2015年08月25日

伝道しましょう! 真の父母を知らずに死んでいく人がいてはいけない! 《真のお母様のみ言》




201507230608.jpg


TPマガジンの最新号にお母様のみ言が掲載されています。
以前も紹介したと思いますが、全文掲載されているので、
改めて紹介したいと思います。
国家メシヤ特別午餐会でのみ言
(2015年7月23日 天正宮博物館)



私がきょう、皆様を呼んだのは、
一言で言うと信頼し、愛しているからです。
すでに何度もお話ししましたが、私は「真の父母」です。
70億人類の前において真の父母です。
真の父母の行く道は原理原則通りであって、
どんぶり勘定のようにするのではありません。

人類の願いは何ですか?
天の父母様の願いは何ですか?
真の父母に会うことです。
六千年の人類歴史は堕落圏でしたよね?
皆様は何の功績があって、
何の福があったのかは分かりませんが
真の父母と出会いました。

真の父母は永遠に唯一であって、2代、3代とはあり得ません。
そうだとすれば真の父母様が産んだ
肉体の息子、娘もいます。
神様は天地創造をされ、
アダムとエバを創造されて責任を与えられたように、
真の父母の子女たちにも責任は伴います、分かりますか?
絶対的に父母様と一つになる位置、孝子、孝女、
忠臣の名を受けなければなりません。

お父様の聖和後に、私は韓国教会、全世界の教会に
神霊と真理で(摂理を)進めていくと話しました。
それが原則です。
蕩減復帰摂理歴史を勝利で完成させて新たな時代を開いてあげたので、
新たな時代には真の父母を中心として、
絶対信仰、絶対愛、絶対服従です。
真の父母と一つにならなければならないのです。
支流はあり得ません。
祝福を受けた皆様も同様です。
脇道にそれてはいけません。
それは真の子女にとって役に立つ道ではありません。
皆様、知っておいてください。
私が生きている時、そのような事が起これば、
私は収拾していきます。
また整理するつもりです。

私がいなくなった後代の事を考えれば、
それはこうするしかないのです。
私たちは世の中と異なります。
先ほど私が皆様に、お父様に初めてお会いした時のその感覚、
その姿を尋ねてみました。
堕落した世の中の人々とは異なります。
み旨を全て成し遂げ、私たちの肉体はあの世、
永遠なる本郷に行こうと準備する期間である
この地上生活なのですが、
逝かれるそのお姿もまた美しく、
世の中の人々とは比較にもならない
そのような状態で行かねばならないということは、
言うまでもありません。

私はみ言をまとめながら、宝石のようなこのみ言を
さらに光り輝かせてみせると話しました。
天の父母様の願いは、六千年の間、
血の涙が出る蕩減復帰の摂理歴史です。
一日も気が休まる日はありません。
そのように言葉にできない痛みで綴られた歴史なのです。
信じていた人が脱線したり(み旨を)放棄する位置に立つようになれば、
天の父母様のお気持ちはどうだったか想像できますよね?
私も同じです。

私はこの子に3年を待つように言いました。
静かにしているように言いました。
その言葉の意味は「成長しなさい」ということです。
責任を果たせる位置に進めるように願っていました。
子供として、また人間として侍る方に対して、
そういう態度に出てはいけないのです。
ああだこうだという資格はありません。
こういう言葉は言いたくありませんでした。

しかしこの親不孝な者が、自分が真の父母だと言っているので、
こっち側にもし並ぶとすれば
自分はどうなるのかという人々が出て来るので、
これではいけないと思って今日、皆様に来るよう言ったのです。
私が生きているからまだ良かったのです。
私がいなくなった後代において起きるかもしれなかった事態を、
天がすべて整理して下さるのです。
分かりますか?
愚かな者になってはいけないという話です。
誰もが真の父母にはなれないのです。
独り子、独り娘の隊列にも入れない者が
どうやって真の父母になるのですか?

天の父母様、真の父母様は永遠に唯一です。
その前において列を並べる孝子、孝女、忠臣になりなさい。
そういう意味で、皆様は私に会ったということは
多くの福がある人々なのです。
もしも万が一、「真の子女だし、少しだけでもお手伝いしよう」
というふうに揺らがないように。
(むしろ)手を出してあげないことがお手伝いになるのです。
皆さんも分かっているではないですか、蕩減ということを。
堕落した人類の前に蕩減なしに発展はありません。
六千年以上にもなる長い長い歳月を経て現れた真の父母です。

これからは皆様が、皆様の周辺や兄弟たちを
保護してあげなければなりません。
原理原則です。
真の父母様の位相に傷をつけない兄弟姉妹になれるよう、
皆様が元老の立場で真の父母と同じ心情、
お兄さん、お姉さんと同じ心情で抱いてあげて、
良い死に方ができる位置に行けるようしてあげなければなりません。
皆様は全員、良い死に方で本郷苑に行きたいですよね?
皆様は国家メシヤですので、
この国を死ぬ前に復帰しなければなりません。
それが何より早急なことです。

お父様は一生を人類の為に、さらに近づく未来世界を
一番心配された方がお父様ではないですか?
現在、地球温暖化だとか何とか言って緊急事態だと四方で騒いでいますが、
その前から自然を愛し、未来の人類の
食糧問題解決に向けて取り組んでおられました。
皆様、覚えていますか?
海で川で時間を過ごしながら、釣竿も一つでなく、
ジャルジンで修練を受けながら
お父様が釣りをされたお姿を覚えていますか?
それは誰の為でしたか?
皆様の責任が重要なのです。

皆様、教会を中心として発展しなければなりません。
皆様、全員が協助し、氏族メシヤの責任を果たしながら
教会の発展に貢献しなければなりません。
今までの全ての経験と世界的な視点でみれば、
韓国教会が世界の前に宗主国として
しっかりと立たなければいけないですよね?
誇りにしないといけないですよね?
分かりましたか?

伝道しなければならないのです。
私が聞くには中高校生も伝道をたくさんするのに、
老若男女関係なく伝えていかなければなりません。
真の父母様と同時代圏に暮らしながらも、
真の父母も知らずに死んでいく人々がいてはいけないことですよね?
(知らせなければ)皆様はあの世に行ったら讒訴を受けます。
何故お前だけがそのような位置にいたのかと。
一人を貴く思って伝道しなければなりません。



お母様のみ言の結論は「伝道」です。
伝道の最前線で歩めるというのは、本当に感謝です。

うちの教会にこの夏、ほとんど毎日、
祝福伝道で活動している婦人がいます。
活動しているのは、地元です。
親戚もいるし、嫁いできてから長い期間、住んできた地です。

彼女は、とにかく伝道が楽しくて仕方がないといいます。
神様と御父母様が共にいるので楽しいのです。
ご近所の知り合いのところにいって、
教会をしっかりと証して、
「真の家庭運動をしています!」と言いながら、
祝福の価値を伝えて活動しています。
断られたところにも、また訪問しています。
「あなたがやっているのは、これだったの」
そんな風に言われながら、祝福を受けていきます。
しっかりと祈りも捧げていきます。

氏族メシヤは、親族とともに、地域の人にもみ言を伝えていきます。
何度かご質問を受けてお答えしていますが、改めてお伝えすると、
路傍伝道が全てではありません。
氏族メシヤは、もちろん、自分の親族や、
地域の人たちにみ言を伝えることが天の願いです。

しかし、路傍伝道・路傍演説は
本当に訓練させていただく絶好の機会なのです。
路傍演説をすることによって、み旨にプラスになり、
さらに氏族に伝えることができます。

私もそんなことがきっかけで、詳細は省略しますが、
近所の方に、み言を伝えています。最前線でエネルギーを受けて、
そして、氏族メシヤ活動をしていくのです。


今日は3万双23周年、36万双20周年記念日です。

祝福を受けられた皆さま、おめでとうございます!

貴い貴い祝福を授けてくださった父母様に心から感謝しながら、

これからもさらに投入していきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますようよろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする