
見違えるように変わられ、それ以降、
本当に熱心に学ぶようになりました。

また祈願書で祈願礼式をされながら、血統的な習慣性、自分の使命、
霊界からの協助も感じながら、
統一原理が真理であることを実感されました。

今は、十数年学んで来られた聖書の土台もあり、
メシヤを受け入れて、忙しい中でも週に2回は受講しに来られています。
そして教育部段階にまで学んでこられ、
自分が素晴らしいと思った内容を毎回周りの人に伝えていく中で、
3名のゲストを教会につなげられ、受講決定をされました。

3人目のビジネスを通しての長い友人であるNさんは、
反応がとても良いので、集中して交流して、
「学ぼう!」と連れて来られました。

統一教会をはっきりと証して
「ここで学んで人間として生きるための大切な柱を教わったし、
自分が生きて、やらなければならないことが明確になった。
前向きに希望を持って歩んで行ける等々・・・」
受けた恩恵と証しを伝えながら、その熱意と培った信頼関係の土台で、
Nさんも学んでいくことを決意されました。
ご主人を亡くされて21年目のNさんですが、
未婚の2人の息子さんもいらっしゃって、
新しい希望を持って学ぶこととなりました。

このように、教育部の幼い親であっても、
一生懸命に「原理は真理なので、あなたも学んでください!」
と投入する姿に、これからの伝道への希望を強く感じました。
ありがとうございました。



本当に素晴らしい証しですね。

うちの教会では、教育部にも行く以前の
ごく最近導かれた方が
友人に統一教会を証ししながら、み言を伝えています。
先日、紹介したご婦人ですが、
継続してさらに多くの人たちに伝道しているのです。

また、教会長が先月伝道された方も
教会長を通して、原理講義を受講し、
さらにはお父様の路程を学びつつ、
本当に復活しておられます。

そして、知り合いの方を、「教会長に会ってもらいたい」
そんな一心で教会に連れてこられました。
さらには、今月、礼拝にもその方を連れてこられたのです。
どんな方法で誘っているのかはわかりませんが、
礼拝の恩恵を感じているのでしょう。
その方もしっかりと参加しておられました。

証しの人も含めて、三人に共通して言えるのは、
こちらが「伝道してくださいね」
と言ったわけでなく、本人から主体的に動いて
み言を伝えたところです。
教会に来て、み言を聞いて
本心から復活されているので、
それでみ言を伝えているのだと思います。

天一国時代の伝道がまさにそれです。
もちろん、私たちもみ言を聞いたばかりの時、
本当に復活して、「早く誰かに伝えたい」
そんな思いを持って、親族や友人、知人に伝えたことがありました。
(私自身は、そのことでマイナスの方向に行ってしまいましたが。。。)

今は、喜びの波動、復活した心情を先立てて
み言を伝える時であると思います。
新しい方たちに負けないように頑張ります。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



2015年08月26日

聖和3周年目前! 私たちを天国に連れて行こうとする、父母の心情を知ろう!



1689343_602564446496764_352726018_n.jpg


一生、苦労して
勝利の栄光の日を迎えようとしたにもかかわらず、
私達が勝利して侍れないために、
その日を迎えられない。
涙を子に見せまいとする姿──



真のお父様聖和3周年まで
カウントダウンに入ってきました。

教会長が祈りながら備える中で、
与えられた内容があったといいます。
先日の礼拝でそのことを語られていましたので、
私なりに編集してお伝えしたいと思います。



2000年前、イエス様はご自身の行く道が難しく、
地上での歩みが困難であることを悟り、
最後の晩餐のあと、弟子たちに特別な行為をされます。
有名な洗足式です。


イエスは、父がすべてのものを
自分の手にお与えになったこと、
また、自分は神から出てきて、
神にかえろうとしていることを思い、

夕食の席から立ち上がって、
上着を脱ぎ、手ぬぐいをとって腰に巻き、

それから水をたらいに入れて、弟子たちの足を洗い、
腰に巻いた手ぬぐいでふき始められた。
(ヨハネによる福音書第13章)



イエス様の心情がわからない弟子たちは、
このような言葉を発します。


こうして、シモン・ペテロの番になった。
すると彼はイエスに、
「主よ、あなたがわたしの足をお洗いになるのですか」
と言った。

イエスは彼に答えて言われた、
「わたしのしていることは今あなたにはわからないが、
あとでわかるようになるだろう」。

ペテロはイエスに言った、
「わたしの足を決して洗わないで下さい」。
イエスは彼に答えられた、
「もしわたしがあなたの足を洗わないなら、
あなたはわたしとなんの係わりもなくなる」。

シモン・ペテロはイエスに言った、
「主よ、では、足だけではなく、どうぞ、手も頭も」。
(同)



このペテロの発言にイエス様も
無念な思いを持ったに違いありません。

主と弟子という因縁、
いやそれ以上に親子の因縁を持ちたかったイエス様。
その深いご心情を悟れなかった弟子たちでした。

そんな過去のイエス様のお姿と
真のお父様のお姿が重なりあってしまいます。
本当に申し訳ないことなのですが。。。

真の御父様は2012年4月27日の天正宮の訓読会で、
次のように語られました。


このままでは誰一人、『基元節』に
天の前へ連れて入ることのできる人がいない。
全員が40日断食をしてでも、
これまでの歩みを反省し、悔い改めて、
30日原理本体論特別教育に参加し、
氏族的メシヤを勝利して『基元節』を迎えなければならない。
過去のすべての事は問わない。
原理本体論の絶対『性』の教育をもって走れ




そして、韓国の食口3600人(5/17〜6/15)
その後、日本の食口3600人(7/1〜7/30)
に原理本体論30日特別教育の修練会を行われたのです。

また、日本の場合は、いろんな事情もあって、1200人は韓国で
そして、2400人は日本で教育を行うことになりました。

どんな思いでその修練会に臨まれたお父様だったか、
本当に悟っていた食口たちはどれだけいたでしょうか。。。

真の御父様の指示で2012年7月に中央修練院で開催された
「原理本体論30日特別教育」において、
劉正玉先生が次のように語られています。


勝利された父母ですから、子のためにそうやって苦労する父母ですけれども、
その場に行ってみたら、ご自身に従ってきた者の中で
資格を持った者が誰もいなかった。
子女たちを保護するための家庭を与えたのに、
どの家庭も父母様と共に行く家庭がいない。
ですから、父母様は一生を、血を流してサタンからの攻撃を防いできたのに、
連れて行くことができる人がいないので、
どれほど胸がつまることでしょうか。

ですから最近の御父様を見てください。
今まで個人的に涙を流すのを見たことがありません。
祈祷するときには、本当にあふれる涙を流すことはありました。
御言を語りながら涙を流すことはほとんどありませんでした。
しかし最近は御言を語りながら、喉がつまって御言を語れない時が多く、
その姿を見せまいとしている姿、そうやって生きておられる父母様です。
…一生、苦労して勝利の栄光の日を迎えようとしたにもかかわらず、
私達が勝利して侍れないために、その日を迎えられない。
そのための涙を子に見せまいと苦悶しながらも泣かれてしまう…
(2012.7.27)



基元節の重要性を与えられているにも関わらず、
そこに向かう父母様の切実なご心情をわからずに、
ペテロのように、「手も頭も」と愛されることだけを待ち望む、
幼い私たちの姿があるのです。

悔い改める心情がまだまだ乏しい私たちです。
神氏族メシヤの道は遥か遠いところにあるのかも知れませんが、
『千里の道も一歩から』
あきらめずに歩んでいきます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする