2015年09月30日

御嶽山噴火から1年! 感謝して天に奉げます!! 《遺族の手記 「永遠の家族」より》


54201.jpg


山頂で名前を叫びたい!

娘は、尊い立場、特別な立場、使命を
持って霊界に旅立ちました。
私たち家族にとっても、
より一層特別で、
尊い存在となりました。



御嶽山の噴火から1年。
犠牲になった4名の教会員。
そのご遺族、生存者…、
様々な思いが凝縮したこの1年だったことでしょう。

昨日に続いて「永遠の家族」より
紹介します。

18歳で聖和(逝去)された伊藤琴美さんのお父さんの手記です。
(中ほどは省略し、また抜粋し編集しています。)


私は一日も早く御嶽山に登りたいと想っています。
頂上で「琴美!」と大声で叫びたい。
あの時失った時間を取り戻したいし、
娘が見て感動した景色や風を感じ、共に喜びたい。
本当はあの日、山頂で待ってくれていた娘と、
その時間を共に過ごしていたはずなのですから。

毎日、御嶽山に設置された
定点カメラ映像を見ながらそう思っています。

2014年9月27日からずっと、
私たち家族は、娘の聖和と向き合ってきました。
父として、母として、兄として、弟として、
向き合わない日はありませんでした。

玄関から「ただいま!」と帰って来る姿。
部屋から居間に入って来たときの 顔。
不貞腐れた顔。
太鼓や教会の話をしている時の笑顔。
「行って来ます!」と言って玄関を出て行く姿。

机に向かって真剣に勉強している姿。
み言を読んで、たくさん線を引いていた本。
難しいい言葉の意味を聞いてきて説明したり、
一緒に考えたり・・・。
台所に立って嬉しそうに食事を作っている姿。
自然に、当たり前のように甘えて私の膝に
座ってきた時の嬉しさは忘れられません。

まるで昨日のことのように・・・
今でもいろいろな娘の姿が思い出されます。


娘は幼い頃の高熱が原因で、
片方の耳が聴こえないというハンデを抱えていました。
そのために、辛いことや傷つくことがあったと思います。
でも、自ら「変顔」をして皆を笑わせ、
気が付けばすっかり学校が大好きになっていました。

娘は「天父報恩鼓」という太鼓の指導員をしていました。
文先生から学んだ『ために生きる』精神で、
素晴らしい関係を築いていったのでしょう。
娘のひたむきな努力は、苦難の路程を歩まれた
文先生を彷彿させます。

娘は大学に入って英語力を深め、
海外宣教へ……、という夢がありました。
登山の次の日には、志望大学の見学に行く予定だったのです。
大学生になった娘の姿を見たかったです。

娘の聖和に対して私たちは、
どのように向き合い、今後生きていけばいいのだろうか……。
私はずっと祈ってきました。
すると、不思議な夢を見ました。

私には娘の姿が当たり前のように見え、
会話をしているのです。
さらに、いろいろなことを教わるのです。
娘と私の間には、悲しみも苦しみも寂しさも無く、
とても自然に向き合えるのです。
  

実際は、私には霊感があるわけでもなく、
その夢のように娘を感じられるわけではありません。
今でも私は、寂しくもあり、悲しくもあり、苦しくもあるのです。

あの山で娘が見つかったと伝えられた時、
私はずいぶん泣きました。
本当に涙が枯れるほど・・・。
しかしその瞬間に、こんな悲しみをこれ以上多くの人が
しないで欲しいという思いも湧いて来ました。

親孝行な御子女様を五人も失われている文先生ご夫妻は、
どれほどのご心情越えていかれたのだろう。
ご子女様に対する愛情を心の奥底にしまい込み、
私たちの前では表されない文先生ご夫妻。
このような悲しみをほかの人たちには味合わせたくない、
そう思っておられたのではないかと痛切に感じました。

今回、この重荷を四人の聖和者と四つの家庭が担いました。
寂しく悲しいことは言うまでもありません。
今でも、娘に代われるものなら
代わってあげたいという思いです。

私は、どれだけ時間がかかっても、
私自身が聖和するまでには、『感謝』という心で
地上の人生を締め括れるようにならねばならないと思っています。
簡単なことではありませんが、娘のためにも・・・。

娘は、尊い立場、特別な立場、使命を持って霊界に旅立ちました。
私たち家族にとっても、
「琴美」はより一層特別で、尊い存在となりました。



本当にいろんな思いを乗り越えてこられたんだろうと思います。
娘のために『感謝』で人生を終えたい、
その言葉がとても印象的でした。

何よりも霊界が存在しているということが感謝であり、
また、私たちが通過する以上の心情世界を
すでに真の父母様が乗り越えておられる、
そのことが感謝以外の何物でもないと思います。

4人の聖和者の方々と、犠牲になった方たちに
改めて心からご冥福をお祈りします。


kotomiakari.jpg
山頂の笑顔




2008年12月10日に語られたお父様のみ言

実の子供を五人も、自分よりも先に
霊界に送った親の気持ちがわかりますか?
それが先生の立場だよ。
五人の子女のひとり一人の聖和を、
『天の摂理を飛躍的に推進させるための
清い聖なる供え物として受け取ってください。
私は一切そのことを恨まず、
感謝して子女を天に捧げます』
・・・そういう祈りを捧げてきた先生である。


(徳野会長、聖和の辞より)




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

昨年作った御嶽山犠牲者関連の記事
 「今までありがとう」 聖和者への送辞に涙! 〜御嶽山で犠牲の食口を悼んで〜
 お母様も涙! 〜御嶽山で犠牲の食口4名を悼んで〜 宋龍天総会長、ご家族と面談
 人の「死」とは? 「聖和」は出発?! 〜御嶽山で犠牲になった食口たちを悼んで〜



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

御嶽山噴火から1年!! 遺族からの愛のメッセージ 「永遠の家族」へ 



20150927.jpg


4人は日本のため、世界のために
犠牲になったのです。
この4人を超える生き方をしたい



おとといは、秋夕(チュソク)でしたが、
もう一つ重要な一日でもありました。

ちょうど1年前の9月27日、御嶽山の噴火事故がありました。
この事故で家庭連合(旧 統一教会)のメンバー、
4人が犠牲になったのです。。。

その4人のために追慕礼拝が行われました。

当時・小学5年生だった長山照利(あかり)さんの
お父さんが追慕礼拝で挨拶されています。

「4人は日本のため、世界のために犠牲になったのです。
人のために命を捧げることの尊さを心に留め、
この4人を超える生き方をしたい」


以下、広報局で出版した「永遠の家族」より
紹介したいと思います。

まず照利さんのお父さんの手記です。


御嶽山噴火の事故のあと、
一度だけ照利が私の夢に
出てきてくれたことがあるんです。

突然、夢に照利が現れて、
私に何か話しかけてきたのですが、
彼女の頬が墨を塗ったように黒いのです。
思わず私が、「照利、ほっぺたが黒いよ」
と言うと、「え、うそ!?」と言いながら
慌てて頬を隠していました。

しばらくすると、「パパ、じゃあまたね」
と言い残して、照利はどこかへ消えていきました。

時間が経っても、やはり寂しい気持ちが
癒えることはありません。
夢ででもいいから会いたいと
思うことがあるのですが、
なかなか思うようには会えません。
照利の生前、私は仕事に追われ、
一緒に過ごす時間を
じゅうぶんに取ってやれなかったので、
今、それが余計に寂しく感じます。

生きていれば、将来は医者になりたいという
夢を持っていた照利が、
どれほど努力して夢を叶えただろう。
どんな人と結婚しただろう・・・。
そんなことばかり考えてしまいます。

あの子の将来が楽しみだったのに、
その成長した姿が見れないのは残念でなりません。

   (中略)

私たちは、文先生のみ言を通して
霊界が存在することを教わりました。
そして、照利の魂も
霊界で永遠に行き続けていることを知っています。
照利が霊界で楽しく過ごしているということが、
私たちにとって何よりの救いなのです。



お母さんの手記も掲載されているので、
紹介させていただきます。


   (前略)

うちの家族は夜でないと
全員がそろわないのですが、
夕食は照利も一緒に食べています。
食卓の上に照利の写真を置いて、
その前に皆と同じ料理とお箸を並べるのです。

まずお祈りをして、
そのあと、おかずからご飯から、
ひととおりの照利の写真の前に
お箸で食べさせてあげます。
時々、照利が「ママ、これもっと食べたい!」
とか、「もう一回それちょうだい」と言うんです。
そのように感じるのです。
ひと口ずつ食べさせたあと、
私が照利の一人前の食事をいただきます。

夜、休んでいると、夢の中に
照利がたまに出てきてくれるのですが、
照利はとても楽しそうにしています。
一度、「ママ、元気?照利は元気だよ」
と、とてもリアルな声が
耳元で聞こえたこともありました。
「ママも元気だからね」と答えると、
照利は安心したように、
「うん!」と言っていました。

   (中略)

私は今も、常に照利と会話しています。
一日の終わりには必ず、
「今日も一日、ママと一緒にいてくれてありがとう。
また明日ね、おやすみ」と、声をかけます。
「また明日ね」というのは
照利の口癖だったのです。
夜、寝る前にいつも私や弟や妹たちに
そう言っていました。

日常のいろんな場面で、
生前の照利のことを考えると、
「あの子だったらきっとこうするだろうな
こういうだろうな」という、
とてもリアルな思いが強く沸いてきます。
私は、「霊界にいる照利ちゃんを、
いつも応援しているからね。
照利ちゃんもママたちのことを応援してね」と、
話しかけながら祈っています。

照利の聖和に関して、思いもよらず韓鶴子総裁から
尊いメッセージをいただきました。
そのため、聖和式では本当に
感謝の思いで照利を送ることができました。

もちろん、寂しい感情もあり、
未だ涙のない日はありませんが、
文先生が説いてくださったみ言によって
心情が慰められ、整理され、
「霊界でも、照利は楽しく
忙しくやっているんじゃないかな・・・」
と日々、確信を得てもいます。


なかなか言葉に書き表すことができませんが、
遺族の方たちの立場を思ったら、
胸が締め付けられます。

文鮮明先生は、私たちに
霊界の存在を教えてくださり、
どのような生き方をすべきなのか、
詳しく指導してくださっています。

「永遠の家族」の巻頭言を記された
宋龍天宋会長は、このように結んでいます。


この本のタイトルを「永遠の家族」としましたのは、
肉身の死が永遠の別れではない、
その肉身の死を乗り越える神様の真の愛が存在し、
私たちは永遠の家族であるということを知っていただきたい−
そのような願いを込めて決めました。
一人でも多くの皆様のご理解、共感をいただければ幸いです。



本当はもっと短くまとめようと思ったのですが、
本を読んでいるうちに引き込まれてしまいました。
一度で書き表せなくなったので、
明日に続きます。


54201.jpg



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

昨年作った御嶽山犠牲者関連の記事
 「今までありがとう」 聖和者への送辞に涙! 〜御嶽山で犠牲の食口を悼んで〜
 お母様も涙! 〜御嶽山で犠牲の食口4名を悼んで〜 宋龍天総会長、ご家族と面談
 人の「死」とは? 「聖和」は出発?! 〜御嶽山で犠牲になった食口たちを悼んで〜




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

昨日は秋夕(チュソク)!! お父様、ゆっくりお休みください! 《お母様の祈祷(昨年)》



201409080815.jpg


お父様、記憶してくださいませ。
全世界の食口たちの心情を
受け止めてくださいませ。


昨日は、日本では十五夜。
夜はきれいな中秋の名月を眺めることができました。

韓国においては、秋夕(チュソク)節でした。
旧正月と同じくらいに代表的な名節(伝統的な祭日)として、
国民的休日でもあり、5日間も連休があるそうです。


お父様聖和以降、毎年秋夕には、真のお母様が
総解怨秋夕節を取り仕切られてきました。
きっと昨日も行われたことと思います。

昨年の本郷苑参拝式における
真のお母様の祈祷を紹介します。


お父様が抱いてくださることを感謝いたします。
願わくば、今やあなた様はお休みになって下さい。
これからは成熟した真の家庭となってあなたの前に、
人類の前に、より一層成長した真の家庭の子女としての
資格と姿を備えて大きく貢献しようという思いです。
お父様、記憶してくださいませ。
全世界の食口たちがこの場に向かう心情を
受け止めてくださいませ。
今日のこの日進行される全ての日程を、
お父様が喜んでお受けください。
あなたの願いを成して差し上げる
真の家庭の子女として信じて下さいませ。



「総解怨秋夕記念式」は、
今から15年前の2000年9月12日(旧暦8月15日)
真のお父様が開いてくださいました。

『絶対善霊と御言訓読家庭教会』のみ言によると
この「総解怨秋夕記念式」は、
アベル圏とカイン圏を代表した八人が、
各々二人ずつ東西南北に向かって立ち、聖酒をまきました。

それは、宇宙を聖別したのであり、
家庭連合(統一教会)全体を代表し、
霊界にいる全体の祝福家庭を代表した立場なのだそうです。

さらには、この式を通して、
東西南北、中央、縦的世界、どこでも次元の違う位置から、
自由自在にすべてのものを主管することのできる愛の統一天国に向かって、
全体のすべてが、同じ生命力をもった一つの方向と目的に向かって、
天の前に忠孝の道理を果たし得る道を開いてくださるものだということです。

さらには、霊界の壁が崩れていき、
霊人たちが互いに往来できる道が開かれ、
霊界解放式を宣布してくださることによって、
霊界の宗教圏に、とても大きな変化が起きたのだといいます。

霊人たちは、地上にいる時のように移動することが難しいので、
このお父様の宣布は、霊界においては
とても大きい宣布だったのです。


真のお父様が聖和されてから、3年が過ぎました。
霊界はさらに一つとなり、地上に働こうとしている時だと思います。

その霊界の協助を得るには、地上にいる私たちが
より一層、一つになり、霊界を意識しながら、
孝行の心情を持って、歩むことであることを感じます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする